Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

2013年 事業戦略発表会

企業が直面する課題「サイバー攻撃」「クラウド・仮想化」
「コンシューマライゼーション」に注力
企業ITを包括的に支援


国内では「サイバー攻撃」「クラウド」「モバイル」にフォーカス

トレンドマイクロが掲げている「Smart」「Simple」「Security that fits」のキーワードは、より防御精度が高く、お客さまごとのセキュリティ環境に応じ柔軟性・拡張性のあるスマートな防衛戦略が、これからの企業のセキュリティに求められていることを表したものです。スマートな防衛戦略を可能にするのが、クラウド上のセキュリティ基盤であるSPNです。SPNは、これまで脅威の変遷に合わせ拡張、強化を続け、昨年は、標的型サイバー攻撃、クラウド、モバイル時代に有効なセキュリティ基盤として進化を遂げました。リアルタイムに最新の脅威に対抗するだけでなく、環境ごとに柔軟に最適化でき、さらにパフォーマンスを損なわないソリューションでもあります。

ソリューション

ITの潮流と脅威の進化に合わせて拡張するグローバルスレットインテリジェンス
Trend Micro Smart Protection Network

エバは、「トレンドマイクロは、標的型サイバー攻撃、クラウド、モバイル時代に有効なセキュリティ基盤に進化を遂げたSPNにより、3つの分野においてスマートなソリューションをお客さまに提供することで、引き続きセキュリティのベストパートナーとして取り組んでいきます」と締めくくりました。

パートナーとの協業を推進し、お客さまごとに最適化したセキュリティを提供

大三川 彰彦

日本国内では、「カスタム ディフェンス」「クラウド&データセンター セキュリティ」「エンドユーザ保護の徹底」に対して、どのようにビジネスを推進していくのでしょうか。トレンドマイクロ 取締役副社長の大三川 彰彦は、国内エンタープライズ市場における戦略について、次のように説明しました。

「カスタム ディフェンス」では、個々の攻撃特性に対応した最適なソリューションを新たに提供します。まずは、今年5月から順次、クラウド上のセキュリティ基盤SPNに蓄積されたC&Cサーバ情報を既存主要製品に連携させていくことで、最新の攻撃手法への対応を実現します。第3四半期には、個々のお客さまの企業内にC&Cサーバ情報を独自に構築することで、特定企業に対し入念にカスタマイズされた未知の脅威(※2)にも迅速に対応できるソリューションの提供を開始する予定です。大三川は、「こうした未知の脅威への対抗を実現する際に胆になるのが、ネットワークを監視して特定の企業に特化した攻撃の兆候や潜在的な脅威を検知する『Deep Discovery™』です。『Deep Discovery』によって検知したC&Cサーバの情報を、企業内のデータベースやセキュリティ製品と連携することで、迅速な対処が可能になり、被害を最小化します。」と説明します。

さらに、セキュリティアセスメントからインシデント対応までに至るプロセスを包括的に支援する「サイバー攻撃レスポンスチーム」を今年1月に設置しました。このほか、国内の脅威解析にあたる「Regional TrendLabs」、将来の脅威動向を予測するグローバル組織「Forward looking Threat Research」のスレットインテリジェンスを活用することで、最新の脅威情報や有効な対策の知見提供、またセキュリティ教育の支援により、攻撃に強い組織作りを支援します。

「クラウド&データセンター セキュリティ」では、5月に仮想化、クラウドに最適化されたセキュリティ対策製品「Trend Micro Deep Security™」の機能強化、6月にSSLサービスの一般販売開始、そして、第3四半期にクラウド上のデータを暗号化する「Trend Micro SecureCloud™」の機能拡張により、各環境を包括的に守るセキュリティソリューションを提供します。また、お客さまが利用するプラットフォームの安心、安全を守るため、クラウド事業者との協業を推し進めます。

「エンドユーザ保護の徹底」では、多様化する従業員を取り巻くIT環境における、情報資産の保護に着目し、ソリューション提供に取り組みます。今年2月に立ち上げた、クラウド型セキュリティサービスブランド「Trend Micro Security as a Service™」にラインアップを順次拡大します。自社のIT環境に合わせて、必要な時に必要なサービスを迅速かつ容易に利用いただけるサービスとして、パートナー企業との協業により、ビジネス拡大を目指します。また、第3四半期には、新たにデータ暗号化、共有製品のリリース、モバイルセキュリティの機能強化を予定しています。モバイルセキュリティについては、クラウド上のセキュリティ基盤SPNのモバイルアプリの自動評価技術「Trend Micro Mobile App Reputation」との連携によりアプリ制御が可能になるほか、デバイスを一元管理するMDM(Mobile Device Management)の強化などによりソリューションの強化・拡充を推し進めます。

大三川は、「いずれの分野においても、システムインテグレータ、ネットワークインテグレータ、ハードウェアベンダー、xSPをはじめとするパートナー企業様との協業がビジネスを推進する鍵になります。協業関係を強力に推進し、技術、製品、サポートに一層の磨きをかけることで、標的型サイバー攻撃、クラウド・仮想化、コンシューマライゼーションで変わる企業のIT環境に、安心と安全を提供するベストパートナーを目指します」と決意を語りました。

※1   Shadow IT in the Enterprise Confessions from More Than 1,000 Enterprise Users, Nasuni, Sept 2012
※2 全ての未知の脅威に対応するものではありません。

記事公開日 : 2013.04.22

ページの先頭へ