Skip to content

Trend Micro Portable Security

オフライン端末向けウイルス検索・駆除ツール

Trend Micro Portable Securityオフライン端末向けウイルス検索・駆除ツール

USBメモリ型の検索ツールからウイルスの検索・駆除が可能なソリューションです。新たにソフトウエアをインストールできない環境やネットワークに接続できない環境に対して、最新のパターンファイルによるウイルスの検索・駆除を実現します。

 

こちらは、旧製品の情報を掲載しているサイトです。
新製品Trend Micro Portable Security 2 の情報は、下記をご確認ください。

Trend Micro Portable Security 2 製品ページ  

製品概要

Trend Micro Portable Security™はUSBメモリ型の検索ツールからウイルスの検索・駆除が可能なソリューションです。新たにソフトウエアをインストールできない環境やネットワークに接続できない環境に対して、最新のパターンファイルによるウイルスの検索・駆除を実現します。

見落としがちなウイルスの脅威

ウイルスの感染源はインターネットやメールだけと考えがちです。実際に主な感染経路になっているため、インターネットに接続されている環境に対しては適切なセキュリティ対策が立てられています。 その反面、オフライン環境(インターネットに接続されていない環境)に対しては、外部環境に接していないため、安全・安心であるという認識でいることが多いです。しかしながら、実際には様々な機器を通して、外部環境に接していることが分かります。

見落としがちなウイルスの脅威

オフライン環境におけるウイルス被害

ウイルス対策が施されていない環境におけるウイルス被害は深刻です。スタンドアロンで利用されている場合は、単体のコンピュータに対する被害に留まらず、USBメモリを通じた2次感染の温床になり、他のコンピュータに対する隠れた脅威となり続けます。さらにクローズドネットワークを構成している場合、ネットワークを通じて、全てのコンピュータが直接的にウイルスの被害を受けてしまう可能性があります。
出荷製品に対するウイルス感染による被害はさらに深刻です。自社の環境に対する影響だけでなく、お客様先の環境に与える被害により、社会的な信用を失いかねません。

 オフライン環境におけるウイルス被害

Trend Micro Portable Security™の特長

Trend Micro Portable Security™はUSBメモリ型の検索ツールからウイルスの検索・駆除が可能なソリューションです。そのため、USBインタフェースが搭載されている幅広い環境で、手軽にウイルスの検索・駆除を行うことができます。 今まで、インターネットに接続されていなかったためにウイルス対策を施すことができなかった環境に対して、最新のパターンファイルによるウイルスの検索・駆除が可能になります。

Point1 オフライン環境でのウィルスの検索・駆除 Point2 インストール不要 Point3 最新のパターンファイルで検索・駆除

※1 ウイルス検索時に、一時的に検索対象端末にドライバおよびローカルHDDにファイルを作成しますが、検索終了後、検索対象端末に当該ドライバおよびファイルは残りません(一時ファイルを保存しない設定も選択可能)。

価格表

製品名 ハードウェア
保証期間
購入形態
(最低購入本数)
標準価格(税別)
Trend Micro Portable Security 1年間 新規(5本より) 24,800円/本(※1)
追加(1本より) 24,800円/本(※1)
更新(5本より) 19,800円/本
Trend Micro Portable Security
3年版
3年間 新規(1本より) 74,400円/本(※2)
Trend Micro Portable Security
5年版
5年間 新規(1本より) 124,000円/本(※2)

※1 記載の標準価格は、1年間のスタンダードサポートサービス料金、ハードウェア保証を含むウイルス検索・駆除ツール1本あたりの使用許諾料金です。2年目以降、引き続きソフトウェアのサポートを希望される場合は1年ごとに契約の更新が必要です。
※2 記載の標準価格は、「ハードウェア保証期間」に記載された期間中のスタンダードサポートサービス料金、ハードウェア保証を含むウイルス検索・駆除ツール1本あたりの使用許諾料金です。Trend Micro Portable Security 3年版および5年版は契約を更新いただくことはできません。また、追加のライセンス購入も不可です。


オフライン環境におけるウイルス対策の課題

オフライン環境(インターネットに接続されていない環境)は以下の2種類に分類され、それぞれウイルス対策を施す上で、課題が存在しています。

 オフライン環境におけるウイルス対策の課題

Trend Micro Portable Security™を利用する利点

Trend Micro Portable Secuirty™は特長として、USBメモリ型のデバイス[検索ツール]から実行可能なため、新たにウイルス対策用ソフトウェアをインストールすることなく、ウイルスの検索・駆除ができる点が挙げられます。
また管理用コンピュータ(※1)から最新のパターンファイルを検索ツール内へアップデートすることにより、最新のウイルスによる脅威を取り除くことができます。

