Skip to content

Trend Micro Web Security™ for Yamaha Router

危険・不要Webをブロック、侵入を許さないネットワークへ

危険なWebや閲覧させたくないWebをブロックするWebセキュリティサービスです。ヤマハルーター1台で手間なく、効率的なセキュリティ強化を行う事ができます。トレンドマイクロのレーティングサーバと連携して、ウィルス感染のリスクや情報漏えいを未然に防止します。

本製品に関するお知らせ

Trend Micro Web Security for Yamaha Routerは、ヤマハルーター上で危険なWebや
閲覧させたくないWebのブロックを実現するWebセキュリティサービスです。

ベネフィット1.危険なWebサイトの閲覧をルーターで一括、監視・ブロック

フィッシング詐欺、ウイルスや改ざんなどで汚染された危険なWebサイトの閲覧をヤマハルータ-で一括して監視・ブロック、安全なインターネット環境を提供。

  • トレンドマイクロが提供するWebレピュテーション技術をヤマハルーターに搭載、危険なWebサイトの情報をトレンドマイクロのレーティングサーバとヤマハルーターが連携することで、Webからのウイルス感染や情報漏えいにつながるWeb閲覧を未然に防止
  • ルーターを通過するHTTP通信を一括して監視・制御可能、Webセキュリティの強化をネットワーク側でまとめて実現
  • Webレピュテーションでは、Webサイトのカテゴリは関係なく、危険かどうかの判断によるフィルタリングができるため、フィルタ設定時の細かな調整が不要(設定はセキュリティレベル、高・中・低から選択するのみ)

ベネフィット2.見せたくないWebサイトの閲覧規制をルーターで一括、実現

ヤマハルーター上でURLフィルタサービスを実現、職場や学校などでインターネットを利用する際のWeb閲覧規制を簡単に実現します。

  • 不必要かつ不適切なWebサイトの閲覧を規制、なおかつ無駄なWebトラヒックを低減
  • サーバ不要、端末側へのソフトウェア導入不要、ルーターで実現できるURLフィルタサービス
  • トレンドマイクロが提供するWebレピュテーションサービスと併用することで、安全かつ適切なWebサイトの閲覧だけに限定することを容易に実現

ベネフィット3.持ち込み、未対策PCのWebセキュリティをルーターでフォロー

  • PC/端末側で対策が十分できない場合に、ルーター側でインターネット接続時、危険なWebアクセスをブロック、セキュリティ強化を図ることが可能
  • 院や学校、建築現場など持ち込み端末/個人端末などの利用が多い環境で、PC側に対策製品をインストール、管理・規制できなくとも、ルーター側でインターネット閲覧時のセキュリティを強化を実現


URLフィルタでカバーできない危険なWebサイトをブロック

  • URLフィルタではなかなか判定しづらい改ざんやリンク、ウイルスの有無などもチェック対象に
  • トレンドマイクロのWebレピュテーションでは、膨大なWebサイトを実際にチェック、またウイルス解析でわかったWebサイト情報も参照し、Webサイトの危険度の情報を収集・更新、判定の元に使用

WEBレピュテーションとURLフィルタリングの違い

新しいアプローチで最新の対策をいち早く届ける

  • 従来型のウイルス対策のように、ルーター上にパターンファイルなどを保持せず、インターネット上に公開されているトレンドマイクロのレーティングサーバとルーターが連携することで常に最新のセキュリティ情報を元にした対策を実現
  • 簡易な問い合わせ処理と照らし合わせだけで処理されるため、UTMなどの場合と比較して、ルーター内部のリソース消費が少なくて済む

従来のウイルス対策手法と新しいウイルス対策手法の違い

導入コストも手間も抑えて、セキュリティレベルの向上を実現

  • ルーター統合型のセキュリティソリューションのため、エンドポイント方式の対策のようにデバイスやOSなどに縛られず、またUTMのような面倒な設定なども必要なく、導入・運用の負荷がかかりません。
  • デバイスやサーバ側にソフトウェアをインストールすることなく、ルーター本体にプラス、Webセキュリティのサービスライセンスを購入するだけで導入・設定が可能
  • クライアント課金ではなく、ルーター1台ごとのユニット課金なので面倒がなく、お得感が出やすい


危険なWebサイトの閲覧規制(Webレピュテーション)

