Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

スマートフォンを安心・安全にビジネスで活用するために

セキュリティ対策とデバイスの集中管理の両輪で回す


導入の鍵はセキュリティポリシーとデバイスの集中管理

― これらの導入の課題に対しては、どのようなソリューションが有効なのでしょうか。

転法輪スマートフォンを業務に導入する上では、Webの脅威や不正プログラムに対する「セキュリティ対策」、パスワードの設定強制や遠隔からのデータ消去など各デバイスをコントロールする「デバイス管理」、そして導入したデバイスを適切なセキュリティポリシーの下で「集中管理」する視点が求められます。管理者が、各スマートフォンの稼働状況を確認し、リモートロックやリモートワイプ、パスワードおよびポリシーの一括設定などについて、管理画面を通して容易に実行できる仕組みです。これが実現できれば、スマートフォンに適切なセキュリティを実装し、さらに確かなセキュリティポリシーにもとづいて運用する管理体制を確立できます。

トレンドマイクロでは、これらの課題に対するソリューションとして「Trend Micro Mobile Security(以下、TMMS)」を提供しています。この製品は、Android OSを搭載したスマートフォンやタブレット端末などに対して、「セキュリティ対策」と「デバイス管理」を合わせ、ひとつの管理コンソールから集中管理する機能を提供します。具体的には、不正Webサイトへのアクセスブロックや不正プログラムの検索をする「セキュリティ対策」、パスワードの強制設定や盗難・紛失時の端末のデータロックや消去、GPSを使用した端末探索、カメラやBluetoothの使用制限が可能な「デバイス管理」の機能を実装しています。また、「集中管理」により、OSやパターンファイルのバージョン管理、パターンファイルの強制アップデート、ポリシーの設定、端末ログの収集などを含め、企業が利用するすべてのスマートフォンをまとめて管理することができます。そしてこれらのPCとモバイルデバイスを単一のコンソールで管理できる点も特長です。

管理側ではスマートフォンのOSやパターンファイルなどの情報を一元管理できる

― 実際のスマートフォン導入にあたっては、企業はまず何をすればよいのでしょうか。

転法輪TMMSのようなセキュリティ対策ツールの導入に加えて、スマートフォンをどういうポリシーで管理運用するのかというセキュリティポリシーの策定が重要になってくるでしょう。スマートフォンは企業データやシステムに時間と場所を問わずアクセスできるわけですから、携帯電話と同じ感覚で導入を進め、ポリシー策定が後追いになってしまう事態は避けなくてはなりません。

実際に、大企業のお客さまからビジネスにスマートフォンを活用したいがどうすればよいか、という相談をいただくようになりました。そうした際には、業務におけるスマートフォンの利用、個人用スマートフォンの社内への持ち込みなども想定した新たなルールを既存のセキュリティポリシーに加えることを提案しています。スマートフォンをビジネスに取り入れると、業務フローやデータの管理手順などの見直しを迫られることも考えられますので、まずはスマートフォンをパイロット運用しながら蓄積した知見をもとに新たなセキュリティポリシーを策定するお客さまもいらっしゃいます。

スマートフォンの導入を検討する企業は、高機能と機動性といったスマートフォンの本来のメリットを最大限に利用しながら、安全に運用できる環境を整備していく必要があります。脅威動向などの環境の変化に対応したコンテンツセキュリティの対策と、さまざまな局面で適切なセキュリティを全てのデバイスに適応する管理の両輪が必要です。

トレンドマイクロでは、2004年からTMMSを提供し、グローバルでも豊富な導入実績があります。これまでのノウハウや経験に加え、環境の変化に応じてさまざまな新機能も追加していく予定です。セキュリティの専門家として、スマートフォンの導入時にお客さまをサポートすることはもちろん、新しいネットワーク環境についてお客さまの声を聞きながら、安心してスマートフォンをビジネスに活用できる環境作りを支援します。

  • AndroidはGoogle Inc. の商標です。
  • ※1 IDC Japanプレスリリース「国内モバイルデバイス市場」2010年12月
  • ※2 IDC Japanプレスリリース「国内ビジネスモビリティ市場予測発表」2011年6月

モバイル 記事一覧へ戻る

記事公開日 : 2011.10.05

ページの先頭へ