Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

AGC旭硝子が語る、サイバー攻撃時代のセキュリティの挑戦

~新たな時代に突入したセキュリティリスク、AGC旭硝子の取り組みに迫る~
【ITセキュリティ先端企業 対談シリーズ3】


神庭氏ITを利用するのも、最先端の技術情報などの情報を扱うのも人ですから、情報資産を守るために、社員の意識向上は不可欠です。

当社では、毎年1回、セキュリティ教育を実施しています。こうした教育は、従来総務部門が担当してきましたが、昨年情報システムセンターの中に、新たに情報セキュリティ・ITリスク管理グループを設け、業務を移管し人員も強化したところです。このほかにも、イントラネットにセキュリティ情報を発信するサイトを用意したり、セキュリティ担当者向けにメールマガジンを配信し、継続的にセキュリティ情報を提供することで、社内の意識向上に取り組んでいます。

大三川防御精度が高い製品を導入し、IT部門や上層部が高い意識を持っていても、社員が十分な知識と意識を備えていなければ、対策の効果も限定されてしまいます。われわれも、お客さまが組織内の教育、啓発用にご利用できるよう、サイバー攻撃など最新脅威を分かりやすくまとめたムービーやセキュリティ情報サイトなどコンテンツの充実を進めているところです。

セキュリティ対策がビジネスの足かせになってはいけない

神庭氏

大三川今回のインタビューは御社の会議室をお借りしています。入口の壁にはタブレット端末が設置され、利用管理が容易にできるようになっています。こうしたスマートデバイスの活用については、御社ではどのようにビジネスに取り入れていかれる予定ですか。

神庭氏われわれ部門のこれからの大事な役割は、ビジネスを拡大するIT環境を提供することです。ビジネスを拡大する上で、タブレット端末やスマートフォンは有用なツールだと思います。営業や製造現場でどう活用すれば、ビジネスに価値を生み出すのか今まさに考えているところです。

一方、こうしたITの活用を考える上では、セキュリティ対策は不可欠です。なし崩しで導入に踏み切ってしまうのではなく、セキュリティの整備と両輪で進めていかなければなりません。

大三川ITの活用が先行してしまい、導入後にセキュリティを考えるということも少なくないようです。

神庭氏セキュリティは、事業継続を考える上で不可欠な要素です。冒頭の話のように、サイバー攻撃により、工場の操業が止まってしまったり、最新の技術情報を窃取されてしまうこともあり得るのですから。だから、やらないといけない、必須なものとして考えています。ただビジネスを推進するIT環境を提供することがわれわれの役割ですから、セキュリティ対策がネックとなり導入できないとか、遅れることは許されません。

対談の様子

大三川セキュリティにより、ITの利用が煩雑になってしまえば、折角導入したのに、利用自体が回避されてしまうということにもなりかねません。デバイスの多様化などによりIT環境が進展し、セキュリティリスクが複雑化しています。こうした時代だからこそ、セキュリティは、負担にならない、使いやすいものでなければいけません。
トレンドマイクロでは、防御精度が高いというのはもちろん、ビジネスの柔軟性やコスト効率性を損なわない製品・サービスの提供を追求しています。お客さまがITの活用によるビジネスメリットを最大限享受できるようなセキュリティを提供していきたいと思います。

次ページ オフィス内だけでは不十分、事業継続を脅かすリスクとは

記事公開日 : 2013.6.21

ページの先頭へ