Skip to content

Trend Micro Storage Security
for FUJITSU Storage ETERNUS DX S3 series

富士通ETERNUS DX S3 seriesのNASに保存された情報を守る

富士通ETERNUS DX S3 seriesのNASに保存された情報資源を、ウイルスやスパイウェアなどの不正プログラムから保護します。大容量のNASを効率よくリアルタイムにスキャンし、セキュリティ対策を施します。仮想環境上でスキャンサーバを運用することも可能です。

なお、本製品は富士通製品向けの専用ソフトウェアです。
富士通より、販売・サポートします。

富士通ETERNUS DX S3 seriesのNASに保存された大切な情報資源を、ウイルス、スパイウェア、トロイの木馬といった不正プログラムから保護します。

ストレージ上のデータをリアルタイムスキャンで守ります

統合されたストレージサーバのデータをスキャンすることで社内への多重感染を防ぎます。最新の脅威に対応したパターンファイルを利用しリアルタイムにスキャンすることで、高いセキュリティ対策を施すことができます。

富士通ETERNUS DX S3 seriesに最適化された効率的なセキュリティ対策

独自OSが動作するNASには、汎用セキュリティソフトをインストールすることができません。 ストレージにリモートから手動検索やスケジュール検索をすることは可能ですが、数TBもあるNASでは検索時間が1日以上かかることもあり、現実的な対策とはいえません。

Trend Micro Storage Security for ETERNUS DX S3 seriesは富士通ETERNUS DX S3 seriesと技術連携し、大容量ストレージサーバのファイルアクセスを効率よく処理し検索します。さらに必要に応じて複数のスキャンサーバを用意し、より高いパフォーマンスを実現できます。

仮想環境を用いたスキャンサーバの構築が可能

ファイルのアクセス数に応じて複数のスキャンサーバが必要になりますが、これらはVMware ESXやHyper-Vの仮想環境上で動作します。仮想環境を用いることで、ストレージの環境の変化に合わせ容易にスキャンサーバ数を増やすことができ、将来の拡張にも柔軟に対応することができます。

お問い合わせ・ご購入

このリンクをクリックすると、
富士通のWebに移動します。

ご検討に役立つ情報

このリンクをクリックすると、
富士通のWebに移動します。

ご利用中の方に

その他の関連情報


日本特有の脅威にも対応

トレンドマイクロが誇るウイルス解析・サポートセンター「TrendLabs」(トレンドラボ)。 世界から選びぬかれた専門家スタッフが、24時間365日体制でインターネットの脅威動向を常時監視、分析しています。 さらに、地域特有の攻撃等への迅速な対応を図るために「リージョナルトレンドラボ」を日本を含む各地に設置しています。 日本のリージョナルトレンドラボでは、日本特有の不正プログラムを収集・解析し、それらに対応する解決策を迅速に提供しています。

ETERNUS SFによるストレージとセキュリティの一元統合管理

富士通ETERNUS DX S3 seriesのストレージ基盤ソフトウェアであるETERNUS SF上で、Trend Micro Storage Security for ETERNUS DX S3 seriesの主要な機能の統合管理が可能です。
Webベースの管理画面から、設定・検索・ログの表示を簡単に実行することが可能です。
※Trend Micro Storage Security for ETERNUS DX S3 seriesの初期設定・プログラム及びパターンのアップデートの設定についてはTrend Micro Storage Security for ETERNUS DX S3 seriesのTUIから設定する必要があります

お問い合わせ・ご購入

このリンクをクリックすると、
富士通のWebに移動します。

ご検討に役立つ情報

このリンクをクリックすると、
富士通のWebに移動します。

ご利用中の方に

その他の関連情報


スキャンサーバによるリアルタイムなウイルススキャン

リアルタイムなスキャンを行い、ファイルをウイルスや不正プログラムから守ります。スキャンの流れを下記にご説明します。

【1:ファイルにアクセス】
クライアントが富士通ETERNUS DX S3 seriesシリーズ上のファイルにアクセスします。

【2:スキャンリクエスト】
ストレージはアクセスリクエストに直接答えず、該当するファイルのスキャンをスキャンサーバ(Trend Micro Storage Security for FUJITSU Storage ETERNUS DX S3 series)に要求し、検索するファイルのパスを提供します。

【3:スキャン結果】
要求されたファイルがウイルスに感染しているかどうかをチェックし、その結果をストレージに返します。

【4:アクセス可否】
ストレージは受け取ったスキャン結果を基に、該当するファイルへのアクセス可否の結果をクライアントに返します。

※Trend Micro Storage Security for ETERNUS DX S3 seriesと富士通ETERNUS DX S3 seriesの間ではファイルのデータや検索処理等のトラフィックが発生します。
また、このデータ量はファイルタイプによって異なりますが、1Gbps以上の帯域をご用意いただくことをお勧めします。

複数ストレージを同時に検索可能

1台のスキャンサーバから、複数の富士通ETERNUS DX S3 seriesを同時に検索することが可能です。
維持管理コストを抑制することができます。

自動アップデートで最新の対策を実現

検索エンジン、ウイルスパターンファイルを自動的にアップデートし、最新の状態を保ちます。

多種・亜種のウイルス、スパイウェアに対応

  • パターンファイルを使って、スパイウェア、ウイルス、およびファイルを検出、削除、および隔離します。
  • 圧縮ファイルの中からウイルス感染ファイル(既知マクロウイルス、変種/亜種)を発見します。
  • 多種類の圧縮/エンコード形式に対応しています。(※)

※ 検索エンジンのバージョンにより対応型式が異なります。

お問い合わせ・ご購入

このリンクをクリックすると、
富士通のWebに移動します。

ご検討に役立つ情報

このリンクをクリックすると、
富士通のWebに移動します。

ご利用中の方に

その他の関連情報


Trend Micro Storage Security
for FUJITSU Storage ETERNUS DX S3 series システム要件

対応ストレージ
  • FUJITUS Storage ETERNUS DX series
  • ETERNUS DX 100 S3
  • ETERNUS DX 200 S3
  • ETERNUS DX 500 S3
  • ETERNUS DX 600 S3
対応OS Red Hat Enterprise Linux 6 Servers x86_64 (6.0、6.1、6.2、6.3、6.4、6.5) および互換ディストリビューション
推奨システム要件
  • Intel Quad Core CPU 1.6GHz以上
  • 4GBのRAM
  • 使用可能メモリ容量が4GB以上の場合: 2GBのスワップ容量 使用可能メモリ容量が4GB未満の場合: 4GBのスワップ容量
  • 250GB以上のハードディスク空き容量
最小システム要件
  • Intel Pentium Dual-Core 1.6GHz
  • 1GBのRAM
  • 1GBのスワップ容量
  • 80GB以上のハードディスク空き容量
注意事項 インストール用に最小で500MBのディスク空き容量が必要です。
メッセージの量や設定により、必要なディスク空き容量は異なります。

システム要件に記載されているOSの種類やハードディスク容量などは、OSのサ ポート終了、弊社製品の改良などの理由により、予告なく変更される場合があります。
最新の情報については弊社の「最新版ダウンロード」サイトにある最新のReadmeをご参照ください。

お問い合わせ・ご購入

このリンクをクリックすると、
富士通のWebに移動します。

ご検討に役立つ情報

このリンクをクリックすると、
富士通のWebに移動します。

ご利用中の方に

その他の関連情報