Skip to content

第3回 最新の脅威を知るセミナー(3月25日開催)

最新の脅威を知るセミナーは、最新の脅威実態や対策技術について深く知ることができる定期開催のセミナーです。第3回目の本セミナーでは、2014年、年間を通じて調査したサイバー攻撃やセキュリティ事故の傾向を元に、注意すべき脅威と企業で必要なセキュリティ対策についてご紹介しました。システム管理者様を中心に多くのお客様に参加いただきました。

セミナー開催概要

開催日時
2015年3月25日 15:00~17:00
会場
新宿マインズタワー15F
アビタス セミナールーム4
主催社名
トレンドマイクロ株式会社
対象者
情報システム部門のクライアント、サーバー管理者
情報システム部門のネットワーク管理者
情報システム企画部門の責任者・担当者

講演内容のご紹介

2014年の脅威傾向と2015年の対策

セキュリティエバンジェリスト 岡本 勝之

事業継続性や企業の信頼に大きな影響を与えるセキュリティ事故が続発しています。特に企業の持つ情報を侵害する攻撃の中で、これまで「標的型サイバー攻撃」と呼ばれていた攻撃の手法が拡大しています。最新動向とともに、今や企業活動継続の最重要対策事項となったセキュリティ事故への対策の考え方を解説しました。

セキュリティエバンジェリスト
岡本 勝之

システムの異変を早期に察知するための方法とは?専門家が語るセキュリティの強化ポイント

セキュリティエキスパートエンジニア 磯谷 直樹

お客様のネットワークを監視するサービスを提供しているセキュリティエキスパートエンジニアが、実際の攻撃をどのように発見し、対処するかをご紹介。そこで得た経験からセキュリティの強化ポイントをデモを交えて解説しました。

セキュリティエキスパートエンジニア
磯谷 直樹

ご参加いただいた方の声

本セミナーにご参加いただいた方にご協力いただいたアンケートの一部をご紹介します。

Trend Labs 2014年 年間セキュリティラウンドアップ

本セミナーでご紹介した内容を含んだ、2014年の最新脅威動向をまとめたレポートを以下よりダウンロードいただけます。

目次(抜粋)

日本セキュリティラウンドアップ

  • 正規サイトでも危険、不正広告が10 万人を脅威へ誘導
  • 日本を狙うネット詐欺が急増:ネット通販の偽サイトが10 万人以上に影響
  • ネットバンキングを狙う攻撃が倍増、被害は法人でも拡大
  • 顧客情報を奪う攻撃が企業を脅かす
  • Android 不正アプリの脅威拡大、iOS 安全神話にも陰りが
  • 2014 年を通じ、不正プログラム検出台数でアドウェアがトップ3 を独占

グローバルセキュリティラウンドアップ

  • 企業経営を脅かすサイバー攻撃の横行
  • 脅威の主流となったPOS マルウェア
  • 「Heartbleed」と「Shellshock」が覆した安全神話
  • セキュリティ上の課題に直面するネットバンキング
  • 活動範囲を広げ、巧妙化するランサムウェア
  • 世界規模で拡大し続けるサイバー犯罪者とアンダーグラウンド経済
  • 脅威概況:減少傾向の中、フィッシングサイトが倍増

セキュリティラウンドアップ(PDF:5.08MB)を読む