Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

2011年 事業戦略発表会


トレンドマイクロは2011年3月24日、東京の本社オフィスで戦略説明会を開催し、グローバルおよび国内で推進する事業戦略や製品戦略について発表。クラウドインフラストラクチャー、データ、ネット接続デバイス、およびクラウドアプリケーションの4つの領域に注力することで、クラウド時代のエンタープライズIT環境を保護していく意向を明確にしました。

クラウドセキュリティのナンバーワンを目指す

― クラウド時代に求められるセキュリティとは

代表取締役社長 兼 CEO エバ・チェン(以下「エバ」)は冒頭で、「グローバルで急速に実用化が進むクラウドによってエンタープライズIT環境にネットワークの境界線が消えた」と説明。

コンピューティング環境は大きく、メインフレームからクライアント/サーバ、Webコンピューティング、クラウドと変遷をたどっており、クラウド時代ではデータセンターのサーバ統合が進み、ネットワークの形態がこれまでと変わります。企業ネットワーク内のPCだけでなく、社外のあらゆる場所からスマートフォンなどのモバイル端末でデータセンターにアクセスするようになるため、境界があいまいになると指摘しました。

エバは、「クラウド以前のセキュリティは、ネットワークの境界線で対策を講じるアプローチが有効でした。しかしながらクラウド時代では、データおよびこれにアクセスする全てのデバイスのセキュリティを確保する新しいアプローチが求められます。当社はもはやPCのウイルス対策ベンダーではありません。先進技術を駆使し、クラウド上のデータそのもの、接続するPC以外のデバイスを保護する新しいソリューションを展開しています」と語りました。

― 4つのクラウド領域にフォーカス

トレンドマイクロはお客さまの環境で有効なクラウドセキュリティを実現するため、次の4つのセキュリティ領域にフォーカスしてビジネスを推進していきます。

1つ目は、クラウドインフラストラクチャー。これはクラウドサービスを提供するデータセンター基盤を守ることです。2つ目はクラウド上に置かれるデータ。データを預ける環境だけでなく、データ自体を防御する対策も重要です。3つ目は、スマートフォンをはじめとするネット接続デバイス。クラウドのサービスやデータに社内外からアクセスする多様なデバイスに対応する必要があります。最後にクラウドアプリケーション。Webサイトの改ざんやSQLインジェクションという攻撃の基点となるアプリケーションの脆弱性を検出し、対策できるソリューションも不可欠です。

エバは、「これまでの主なビジネス領域だったウイルス対策、不正プログラム対策の市場規模は80億ドル※1。これに対し、4つの領域にまたがるクラウドセキュリティは301億ドル規模※2に成長すると見込まれています。潜在価値の高い市場にトレンドマイクロは経営資源を集中しており、莫大な企業のクラウドへの投資に貢献します。」と語りました。

― アライアンスを推進し、お客さまにより大きな安心と安全を

トレンドマイクロが掲げている”Security That Fits”というキーワードは画一的な対策ではなく、お客さまの多様なニーズに柔軟にセキュリティ対策を最適化することがこれからのエンタープライズ環境で不可欠であることを意味しています。トレンドマイクロはセキュリティが専業ですが、1社単独では提供できないクラウドセキュリティ領域をパートナーとの協業で作り上げていくことが戦略上、重要になります。たとえば、ファイアウォールやIPS/IDS分野ではCisco Systems、ID管理ではMicrosoftのActive Directoryと連携。DDoS攻撃の対策ではIBM、仮想化環境の管理ではCitrix SystemsやVMwareとの協業を推進しています。

さらにエバは、「クラウドを利用したセキュリティ対策”Trend Micro Smart Protection Network”はリアルタイムに最新の脅威に対抗できるだけでなく、サーバやPCの使用リソースを最小限に抑えるソリューションでもあります。」と説明。グリーンITの推進による地球環境の保護は、全ての企業が取り組むべき大きな課題です。
「企業が歩むクラウドへの旅に、トレンドマイクロはベストパートナーとしてお供していきたい」と締めくくりました。

記事公開日 : 2011.03.24

ページの先頭へ