Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

企業向けクラウド型セキュリティサービスを本格展開
モバイルセキュリティなどラインアップを順次拡充


トレンドマイクロは2月6日、企業向けのクラウド型セキュリティサービスを本格展開するとことを明らかにしました。トレンドマイクロでは、これまでもクラウド型セキュリティサービスを一部提供してきましたが、新たに全世界共通の新ブランド「Trend Micro Security as a Service™」を立ち上げ、モバイルセキュリティ、Webゲートウェイセキュリティなどを順次拡充し、包括的なサービスとしてご提供します。パートナ企業様との協業強化により、2016年まで同ブランド全体で年間売上45億円を目指します。

クラウド活用の促進とシステム管理者の負担減を両立

発表会冒頭で、トレンドマイクロ 執行役員 エンタープライズマーケティング部 部長 新井 一人は、「われわれが『Trend Micro Security as a Service』という全世界共通の新ブランドを立ち上げ、まず日本国内に向けたクラウド型セキュリティサービスの本格的な展開に踏み切った背景には、企業における2つの大きなIT環境の変化があります。」と説明しました。

新井は、企業におけるIT環境の変化と、そしてそれに伴いセキュリティの役割、ニーズが変化している実態を次のように語りました。

一つ目は、クラウドコンピューティングの進展です。企業のIT環境において、物理・仮想・クラウドが混在する昨今、データやアプリケーション、ネットワークなど守るべき対象が分散し、セキュリティリスクが複雑化しています。これによりシステム担当者が正確にそのリスクを把握、管理することが困難になっています。

二つ目は、スマートフォンの浸透など企業におけるマルチデバイスの進行です。一人の従業員がモバイルPCやスマートフォン、タブレット端末などの複数の端末を所有するマルチデバイス化により、セキュリティで保護すべき対象が増加しています。
「不正プログラムへの感染、社内データの不正な持ち出し、紛失・盗難に伴う情報漏洩は、企業におけるモバイルデバイスの利用に関する懸念事項の上位にあがります。また、マルチデバイス化に伴って管理者の負担が増加している問題もあります。」(新井)と指摘しました。

図1 クラウドコンピューティングの進展やマルチデバイス化により
変化するセキュリティの役割

データやアプリケーションは一元的に管理された環境では、セキュリティの役割は端末を安全な状態に保つこと。データ、アプリケーションの分散管理:PVC、複数のデバイスを状況により使い分け、デバイス間でのデータの共有、同期、仮想化やクラウドの利用が進んだ環境では、セキュリティの役割は、環境や利用形態にかかわらず、ユーザが安心してITを活用できる環境を維持すること

セキュリティリスクが複雑化し、管理者の負担が増大する企業のIT環境において、情報資産を守り、安全なIT利用を確保するためには、端末単位に適用するセキュリティ対策から、利用環境や利用形態に関わらず安全なIT環境を実現できる柔軟で拡張性あるセキュリティが求められています。

一方、クラウドコンピューティングの進展は、企業がグローバルへと事業を拡大する中で、新たなセキュリティニーズを生み出しています。クラウドコンピューティングの普及により、いつでも、どこからでも仕事ができる環境を構築する動きが活発化しています。それに伴い、管理者がいない海外の拠点でも本社と同等レベルのセキュリティ水準を担保したい、従業員が世界中どこに移動してもあらゆるデバイスを安全に管理したいなど、新たなセキュリティニーズも高まっています。

トレンドマイクロは、これら企業のセキュリティニーズに応えるセキュリティブランドとして、「Trend Micro Security as a Service」を新たに立ち上げました。 クラウド型サービスとして、企業に必要なセキュリティを包括的に提供することで、企業のお客さまは、自社のIT環境に合わせて、必要な時に必要なサービスを迅速にご利用いただくことが可能になります。また、クラウドやマルチデバイスへの移行にともなう管理者負担の増加という課題に対しても、サーバ運用やデバイスの管理などのシステム担当者の負担を削減するとともに、専任の担当者が不在の海外、地方拠点、出張所でも、クラウドを介して統一されたポリシーのもとでセキュリティを適用できるようになります。

これまでトレンドマイクロがクラウド型サービスとして提供してきたエンドポイントセキュリティの「ウイルスバスター™ ビジネスセキュリティサービス」、URLフィルタリングの「Trend Micro InterScan WebManager SCC™」、およびメールセキュリティの「Trend Micro Hosted Email Security™」を新ブランドに統合します。

記事公開日 : 2013.03.07

ページの先頭へ