  • 指定されたインターフェイスを通過する、指定されたポート番号のHTTP通信を常時監視(※ 初期値はポート80番
  • ルーターはトレンドマイクロのレーティングサーバにアクセス先のWebサイトについて、そのWebサイトの危険度を問い合わせ、設定されているセキュリティレベル以上に危険なWebサイトへのアクセスをブロック
  • 設定は3つのセキュリティレベル、高・中・低の中から選択するのみ(推奨は中・低)
  • プロキシサーバ設置環境下でも動作(プロキシ認証は非対応)
  • 特定の端末/IPアドレスレンジ別のフィルタルールの作成も可
  • Webサイトをブロックする際には、ユーザに警告画面を表示

レピュテーション設定画面

Fiユーザへの警告メッセージ画面例

URLフィルタリング機能

  • 指定されたポートのHTTP通信を常時監視(※ 初期設定はポート80番
  • レーティングサーバにリクエスト先のWebサイトのカテゴリ情報を問い合わせ、ブロック設定されているカテゴリのWebサイトのアクセスをブロック
  • 提供カテゴリの設定には、標準推奨設定とカスタマイズ設定がある
  • プロキシサーバ設置環境下でも動作(プロキシ認証は非対応)
  • 特定の端末/IPアドレスレンジ別のフィルタルールの作成も可
  • Webサイトをブロックする際には、ユーザに警告画面を表示

カテゴリ設定画面

ユーザへの警告メッセージ画面例

ホワイトリスト/ブラックリストの登録

  • ホワイトリスト/ブラックリストの個別登録が可能(※ ヤマハルーターが提供する内部データベース参照型URLフィルタで対応する機能
  • IPアドレス直打ちの禁止(ヤマハルーターの機能)

ホワイト/ブラックリスト設定画面

フィルタログ/アクセス統計の提供

  • Syslogの形でフィルタログを提供(※ SylogはNOTICE レベルで提供、[URL FILTER]で識別可能
  • Syslog表示形式例) [URL FILTER] Rejected at [インターフェイス名] [reputation[セキュリティレベル] or category[カテゴリ番号]]:送信元IPアドレス:リクエストURL
  • アクセス統計として累計数を設定インターフェイスの状態表示にて提供
  • その他、ライセンス認証時のイベントログもSyslogとして提供(※ DEBUG、INFOレベルで提供

アクセス統計表示(Web管理コンソール)

特定端末/アドレスレンジごとのフィルタ設定変更

  • 送信元アドレス単位で個別のフィルタルールの作成が可
  • 個別のIPアドレス単位やIPアドレスレンジで設定

レピュテーション設定画面

ライセンス情報の管理/自動更新

  • 初期登録を手動で行っていただいた後は、ルーターが自動で定期的にライセンス情報の更新を実施(事前のMACアドレス等の登録などは必要なし)
  • 更新手続きをしていただくと、後からルーター側へ自動で契約期間の更新が反映される
  • ライセンスの有効期限や状況などは、Web管理コンソール上から把握することができる(※ コマンドラインでもステータスを表示させることが可能
  • ルーター故障時には、新しく入れ替えたルーターにお手元のアクティベーションキーを使って、初期登録を行うだけで、機器の入れ替えにも対応

設定画面/ライセンス情報表示画面(Web管理コンソール)

設定管理コンソール(Web 日本語GUI/コマンドライン)

  • すべての設定はヤマハから提供されているルーターのWeb GUIの管理コンソール画面から行うことが可能(日本語対応済)
  • ヤマハルーターで提供されるCLIでの設定、ステータス確認コマンドも合わせて提供


対応ヤマハルーターモデル

ヤマハ FWX120 ヤマハ RTX1200 

対応ファームウェア:
対応開始はRev.11.03.04以降

対象規模イメージ:
PC台数 50台程度を想定 ダウンロードは こちら から

対応ファームウェア:
対応開始はRev. 10.01.24以降、推奨はRev.10.01.26以降

対象規模イメージ:
PC台数 100~150台程度を想定

備考:記載のPC台数は一般的な目安で、実際の性能を示すものではありません。

導入ネットワーク構成イメージ

ルーター構成

ルーター配下の端末からルーターを経由するHTTP通信を監視、フィルタリングルールに従って[遮断/通過]の処理を行う

ルーターにWebセキュリティを統合

透過型ファイアウォール構成

※ ブリッジ構成、ヤマハFWX120/SRT100でサポート
透過型ファイアウォールとして設置されたヤマハルーター配下の端末からルーターを経由するHTTP通信を監視、フィルタリングルールに従って[遮断/通過]の処理を行う

