Skip to content

Smart Protection Server

Smart Protection Server

Smart Protection Serverは、ネットワーク上のPCにリアルタイムでセキュリティ対策を提供するプライベートクラウド型Trend Micro Smart Protection Networkです。

Smart Protection Server

プライベートクラウド型のセキュリティサーバであるSmart Protection Serverでは、Webレピュテーション、ファイルレピュテーションデータベースのレプリカをネットワーク内部に設置し、ネットワーク上のクライアントマシンは必要に応じてSmart Protection Serverに問い合わせを行います。

Smart Protection Serverは、パブリッククラウドにあるTrend Micro Smart Protection Networkデータベースのレプリカのため、クライアントマシンが企業内ネットワークにいる場合でも、モバイル環境にいる場合でも、同じレベルの最新のセキュリティ対策が適用されます。

Smart Protection Serverのメリット

  • 対策に必要なデータはサーバにあるため、パターンファイル更新にかかる負荷なくPCに常に最新のセキュリティを提供できます。

  • 企業内ネットワークにあるサーバに問い合わせに行くため、各PCへ早いレスポンス、高いパフォーマンスを提供することができます。

  • 各PCが直接パブリッククラウドへ問い合わせを行うことがないため、インターネット利用におけるネットワーク帯域への影響がありません。

  • ユーザがアクセスしているURLなどの情報はトレンドマイクロには送信されないため、プライバシーに関する懸念を払拭できます。

  • 複数のサーバを設置することによって、またトレンドマイクロのデータセンタと組み合わせてスケーラビリティの高い冗長化が可能です。

Smart Protection Server搭載製品

プライベートクラウド型セキュリティを実現するSmart Protection Serverは、以下の製品に搭載されています。

またSmart Protection Serverは、以下の製品でも利用することができます。