Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

2013年 事業戦略発表会

企業が直面する課題「サイバー攻撃」「クラウド・仮想化」
「コンシューマライゼーション」に注力
企業ITを包括的に支援


トレンドマイクロは3月27日、2013年の事業戦略発表会を開催し、現在企業が直面している課題「標的型サイバー攻撃」、「クラウド・仮想化」、「コンシューマライゼーション」に対するソリューション提供に注力していくことを発表しました。それぞれの分野のソリューションコンセプトを、「カスタム ディフェンス」「クラウド&データセンターセキュリティ保護」「エンドユーザの保護の徹底」として、包括的かつ確実性の高いセキュリティソリューションを展開することで、進展する企業のIT環境を保護します。

事業戦略発表会の様子

標的型攻撃に有効な「カスタム ディフェンス」など3つの方針を発表

エバ・チェン

発表会の冒頭、トレンドマイクロ 代表取締役社長 兼 CEO エバ・チェン(以下、エバ)は、「企業のIT環境が急速に進展する中、従来のデバイスを中心とした限定的なソリューションのみでの対策に限界が訪れています」と説明を始めました。

従業員が管理の行き届いたデバイスから、業務システムにアクセスし、物理サーバに限定された環境で、データやアプリケーションを利用するIT環境は、もはや過去のものになりつつあります。今や、従業員はパソコン、スマートフォンなど複数の端末を駆使し、社内の業務システムにアクセスし、クラウドを活用しデータの同期や共有をすることでビジネスの効率化を享受しています。

エバは、「企業のIT環境が複雑化する一方で、標的型サイバー攻撃の脅威も直視しなければならい課題です。この攻撃では、従業員を狙った標的型メールが発端となることも多く、今後さらにコンシューマライゼーションが進み従業員のIT活用が柔軟なものになれば、企業がセキュリティの穴をすべて埋めることはますます困難になるでしょう。クラウド、コンシューマライゼーション、標的型サイバー攻撃に有効なセキュリティを講じるためには、情報資産そのものに着目し、IT環境を包括的に保護するアプローチが求められます」と指摘しました。

トレンドマイクロは、標的型サイバー攻撃、クラウド・仮想化、コンシューマライゼーション分野において、お客さまの環境で有効なソリューションを実現するため、それぞれ「カスタム ディフェンス」「エンドユーザ保護の徹底」「クラウド&データセンター セキュリティ」をコンセプトにビジネスを推進していきます。

ソリューションコンセプト

1つ目の「カスタム ディフェンス」は、標的型サイバー攻撃に対処するものです。攻撃者は、ターゲットの環境や従業員を入念に調べ上げてから最も効果的な攻撃を仕掛けるため、全てのユーザに一律に提供されるソリューションでは標的型サイバー攻撃に対処するには不十分です。ターゲットごとに異なる攻撃特性に、最適化した防御による対処を可能にするのが「カスタム ディフェンス」によるソリューションです。

標的型サイバー攻撃に利用されるC&Cサーバ(不正プログラムなどに指令を送り制御するサーバ)の情報をトレンドマイクロの主要製品間で共有し、相互に連携して対処することで、最新の攻撃手法から企業の情報資産を守ります。具体的には、不正プログラムが接続しようとするC&Cサーバの情報を、クラウド上のセキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network™(以下、SPN)」内にあるC&Cサーバの情報と照合することで攻撃の予兆をいち早く察知し、製品を通じて、企業内にアラートをあげることで、事前対処を可能にし、被害を最小限にとどめます。

2つ目の「エンドユーザ保護の徹底」は、急速に浸透するコンシューマライゼーションの環境において、情報資産を守るためのソリューションです。エバは、「従業員の5人に1人が業務上の使用を許可されていないにも関わらず、オンラインストレージのDropboxを利用しているというデータもあります(※1)。コンシューマライゼーションが進む企業のIT環境においては、だれが、いつ、どの端末から、どのアプリケーションを使う場合でも、情報を安全に利用できるよう、従業員のすべてのIT活用を包括的に管理・保護していく必要があります。デバイス単位で対処をしていくのではなく、利用される情報資産に着目し、情報資産を安全に扱うために必要となるセキュリティを包括的に提供することで、従業員のセキュアなIT環境を提供します」と説明しました。

3つ目の「クラウド&データセンター セキュリティ」は、物理、仮想化、クラウドで多様化、複雑化する環境に、より管理がシンプルでパフォーマンスを損なわないリューションを提供します。エバは、「各環境を一つのプラットフォームで守る『Trend Micro Deep Security™』を軸に、ビジネスの柔軟性やコスト効率性を損なわないソリューションを提供することで、新しいITのビジネスメリットを最大限享受できる環境を支援します」と話しました。

記事公開日 : 2013.04.22

ページの先頭へ