透過型FWにWebセキュリティを統合


小山記念病院

院内のWeb閲覧を安心・快適に ~信頼のヤマハ×トレンドマイクロで安心・快適なインターネット環境を院内に実現

概要 以前はセキュリティ上の制限から、院内でも限られた場所しか許されなかったインターネットの利用。現場からの強い要望、将来的な情報サービスへの展開などの検討もあり、セキュアで快適なインターネット環境のインフラ整備を決断。無線LAN、ヤマハRTX1200とTrend Micro Web Securityを活用することで、フィルタリングで通信を制御し、持ち込みPCの多い院内で、セキュリティと快適なインターネット利用を両立した。
お客様の課題
  • インターネット利用ができる場所が制限されていたため、医療現場で情報共有や情報収集に不便だと、現場か ら改善要望があがっていた。また一部の医師などが勝手に無線LANルーターなどを設置して、許可無くインターネット環境を構築するなど管理の目がかえって行き届かなくなってしまっていた。
  • 医師などの個人PCや持ち込みPCなどもあるため、ウイルス対策などを端末に入れて管理することが難しく、対策に苦慮していた。
  • インターネットを積極的に活用しながらも、セキュリティ対策にも十分に配慮できる新しいインフラの構築が必要だった。
User's Voice 「安心できるインターネット環境がきちんと整備され、管理ができるようになったことで、以前のような不安はなくなりました。個人PC のセキュリティまではチェックできない状況に変わりはないのですが、やはり、インターネットの出入り口できっちり有害なサイトをブロックしてくれているという安心感があります。」

小山記念病院の詳細情報はこちら

岩手中・高等学校

先端のICT教育のために 業務用ルーター+Web Securityでより早く安全なインターネット環境を

概要 早くからパソコン教室を導入した岩手中・高等学校。以前は家庭用ルーターでURLフィルタリングを利用していたが、利用が増えるにつれ、性能的にも限界が。業務用ルーターとして、信頼性・性能性でも評価が高いヤマハRTX1200を導入、URLフィルタリングとWeb閲覧時のウイルス感染対策に、Trend Micro Web Security for Yamaha Routerの導入を決めた。教員用とパソコン教室用でフィルタルールを分けて運用するなど、積極的に使いこなして、セキュリティ強化と快適なICT教育環境を構築している。
お客様の課題
  • 家庭用ルーターを利用してフィルタサービスを提供していたが、性能がPC台数と利用状況に追いつかず、ページがなかなか開かずWeb閲覧が困難になってしまっていた。
  • 安心してインターネットを利用できるフィルタ機能と、安定した性能を実現するルーターで学内のインターネット環境の再構築が必要になっていた。
User's Voice 「教師が見てない間に生徒がどこを見るか分からないので、危険なサイトの閲覧をルーターが強制的にブロックしてくれるのはとても助かります。」 

岩手中・高等学校の詳細情報はこちら

和同情報システム株式会社(システム販売)

Webから侵入してくるウイルスへの水際の防御力を実感。自社導入の経験を生かして、お客様にヤマハルーターと一体のWebフィルタを提案。

概要 自社内で検証を重ねてよいと思ったものだけをお客様に提供するというポリシーを持つ和同情報システム株式会社。海外Webサイトの閲覧などが業務上必要になることもあるため、ウイルス感染等の不安があり、既存に社内にあったヤマハSRT100にWeb Security for Yamaha Routerを導入。導入後、その効果を実感、実体験を元にお客様へのヤマハルーターの付加価値提案へとつなげている。
お客様の課題
  • 海外のWebサイトを見ることが仕事柄上多かったため、ウイルス感染などWebからの脅威に不安を感じていた。
  • ログ監視ツールなどを導入していたが、それだけでは不足だと感じていた。
  • 「導入以降、PC でのウイルス感染削除のログがかなり減っています。水際での防御の重要性を実感しました。また、これまでもログ監視ツールで社員の操作アクセスログはとっていたのですが、Trend Micro Web Security for Yamaha Router を入れた後は、実際にアクセスがブロックされるので社員にも分かやすく、抑止力も高まっているように感じます。」
User's Voice 「導入以降、PC でのウイルス感染削除のログがかなり減っています。水際での防御の重要性を実感しました。また、これまでもログ監視ツールで社員の操作アクセスログはとっていたのですが、Trend Micro Web Security for Yamaha Router を入れた後は、実際にアクセスがブロックされるので社員にも分かやすく、抑止力も高まっているように感じます。」

