Skip to content

Office 365 セキュリティ対策

Microsoft Office 365 セキュリティ対策

セキュリティを犠牲にすることなく、クラウド化により多くのメリットを手に入れるには、従来のセキュリティ対策を補完し、高度な攻撃や未知の攻撃にも対抗できる堅牢な仕組みを用意する必要があります。Microsoft Office 365を活用されるお客さまに解決策をご提案します。


マイクロソフト × トレンドマイクロの合わせ技でクラウド利用を促進
Office 365環境のセキュリティをまとめてパワーアップ!

トレンドマイクロは、Office 365ユーザ向けに、安心のクラウド利用に必要不可欠なセキュリティ機能をワンパッケージで提供。想定されるリスクへの包括的な防御を施すことで、Office 365環境のセキュリティレベルを強化し、ユーザを保護します。

1.メール環境のセキュリティを強化したい!
サンドボックス付きクラウド型迷惑メール対策Trend Micro Hosted Email Security™

Office 365環境において優れたパフォーマンスを発揮するスパムフィルタリング、および不正プログラムフィルタリングを提供。メールに記載された不正なURL、スパムメールやグレーメール、フィッシング攻撃、メールに添付される不正プログラムをスキャニング。標的型メールやスパムメールの隔離または不正プログラムを駆除・削除することで、Office 365ユーザを保護します。また、柔軟なポリシー設定や、定期的なレポートによる運用状況の確認が可能です。

トレンドマイクロでパワーアップ!
Exchange Online向けに次の3つの対策を強化
  • サンドボックスによる標的型メール対策
  • 不正プログラム対策(不審な添付ファイルのブロック)
  • スパムメール対策(文書内に記載されたURLの解析)

2.ポータルおよびクラウドストレージのセキュリティを強化したい!
サンドボックス付きクラウド型ポータルおよびクラウドストレージ対策Trend Micro Cloud App Security™

Office 365とAPI連携し、Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Businessを監視。クラウドサービス型の不正プログラム解析サンドボックスにより、ゼロデイ不正プログラムや隠れた脅威を検出します。API連携により、Office 365環境に負荷がなく、ルーティングの設定変更も不要。また、DLP(情報漏えい対策)として、日本向け個人情報漏えい対策テンプレートを含む200以上のカスタマイズ可能なテンプレートを提供し、リアルタイムでポリシー違反をチェック。マイナンバー制度にも対応します。

トレンドマイクロでパワーアップ!
Exchange Online、SharePoint Online、OneDrive for Business向けに次の4つの対策を強化
  • サンドボックスによる不審ファイルの解析
  • 機密情報の漏えい対策
  • 文書の脆弱性対策(パターンファイルでは検知できない脆弱性検知)
  • 共有保存エリアのウイルス対策(不審な添付ファイルのブロック)

One Point

クラウドサンドボックスとは? 標的型メールとは?

静的解析や振る舞い検知で見つかった不審ファイルをクラウド上にある仮想環境で実行させ、その動きを動的に解析して危険度を判定する仕組みがサンドボックスです。
実際の組織内のIT環境をシミュレートし、脅威がもたらす影響やその範囲を詳細に調べることが可能です。

機密情報の窃取などを目的に、特定の組織や人にメールを送りつける攻撃手法で、「標的型サイバー攻撃」の中でも特に猛威を振るっています。
騙しのテクニックが駆使されており、メール受信者が不審に思わずに添付ファイルを開いたり、本文に記載されたリンクをクリックしたりすると、遠隔操作ウイルスに感染。新たなウイルス感染の引き金になるほか、組織内へのウイルス拡散、機密情報の漏えい、システム破壊といった深刻な被害につながるケースもあります。