Skip to content

2017年第1四半期 セキュリティラウンドアップ


Trend Labs 2017年第1四半期 セキュリティラウンドアップ ダウンロード

2017年1月~3月の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。

目次(抜粋)

日本セキュリティラウンドアップ

  • 重大脆弱性の続発から「公開サーバへの攻撃」が急増、215 万件の重要情報に影響
  • 利用者の情報を狙い継続される「ネット詐欺」
  • 国内でも顕在化し始めた「ビジネスメール詐欺」
  • 不適切な認証設定の NoSQL データベースを狙う脅迫事例
  • 拡散は小康状態も金銭狙いの不正プログラムに新たな動き

グローバルセキュリティラウンドアップ

  • 脆弱性を悪用した公開サーバへのサイバー攻撃
  • 手口と標的が多様化するランサムウェア
  • 深刻化する Android 関連の脅威
  • 顕在化した IoT 機器のセキュリティ課題
  • 2017 年第 1 四半期の脅威概況

セキュリティラウンドアップ(PDF:3.98MB)を読む

※ 2017年6月2日更新:以下の点を修正いたしました。
① 日本セキュリティラウンドアップ内の「公開サーバへの攻撃」トピック内

  • 公開サーバへの攻撃による情報漏えい数 182万件⇒215万件
  • 「Apache Struts2」の脆弱性を原因とする情報漏えい数 132万⇒171万