和同情報システム株式会社(システム販売)の詳細情報はこちら

大塚商会インターネットおまかせパック

概要 株式会社大塚商会の「インターネットおまかせパック」は、選任のIT担当者がいない中小企業向けのお客様向けのインターネット接続とセキュリティ対策、LAN構築をまとめて請け負う委託サービスです。通常のパックメニューにさらに+で危険なWeb対策を含む、インターネットお任せパック プレミアム版を提供、ヤマハSRT100とTrend Micro Web Security for Yamaha Routerが採用されています。標準で利用するルーターで、社内の危険なWebからのウイルス感染やフィッシング詐欺サイト閲覧を防ぐ、Web Securityが搭載済で提供されています。安全かつ快適なインターネット環境の構築・運用を月額で実現したいお客様に最適です。
お客様の課題 ウイルス対策は提供していたものの、インターネット利用時の危険なWeb対策が不足していた。

 

面倒なことはお任せください! ネットワーク構築からセキュリティ対策まで

インターネットの快適環境ならまかせて安心 インターネットおまかせパック ガンブラー対策強化版 プレミアムモデル 月額6,000円(税別)~
※ インターネットおまかせパックなら、光回線提案/インターネット接続/LAN構築/PCクライアントセキュリティ対策/フィッシング対策まで含めて、面倒なことをまとめてお手伝いいたします。

 

お問い合わせ/詳細はこちらまで

株式会社大塚商会インターネットおまかせパック

プロダクトプロモーション部 セキュリティプロモーション課
電話:03-3514-7568 FAX:03-3514-7564
営業時間:9:00~17:30(土日祝祭日及び弊社休業日を除く)


提供製品ラインナップ

  提供サービス
Webセキュリティ
(HTTP通信を監視危険なWebを遮断)
URLフィルタ
(特定のWebコンテンツの閲覧規制)
ラインナップ Trend Micro
Standard Web Security
Trend Micro
Web Security
 

※ 他社ベンダーで提供されているURLフィルタサービスとWeb セキュリティの併用は可能
※ URLフィルタはトレンドマイクロのデータベースを利用

標準価格

ヤマハFWX120向け標準価格
オーダー種別 製品名 標準価格(税抜き)
新規 Trend Micro ヤマハFWX120 Standard Web Security 新規1年 \60,000
Trend Micro ヤマハFWX120 Standard Web Security 新規2年 \120,000
Trend Micro ヤマハFWX120 Standard Web Security 新規4年 \240,000
Trend Micro ヤマハFWX120 Web Security 新規1年 \30,000
Trend Micro ヤマハFWX120 Web Security 新規2年 \60,000
Trend Micro ヤマハFWX120 Web Security 新規4年 \120,000
更新 Trend Micro ヤマハFWX120 Standard Web Security 更新 \60,000
Trend Micro ヤマハFWX120 Web Security 更新 \30,000
ヤマハSRT100向け標準価格
オーダー種別 製品名 標準価格(税抜き)
更新 Trend Micro ヤマハSRT100 Standard Web Security 更新 \60,000
Trend Micro ヤマハSRT100 Web Security 更新 \30,000
ヤマハRTX1200向け標準価格
オーダー種別 製品名 標準価格(税抜き)

新規

2016年12月末の当社最終受注日をもって、新規販売を終了いたします。
(更新は、引き続き販売いたします)
Trend Micro ヤマハRTX1200 Standard Web Security 新規1年 \120,000
Trend Micro ヤマハRTX1200 Standard Web Security 新規2年 \240,000
Trend Micro ヤマハRTX1200 Standard Web Security 新規4年 \480,000
Trend Micro ヤマハRTX1200 Web Security 新規1年 \90,000
Trend Micro ヤマハRTX1200 Web Security 新規2年 \180,000
Trend Micro ヤマハRTX1200 Web Security 新規4年 \360,000
更新 Trend Micro ヤマハRTX1200 Standard Web Security 更新 \120,000
Trend Micro ヤマハRTX1200 Web Security 更新 \90,000

※ 本価格表に掲載されている価格には消費税を含みません。
※ 上記標準価格は1年間のスタンダードサポートサービス提供を含む1ライセンスあたりの使用許諾料金であり、サービス継続をご希望の場合は1年ごとに契約の更新が必要です。
※ 新規・更新の年間標準価格は、同額となります。
※ ヤマハルーターのモデルを変更する場合には、新たに該当するルーターモデル用のライセンスをご購入ください。
※ 1台のヤマハSRT100は対象収容端末数は100台まで、またヤマハRTX1200は250台までとなります。ルーター1台に付き1本までの購入となりますので、ルーター1台につき本ライセンス製品 2本などの追加購入などはできません。
※ 本製品については、アカデミック価格・ガバメント価格のご用意はございません。

