Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

Next Generation Threat Defense

迫り来る危機――
今こそ情報防衛の「次なる一手」を


 セキュリティインシデントが日々報道等で発表される中、企業内における対策強化の必要性をお感じの方は多いことでしょう。しかし、攻撃者側の技術が日々刻々と進化し続ける一方、企業側では本来のビジネスとの兼ね合いを考慮し、セキュリティ対策にあたらなければならないなど、非常に不利な戦いを強いられているといえます。

トレンドマイクロ 取締役副社長 大三川 彰彦
トレンドマイクロ
取締役副社長
大三川 彰彦

 気がついた時には、既に個人情報や技術情報などの知的財産を盗まれてしまっているのです。問題なのは、この攻撃に対して、「この製品を入れれば万全」という特効薬はないことです。企業は、あらためて「大切な情報資産と事業継続性を守るために何をするべきか」を念頭におき、セキュリティ戦略を再検討する必要があります。

 このような中、トレンドマイクロが提唱しているのが次世代型の脅威防御である、「Next Generation Threat Defense」です。

脅威の一歩先、次世代型のセキュリティ対策を実現するために

 次世代型のセキュリティに求められるのは、従来のパターンファイルベースの対策に加え、攻撃者の行動や最新の手法を熟知したうえで、ダイナミックに変化する脅威に対していち早く対応することです。例え防御や監視のための技術が整っていても、インシデントに対する適切な対処ができなくては意味がありません。被害を最小限に抑えるためにも、専門家の知見を活用した検知・分析・対処・保護のセキュリティライフサイクルを回しながら監視と制御を継続することが求められています。

 この「次世代型セキュリティ」を体現する新製品を2つご紹介しましょう。

 「Trend Micro Deep Security™ as a Service」は既存のサーバセキュリティ対策を、クラウドユーザ向けに管理コンソールをクラウド上で使用可能にした製品です。

 また、次世代型の標的型メール対策製品として、不正な添付ファイルやURLを利用した攻撃、パスワードによる開封が必要な圧縮ファイルでの攻撃にも対応可能な「Deep Discovery™ Email Inspector」も登場しています。

 さらに、これらの次世代型の対策製品だけでなく、従来型対策製品やサービスも含めて保護、検知、分析、対処の各段階を統合的に運用・監視することが新たな脅威へ対抗するための手段として有効です。

 サイバー攻撃対策の現状を打破するための「Next Generation Threat Defense」―
我々は創業以来25年以上培ったノウハウを活かし、今後も新たなチャレンジを続けてまいります。

本記事は、日経BP主催「IT Japan」(2014年7月3日)の講演内容を抜粋したものです。

記事公開日 : 2014.09.02

ページの先頭へ