Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

情報資産の保護に着目し、
クラウド時代のセキュリティを支援


トレンドマイクロは3月26日、2012年の事業戦略発表会を開催し、グローバルおよび国内の企業向けの事業戦略について発表しました。IT環境や脅威が変わる中、企業のセキュリティは、情報資産に着目した包括的な対策が求められています。トレンドマイクロでは、グローバルでは「クラウド」(Cloud)、「コンシューマライゼーション」(Consumerization)、「リスクに対する情報資産の保護」(Control over Risk)を、また日本では「サイバー攻撃」、「クラウド」、「モバイル」を注力分野とし、クラウド時代の企業のセキュリティを支援します。

変わる企業のIT環境、キーワードは3つの「C」

エバ・チェン

会見の冒頭、トレンドマイクロ 代表取締役社長 兼 CEO エバ・チェン(以下、エバ)は、2012年の注力分野を「クラウド」(Cloud)、「コンシューマライゼーション」(Consumerization)、「リスクに対する情報資産の保護」(Control over Risk)の頭文字を取った「3C」戦略に定める方針を示しました。

企業のIT環境が進展する中、トレンドマイクロはこの3つの分野に対して、どのようなソリューションを提供するのでしょうか。

「クラウド」(Cloud)では、クラウドの本格的な普及によって企業のネットワークが伸縮性を備えるようになったと説明しました。企業のIT環境がプライベートクラウド、パブリッククラウドと移行していく中で、ネットワークの境界は曖昧化しています。この分野では、物理、仮想、クラウドの混在する企業のIT環境に一貫したセキュリティを提供する「Trend Micro Deep Security™(以下、Deep Security)」の機能を強化していくことで、企業のクラウドへの移行を支援していきます。

スマートフォンなどモバイル端末のコンシューマへの急速な普及を受け、ビジネスシーンでの利用が拡大する「コンシューマライゼーション」(Consumerization)が進んでいます。企業ネットワークに繋がるサービス・デバイスが多様化する中、企業は今、いかなる環境においても企業データを保護し、多様なデバイスを管理できるセキュリティの構築が求められています。遠隔から社内システムにアクセスする際のセキュリティポリシーや企業ごとに異なるモバイルデバイスの利用度に合わせて柔軟に運用できるソリューションを提供します。

サイバー攻撃の中でも、特定の企業や組織から機密情報を窃取することを目的とした持続的標的型攻撃が猛威を振るっています。持にこの攻撃から情報資産を守るためには、従来のネットワークの境界線上で講じる「入口対策」だけでは不十分であり、外部への情報資産の流出を食い止める「出口対策」、攻撃の兆候や不審な通信を「可視化」による複合的な対策が有効です。「リスクに対する情報資産の保護」(Control over Risk)では、攻撃への対策を実現するセキュリティソリューションとして、従来のラインアップに新たにファイルの動的解析により企業内のネットワークを監視する「Deep Discovery™3.0」を追加します。更に、2012年は、これらに暗号化のテクノロジを組み合わせ、一層でも多くの防御策を講じることで社内ネットワークに侵入されにくい、また万一侵入されても一刻も早く今何が起こっているのかを把握し、情報の外部流出を防ぐ環境を整備するためのソリューションを強化し、お客さまに提供していきます。

コア技術のセキュリティ基盤を拡張

本発表会では、トレンドマイクロの独自のセキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network™(以下、SPN)」の拡張計画も明らかにしました。SPNを、クラウド、モバイル、サイバー攻撃の領域に、セキュリティに有効な情報収集・処理と対策の提供の基盤として拡張することで、最新脅威に対抗できる次世代SPNを確立する計画です。同時にサーバやPCの使用リソースを抑制する技術も強化し、グリーンITも推進します。

Trend Micro Smart Protection Networkを3つの領域に拡張Smart Protection Network™ を3つの領域に拡張

また、エバは、「われわれは、エンドポイントやネットワークなどレイヤー毎のプラットフォーム上に多様な製品を取りそろえ、ワンストップでソリューションを利用いただけるアプローチを採用しています。お客さまは、必要なときに必要な領域のソリューションをすばやく適用できます。成長領域であるクラウドへの投資を今後も積極的に進め、クラウドセキュリティのNO.1を目指して、お客さまのクラウドセキュリティのベストパートナーとしての地位を確固たるものにしていきます」と締めくくりました。

記事公開日 : 2012.04.20

ページの先頭へ