Skip to content

セキュリティマガジン TREND PARK

企業が守るべき情報資産に着目した包括的なセキュリティを提案

サイバー攻撃対策、クラウド、モバイルが注力分野
大三川 彰彦 トレンドマイクロ株式会社 取締役副社長


コア技術を「サイバー攻撃」「クラウド」「モバイル」に拡張

― 企業にとっては、クラウドやスマートフォンなどのモバイルも関心の高い分野です。これに対しては、どう取り組んでいくのでしょうか。

大三川「サイバー攻撃」に加え、「クラウド」「モバイル」を重点分野としてソリューションの展開を推進します。

海外で先行していたクラウドですが、国内においても投資の動きの活発化が見受けられるようになっています。物理・仮想・クラウドの混在するサーバ環境へのシームレスなセキュリティの提供により、クラウド移行を支援します。一方で、クラウド利用が進む中で、データ自体のセキュリティの意識が高まっています。クラウドサービス事業者との協業により、サービスを提供する基盤や保存されたデータを保護することで、企業が安全に利用できる環境を整備します。

また、マルチデバイスやマルチプラットフォーム、BYOD(Bring Your Own Device)が進むモバイル端末については、情報漏えい対策とデバイスマネジメントを織り込んだソリューションを推進します。大規模な統合管理に対応するオンプレミス型製品、試験導入含め中小規模での管理に対応するサービス型の2つの形態で、企業でのモバイルの安全な利用を支援します。

― セキュリティ市場は競争も激化し、お客さまの選択肢も増えています。トレンドマイクロの強みはどのように活かせるのでしょうか。

大三川トレンドマイクロでは、これまでもグローバルの活動に加えて、日本国内に専任部隊を置き、地域に特化したリサーチで、迅速に脅威情報とソリューションを提供することで、被害の防止、抑制に努めてきました。

今後はこれを更に進めていきます。具体的には、今ある脅威を収集解析し、ソリューションを提供するリージョナルトレンドラボ、未来の脅威を予測するフォワードルッキングスレットリサーチによる情報・ソリューション提供によりセキュリティインテリジェンスセンターとして、被害拡大を防止する活動に止まらず、数年後を見据えた脅威の調査・予測により、新たな技術開発を推進します。サイバー攻撃、スマートフォンに加え、組込機器などを重点分野とすることで、当社が貢献できる領域は広がっていくでしょう。

また、当社の独自技術「Trend Micro Smart Protection Network™(以下、SPN)」について、現在のWebレピュテーション、E-mailレピュテーション、ファイルレピュテーションに、サイバー攻撃、クラウド、モバイルのセキュリティに有効な情報収集・処理・対策の提供基盤として拡張します。

モバイル分野では、米国で先行するかたちで、SPNと連携したモバイルアプリケーションの評価技術「Trend Micro™ Mobile App Reputation」を発表しました。日本での展開は現在準備中ですが、アプリケーションストア事業者や開発者がサービスに組み込んでいただくことで、お客さまが意識せずとも安全に利用できる環境を実現できます。

大切なのは、時代の変化を見据えたイノベーションを通じて、トレンドマイクロに任せておけば安全と感じていただけるような技術的な裏付けを獲得し続けることです。パートナー様と当社がより緊密な関係を構築し、それぞれが保有する高度な技術や専門性を互いに活用できる環境を整備することによって、より安全・安心なネットワーク社会の実現に貢献できるよう取り組んでまいります。

※ 従業員が個人所有の端末を業務に活用すること。

記事公開日 : 2012.04.16

ページの先頭へ