購入問い合わせ窓口のご紹介

販売店経由でのご購入のお問い合わせ

日頃お取引のある販売店様にお問い合わせください。下記にヤマハルーターも含めてのご提案いただける主な販売店様はこちら。

SCSK株式会社

ダイワボウ情報システム株式会社

ソフトバンクコマース&サービス株式会社

株式会社大塚商会

リコージャパン株式会社

 

取引販売店様が特定されていないお客様へ ~トレンドマイクロ直営窓口のご紹介

・テレフォンダイレクト
電話でご相談・見積依頼が行えます。ご購入にご不安な方でも専門スタッフがお客様に合わせた提案をさせていただきます。お気軽にお問い合わせください。

「テレフォンダイレクト限定パックお薦め製品」はこちら

 

その他、製品について検討したいお客様へ ~法人お問い合わせ窓口

法人お問い合わせ窓口・製品について検討したい、問い合わせしたい
トレンドマイクロの法人お問い合わせ窓口では、お電話・Webフォームからのお問い合わせおよびご相談をお受けしております。お気軽にお問い合わせください!


ご提案・ご販売にあたってよくあるお問い合わせ

すべて開く

Q.Trend Micro Web Security for Yamaha Routerはルーター本体1台につき1本づつ購入する必要があるのか

はい、Trend Micro Web Security for Yamaha Routerのライセンスは、ルーター1台につき、1本づつの購入が必要となります。また、発注時にご記入いただく、申請書もルーター1台つき、必ず1枚づつの提出をお願いいたします。

Q.ヤマハFWX120用のライセンスは、ヤマハRTX1200でも流用できるのか

いいえ、できません。ヤマハFWX120用のライセンスは、FWX120のみで利用が可能です。ヤマハRTX1200で利用される場合には、ヤマハRTX1200用のライセンスをご購入ください。

Q.Trend Micro Web Security for Yamaha Router を購入した場合、手元に届くアクティベーションキーの個数はいくつか

Standard Web Security , Web Security 共にトレンドマイクロからお客様にお届けするキーは1個になります。

Q.ウイルスバスター コーポレートエディションのWeb Security Serviceは、ヤマハルーターでも使えるのか

いいえ、できません。ヤマハルーターのWeb Securityは、Trend Micro Web Security for Yamaha Routerは、ウイルスバスター コーポレートエディションのものとは異なるものになります。Trend Micro Web Security for Yamaha Routerという、専用のライセンスをご購入いただく必要がございます。

Q.Trend Micro Web Security for Yamaha Routerのライセンスとルーター本体がセットになっている商品はないのか

Trend Micro Web Security for Yamaha Routerのライセンスとルーター本体がセットになっている商材については、住商情報システム様よりご提供頂いておりますので住商情報システム様にお問い合わせください。

Q.ルーター本体が故障した場合、Trend Micro Web Security for Yamaha Routerのライセンスは追加で購入する必要があるか

ルーターが故障してハードウェア交換をした場合、 Trend Micro Web Security for Yamaha Routerのアクティベーションコードの再登録を新しいハードウェア上で行っていただくだけで追加購入していただく必要はございません。 2台のルーターでアクティブで冗長構成を組む場合には、両方で Trend Micro Web Security for Yamaha Routerの機能をご利用頂く場合には、2台分のライセンス購入が必要です。

Q.ルーターのWAN回線を二重化したい場合、ライセンスはいくつ必要になるのか

ルーター1台でWAN回線を2本契約して、二重化する場合には、必要なライセンスは1つになります。ルーター1台につき、1つのライセンスが必要になりますので、ルーター2台で冗長化する場合で、アクティブで利用されたい場合には、それぞれのルーター上でWeb Securityを動作させるために2つのライセンスが必要になります。

Q.3年版、あるいは5年版などの複数年版を購入したいが、どのように購入すればよいのか

製品型番では、1年版、2年版、4年版がご用意ございますが、更新と合わせて購入いただけましたら、3年間、5年版のご契約が可能です。例えば、3年間であれば、「Trend Micro ヤマハRTX1200 Standard Web Security 新規2年」と「Trend Micro ヤマハRTX1200 Standard Web Security 更新1年」という組み合わせなどで対応可能です。

