Skip to content

ライセンスについて、よくあるお問い合わせ

ライセンスについて、よくあるお問い合わせ

過去の掲載情報

すべて開く

Q 【DS新旧ラインナップの移行】Deep Securityの新ラインナップ(2015年12月受注開始)と旧ラインナップは何が違いますか?①課金対象

Ans.課金対象の詳細と価格ランクのラダー、新規価格に対する更新価格の比率に変更が入りました。詳しくは、以下をご確認ください。

課金対象について①・・ 旧ラインナップは、CPU課金数の上限が1CPU=12コアでした。新ラインナップは1CPU=16コアとなります。
課金対象について②・・ 旧ラインナップは、1CPU が12コアを超える場合1ESXホスト当たりのコア数で計算しました。
新ラインナップは、1CPUが16コアを超える場合、案件の合計ESXホスト数での計算となります。

Q 【DS新旧ラインナップの違い】Deep Securityの新ラインナップ(2015年12月受注開始)と旧ラインナップは何が違いますか?②新規価格に対する更新価格の比率について

Ans.現状:新規標準価格100%に対し更新価格 30% 変更後:新規標準価格100%に対し更新価格 50%です。

Q 【DS新旧ラインナップの違い】Deep Securityの新ラインナップ(2015年12月受注開始)と旧ラインナップは何が違いますか?③価格ランク

Ans.旧ラインナップはTRSL(A~Lランク)、パッケージ(A~Gランク)でした。
新ラインナップはTRSLがなくなり、すべてA~Dランクの4ラダーのみとなります。

Q【DS新旧ラインナップの移行】旧ラインナップから新ラインナップへ移行したいのですが、どうすればいいですか?

Ans.旧ラインナップからの移行については、同等のライセンスに関しては更新価格にて移行可能です。
販売終了のライセンスからの移行に関しては、新ライセンスでの新規買い直しとなります。
詳細は、http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/tmds/index.html#price
の【新旧ラインナップ一覧】をご参照ください。

Q 【IDF/TMVP】Trend Micro脆弱性対策オプション(以下IDF)を契約中の場合、契約更新をする場合はどのようにしたら良いか?

Ans. 契約更新の際に、「Trend Micro Virtual Patch for Endpoint更新」としてご発注ください。ACは現在ご利用中のものをそのまま継続してご使用いただけます(入替不要)

Q【IDF/TMVP】Client/Server Suite Premiumを契約してIDFを利用しているが、何か変更の手続きを行う必要はあるか?

Ans. 継続してIDFをご利用いただけますが、機能を強化したTrend Micro Virtual Patch for Endpoint (以下TMVP) への移行を推奨します。

Q 【IDF/TMVP】IDFの英語版ライセンスキットを利用しているが、TMVPではどうなるのか?

Ans. TMVPでは英語版ライセンスキットをご用意しておりません。英語版OSを搭載したハードウェアにTMVPをインストールいただき、TMVPの製品UIの言語設定を英語に変更いただくことで、通常のTMVPのライセンスを英語版ライセンスとしてご利用いただけます。

Q 【移行】「Client/Server Suite」から「ウイルスバスター コーポレートエディション Plus」(以下ウイルスバスターCorp Plus)に移行する場合、どのような移行方法がありどのような作業が必要ですか?

「ウイルスバスターCorp Plus」の「更新」または「移行パック」の購入で移行が可能です。
新しい機能をご利用いただく際には、「ウイルスバスターCorp Plus」用のアクティベーションコード(AC)を新たに発行する必要があります。 詳しくは「ウイルスバスター コーポレートエディション Plusへの移行方法」をご確認ください。
http://www.trendmicro.co.jp/jp/license/trsl-package/corp-plus/

Q 【移行】「Client/Server Suite」を既に更新してしまいましたが、「ウイルスバスターCorp Plus」に移行したいです。どうすればいいですか?

期間途中に「ウイルスバスターCorp Plus」にしたい場合は、「移行パック」で移行が行えます。ただし、「Client/Server Suite」更新後3ヶ月間は、「ウイルスバスターCorp Plus」の移行は行えません。契約期間から3ヵ月を経過してからの、購入をお願いいたします。

Q 【CorpPlus】サーバ対策として「ウイルスバスターCorp Plus」を購入したいのですが、その場合サーバ台数のみの購入でよいですか?

「ウイルスバスターCorp Plus」はクライアント・サーバの環境で利用することを前提にしている為、サーバ対策のみでのご購入はできません。サーバ対策のみの場合は「Server Protection for Windows」(以下SPWin)もしくは、「Trend Micro Deep Security」の購入をお願いいたします。

Q【課金】パブリッククラウド上にWebサーバを構築する予定ですが、CPU数量などのスペックは公開されていません。 このサーバにウイルス対策を実施する場合何を購入すればいいですか?

外部公開用のサーバには「External Access Pack」(以下EA-Pack)を契約いただきます。
「Trend Micro Reliable Security License」(以下TRSL)やパッケージのServerProtectは外部公開用サーバにはご利用いただけません。物理CPU数に対して課金しますが、パブリッククラウド上で、物理CPU数を公表していない場合は仮想CPU数を数えていただくとになります。

Q【TMPS】「Trend Micro Portable Security 2」(以下TMPS2)の1年版を1本購入すれば、パソコン20台のセキュリティチェックを実施できますか?

TMPS2の1年版は最低購入本数が5本なので、5本以上購入いただく必要があります。5本以上購入いただければ、そのTMPS2を使ってパソコンの台数制限なく利用することができます。

Q【VBBSS】サーバを保有していない場合、個人向けのウイルスバスターやウイルスバスター ビジネスセキュリティ以外の選択肢はありますか?

ウイルスバスター ビジネスセキュリティサービス(以下VBBSS)ならSaaSでセキュリティ対策を提供できますので、管理用にサーバを立てる必要もありません。

Q【追加】「ウイルスバスター コーポレートエディション Plus」(以下ウイルスバスターCorp Plus)を60ライセンス契約していますが、3台パソコンが増えたのでライセンス追加したいです。購入できますか?

追加の最低購入本数は5となりますが、5未満の追加のみ、次回の契約更新まで追加購入せずに使え、契約更新と同時なら3ライセンス追加購入が行えます。ランクは更新、追加ともに合計63ライセンスのCランクが適用となります

Q【追加】「ウィルスバスタービジネスセキュリティ」20ライセンスを5年契約して現在2年目です。 新たに6ライセンス追加したいのですが期間はどうなりますか?

契約期間は、本体のライセンスに統一されます。本件は既に1年経過してますので、「追加」1年分と「更新」3年分を購入いただきます。価格ランクは合計26ライセンスのBランクを更新、追加ともに適用いたします。

Q【複数年購入】新規購入時に複数年分の購入はできますか?

はい、一部製品を除き最長6年間分の購入が可能です。 その場合は、新規契約の場合は1年目「新規」2年目以降「更新」、更新契約の場合はすべて「更新」の購入区分で一括購入をお願いいたします。