Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

AGC旭硝子が語る、サイバー攻撃時代のセキュリティの挑戦

~新たな時代に突入したセキュリティリスク、AGC旭硝子の取り組みに迫る~
【ITセキュリティ先端企業 対談シリーズ3】


脅威は工場にも、24時間365日安定操業を守る

大三川サイバー攻撃に関して言えば、事務所内だけでなく工場の制御システムを狙う攻撃も顕在化しており、経営リスクにもつながる深刻な問題として認識されはじめています。

神庭氏当社でも、制御システムのセキュリティは優先事項として取り組みを始めたところです。今やオフィスを中心とした従来の対策だけでは十分とは言えません。当社の多くの工場は24時間365日操業していますから、製造ラインを攻撃されて、操業が停止すれば、事業継続に関わる事態にもなりかねません。中には化学系工場もあるため、攻撃による被害が施設外にも及んだ場合のことを考えると、大変な脅威です。

今後、より柔軟性あるビジネスを追求し、工場にも新しいデバイスが浸透するなどの動きが進めば、制御システムとOAの境界が曖昧になり、セキュリティリスクは一層複雑になります。早急に工場におけるセキュリティレベルを底上げし、安全をより強固なものにしていく必要があります。

大三川これまでのように、本社、支社のネットワークやオフィス内を守る取り組みだけでは、十分とはいえない時代です。かねてより、トレンドマイクロでは、工場内のセキュリティ対策として、オフライン端末向けのセキュリティ対策ツールなどを提供してきましたが、脅威の変化やお客さまの環境変化を受け、昨年、制御システムのセキュリティ事業を新たに立ち上げ、制御システム向けセキュリティ対策ソフトの提供を始めています。

神庭氏御社の製品に関しては、オフライン端末向けのセキュリティ対策ツールを丁度当社でもテストをしているところです。USB型製品で比較的容易に利用できる仕様で、オフライン環境で有益なツールになりうると考えています。トレンドマイクロさんには、セキュリティのリーダーとして、制御システムのセキュリティにおいてもけん引役として、当社だけでなく業界全体にとって有益なソリューションを提供していただけることを期待しています。

大三川ありがとうございます。制御システムのセキュリティについては、政府や業界団体とも密接に連携していくことで、お客さまによりご利用いただきやすいかたちでソリューションを届けるべく、ビジネスを進めているところです。お客さまのIT環境や脅威が変わる中、これからも安全、安心にフォーカスし、求められるソリューションを最適なかたちでご提供することで、お客さまのご期待に応えていきます。

記事公開日 : 2013.6.21

ページの先頭へ