導入設定・保守に関するよくあるお問い合わせ

すべて開く

Q.Trend Micro Web Security for Yamaha Routerの製品についてのサポート情報や製品に関するFAQなどはあるか

Trend Micro Web Security for Yamaha Routerの製品についてのサポート情報及び製品FAQは下記サポートサイトをご覧ください。

Trend Micro Web Security for Yamaha Routerに関するよくあるご質問   

製品サポートページ > 製品Q&A検索 >製品名 :Trend Micro Web Security for Yamaha Router

Q.導入・設定のための詳しいガイドなどはあるか

資料ダウンロードサイトから設定ガイドをダウンロードすることができますので、メールアドレスやお名前などのご登録をいただき、入手してください。

体験版の利用に関するよくあるお問い合わせ

すべて開く

Q.体験版を利用したいが、何か制限事項があるか

30日間無償でご利用いただける体験版アクティベーションのご利用は1台のルーターにつき、5回までと制限がかかっておりますので、貸出検証機器等の場合には別途、検証用のアクティベーションコードの申請をいただきますようお願いいたします。

Q.体験版のアクティベーションコードはどこから入手可能か

トレンドマイクロの体験版ダウンロードサイトにて、メールアドレスや氏名などの情報をご登録いただき、入手することができます。体験版キーを入手するための申し込みフォームに入力が完了すると、登録されたメールアドレス宛に体験版のアクティべションキーが送信されます。送信されたアクティベーションキーを使用して、ヤマハルーター上で登録・設定作業を行ってください。

30日間無償キーはこちら

Q.体験版から製品版に移行する際に、何か制限がありますか

体験版から製品版に移行する際の制限は特にございません。ただし、既に製品版のアクティベーションコードを登録済みのルーターに、同じサービスの体験版アクティベーションコードを登録することができませんのでご注意ください。


販売店様へのご提案 ヤマハルーター1台でできる新しいセキュリティ提案で、ストックビジネス考えませんか?

既存のヤマハルーター提案にプラスするだけでできるセキュリティ提案

Trend Micro Web Security for Yamaha Router は、既存ヤマハルーター本体にプラスして、オプションライセンスをトレンドマイクロから購入するだけで、ルーターの機能の一部として危険なWebへのセキュリティ対策を強化することができます。日頃行っているヤマハルーターでのネットワーク提案に加えて、ヤマハルーターでできる新しいセキュリティ提案、してみませんか?

Trend Micro Web Security for Yamaha Router は、年次更新が必要なライセンス製品です。更新費用は、更新時の新規標準価格と同額(100%)になります。売り切りのハードウェア本体に加えて、毎年更新で得られる副収入が見込めます。
また、ルーターのユニット数に応じての課金体系のため、クライアント台数に依存せず、お客さまに提案される場合にもクライアント数の増加によるコストアップを懸念いただく必要がなく、提案もスムースです。

実際にご購入いただいたお客さまからの声をご紹介します。

小山記念病院 様
院内のWEB閲覧を安心・快適に

岩手中・高等学校 様
先端のICT教育のために

和同情報システム株式会社 様
水際の防御力を実感

せっかくの提案機会を見逃していませか?

お客様の環境で「どこから侵入されたか分からないウイルス感染が続く」という経験はありませんか?もしかしてそれはWeb閲覧しただけでウイルス感染したものかもしれません。トレンドマイクロの調査では、ウイルス感染の8割はWebからダウンロードされています。
また、大手企業では「セキュリティ対策の二重化、多重化は常識」になっていますが、中小企業ではPCのウイルス対策に頼り切りのところが多いのではないでしょうか。「もうウイルス対策はPCに入れたから追加提案なんてない」ではなく、最新の脅威に対抗できているか、常に現状を見直し、必要な改善提案をすることが大切です。

Web(HTTP)通信を悪用した攻撃も巧妙化しています。バックドア攻撃などにもHTTP通信が使われており、ブラウザ通信を模倣してることから、これまでのファイアウォールなどでの一般的なフィルタリングでは、こうした攻撃への対策ができなくなってきています。こうしたことからHTTP通信の監視を強化する、新しいフィルタ機能の必要性が出ているのです。
Trend Micro Web Security for Yamaha Router では、トレンドマイクロが提供するWebレピュテーションサービスをヤマハルーターに機能として搭載し、特別な機器を追加することなく、ヤマハルーター上で最新のセキュリティ対策機能がご利用いただける、新しいソリューションです。ぜひ、この機会にルーターと合わせた提案をご検討ください。

製品カタログ、チラシ、提案資料、セットアップガイドなど
さらに詳しい資料はこちらから

30日間無償体験キー配布中