Trend Micro Portable Security™を利用する利点

※1 管理用コンピュータは最新のパターンファイルをダウンロードする必要があるため、インターネットに接続する必要があります。

利用方法

Trend Micro Portable Security™はシンプルなステップでウイルスの検索・駆除を行うことができます。
定期的な検索・駆除を行うことが大事です。その際に便利なログ管理機能も実装しています。

利用方法

活用事例

クローズドネットワーク環境にある医療事務用端末へのウイルス蔓延を防ぐ。

ある日、C病院の医療事務システムの動作が遅くなり、作業に支障をきたすようになった。最終的にシステムサーバのエラーが発生したため、調査したところ、ウイルス感染が判明し、その後ウイルス駆除とシステム復旧のために3日間の徹夜作業を強いられた。また、その間は医療事務システムが使用できなかったため、会計窓口で手作業による計算を行うことになり、患者さんにも迷惑をかけることとなった。

TMPSを使用すれば、このような病院のようなクローズドネットワーク環境にある端末も、最新のパターンファイルでウイルス検索を行い、ウイルスの蔓延を防ぐことができる。

クローズドネットワーク環境にある医療事務用端末へのウイルス蔓延を防ぐ。

社外へ持ち出したPCを正規ネットワークに繋げる前に安全性チェック

D社では、社員が海外などの出張先に持ち出したPCのウイルス感染に気付かないまま、出張から戻った際に会社のネットワークに接続してしまい、ウイルス感染を拡大させてしまった。特に海外出張などの際はパターンファイルのアップデートが行えないケースがあるため、このような事例が発生しがちである。

TMPSを使用し、持ち出したPCを会社のネットワークに接続する前にウイルス検索を行うことで、このような被害を防ぐことができる。

社外へ持ち出したPCを世紀ネットワークに繋げる前に安全性チェック

導入事例

医療

東海大学医学部付属病院

東海大学医学部付属病院- オフライン分析装置の保護に成功し
検査データの信頼性確保に貢献 -

 

概要:

検査機器の安定稼働と検査の信頼性を確保し、医療サービスの質を向上
現場職員が対策を行うことでオフライン端末にもリスクがあることを周知できた

お客様の課題 :

  • USBメモリを介して分析装置の制御端末がウイルス感染し、データロスが発生
  • 制御端末は他ソフトのインストールが不可のため、セキュリティ対策が困難

User’s Voice :

「24時間・365日稼働している検査機器の安定稼働と検査の信頼性を確保したことで、医療サービスの質の向上につながっています」

金沢大学附属病院

金沢大学附属病院- 閉域網のリスク、薬事法の制約などの課題を解決するため
ベンダーとの調整により院内のセキュリティレベル均質化を実現 -

  

概要:

院内の各種IT機器に対して局面ごとに最適なセキュリティ管理体制を実現した

お客様の課題 :

  • 医療現場で用いられる各種IT機器は、薬事法やベンダーの保証規定などにより、ウイルス対策ソフトのインストールができない。そのため、これらの条件に抵触しないセキュリティ対策の方法を模索していた
  • 各部門の個別システムから病院全体の医療情報システムへウイルスが飛び火するなど、病院システムを取り巻くリスクが多様化。医療サービスの継続、復旧コストの抑制といった病院経営の観点からも、ウイルス感染は未然に防ぐことが急務だった

User’s Voice :

「薬事法に抵触することなく対策が打てると判断しました」
「潜在的リスクが可視化でき、現場のセキュリティ意識向上に繋がったようです」

本事例の詳細は国立大学法人 金沢大学附属病院をご参照ください

公共

和歌山県庁様導入事例

和歌山県庁- 約600台のオフライン端末にTrend Micro Portable Security™を適用
セキュリティ対策の「穴」をふさぐ -

 

概要:

オフライン端末、クローズドネットワーク端末のウイルス感染をTrend Micro Portable Security™で駆除

お客様の課題 :

  • ウイルスパターンファイルをリアルタイムに適応するのが難しい
  • 検疫ネットワークの追加敷設コスト負担

User’s Voice :

「どんなに高度な仕組みを導入しても、たった1台、セキュリティが脆弱な端末があると、それがセキュリティホールになってしまう。当庁にとっては、それがオフライン・クローズドネットワーク端末だったのです。TMPSは、その穴を埋めるツールとして最適だと感じています」

本事例の詳細は和歌山県庁をご参照ください

教育

東久留米市教育委員会

東久留米市教育委員会- 盲点になりやすいオフライン端末を保護
例外の排除で学校内の安全性をさらに向上 -

 

概要:

