Skip to content

情報と金銭を狙ったサイバー犯罪の矛先が法人に


Trend Labs 2015年 年間セキュリティラウンドアップ

2015年の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。

目次(抜粋)

日本セキュリティラウンドアップ

  • 気づけない標的型サイバー攻撃、4社に1社は侵入済み、発覚までに5か月以上
  • 日本を狙う「正規サイト汚染」、気づけない不正広告が7000サイト以上に影響
  • 脆弱性を利用した「自動感染」、国内からの720万アクセスに影響
  • 金銭を狙う攻撃:ランサムウェアとネットバンキングの被害が国内法人で拡大、PoSマルウェアも日本で検出増
  • 情報漏えいに繋がる公開サーバへの攻撃

グローバルセキュリティラウンドアップ

  • 漏えい情報を悪用したサイバー攻撃やネット恐喝が発生
  • サイバー攻撃やモバイルへの脅威に悪用される脆弱性
  • 各地域で進化を続けるサイバー犯罪アンダーグラウンド
  • 実証されたIoTデバイスのインシデントリスク
  • Angler EKがエクスプロイトキットの増加を牽引
  • 世界的にランサムウェアの法人被害が拡大
  • テイクダウン後に再出現した「DRIDEX」が急増
  • 2015年の脅威概況

セキュリティラウンドアップ(PDF:4.89MB)を読む