栄養士が自ら簡単にウイルスチェックを実施でき、オフライン端末の安全性を確保
オフライン端末はチェック不要という“例外”の排除で強固なセキュリティを実現

お客様の課題 :

  • 給食の献立や食材を管理するオフライン端末のセキュリティ対策
  • デジカメやUSBメモリを介して給食管理用端末がウイルスに感染

User’s Voice :

「オフライン端末だからチェック不要という“例外” がなくなり、より強固なセキュリティ管理体制ができました」

本事例の詳細は東久留米市教育委員会をご参照ください


メーカー(製造業) におけるウイルス対策の課題

メーカー(製造業)における、出荷製品に対するウイルス対策には大きく分けて、製造工程における検品時に生じる課題と、保守の際に生じる課題があります。

メーカー(製造業) におけるウイルス対策の課題

Trend Micro Portable Security™を利用する利点

Trend Micro Portable Secuirty™はインストール、アンインストールの作業を必要とすることなく、ウイルスの検索・駆除を行うことができます。検索ツール[USBメモリ型]は携帯性に優れているため、お客様先で問題が発生した際に、機材や納品物を引き取ることなく、お客様先にてウイルスの検索・駆除が可能です。
また、ウイルストラブルの責任の所在についても、納品前のウイルス検索・駆除実績を証明するログ管理機能により、責任分界点を明確にすることが可能となります。

Trend Micro Portable Security™を利用する利点

利用方法

検索・駆除

Trend Micro Portable Security™はシンプルなステップでウイルスの検索・駆除を行うことができます。

Trend Micro Portable SecurityTMはシンプルなステップでウイルスの検索・駆除を行うことができます。

ログの管理

Trend Micro Portable Security™は自動的にログを生成し、簡単な操作で収集することが可能です。

Trend Micro Portable SecurityTMは自動的にログを生成し、簡単な操作で収集することが可能です。

活用事例

ウイルス混入製品の出荷を防ぐ

パソコン製品メーカーA社は、製造を別会社の工場に委託している。委託先の工場では出荷前検査として、完成した製品に対して、工場内の検査専用端末を使って動作確認などを行っている。
先日、その検査用端末に新しいソフトをインストールするためにUSBメモリを使用した際にウイルス感染が起こり、その端末で検査した製品すべてにウイルスが混入し、出荷されるという事故が発生してしまった。出荷された製品にとどまらず、製品を購入した顧客のPCにも感染が拡大し、A社は製品の回収・無償交換などの対応に追われた。

TMPSを使用すれば、生産ラインを動かす前に検査用端末のウイルス検索を行うことで、製造している製品へのウイルス混入を防ぐことが可能である。

ウイルス混入製品の出荷を防ぐ

自社が出荷している製品のウイルス感染がないことをログに残す

B社は生産ラインの出荷前検査を行う専用端末を生産している。
先日、製造した専用端末の納品先工場で、ウイルス混入製品の出荷が事件となり、B社が専用端末をメンテナンスした際、ウイルスに感染したのではないかと疑われてしまった。

TMPSにはウイルス検索・駆除のログ取得・管理機能が備わっているため、メンテナンス時にウイルス検索を行っておけば、その際のログを証拠として提示することによって、このような疑いを晴らすことができる。

自社が出荷している製品のウイルス感染がないことをログに残す

導入事例

日機装株式会社様導入事例

NIKKISO- 出荷前にウイルス検索を実施 メーカーとしての責任を果たす -

   

 

概要:

 

出荷前にTrend Micro Portable Security™でウイルスを駆除

 

お客様の課題 :

 

  • 出荷製品に対するウイルスの検索・駆除
  • オフライン環境に対する最新のパターンファイルによるウイルスの検索・駆除

 

User’s Voice :

 

「クローズドネットワーク上のオフライン端末は、セキュリティ対策ソフトをインストールしてもウイルスパターンファイルの更新が困難です。しかし、TMPSはオンラインの管理用端末でパターンファイルを更新し、端末に差し込めば、最新のパターンファイルに基づいた検索・駆除を行える。その点が私たちのシステムに最適だと判断しました」

株式会社 堀場製作所

株式会社 堀場製作所- TMPSで徹底した品質チェックを実施
世界中の顧客からの信頼に応える -

  

 

概要:

 

TMPSを製品の出荷前チェックに活用。自社製品の信頼性を向上
USBメモリ型のツールを差すだけで簡単に製品のウイルス検索が可能に/p>

 

お客様の課題 :

 

  • 分析・計測器のウイルス感染は結果に異常をもたらすリスク
  • 製品の出荷前ウイルスチェックはHDDを取り外すなどの手間が膨大

 

User’s Voice :

 

「出荷する製品の品質問題は、私たちだけでなく業界全体の課題。私たちの要望や意見が反映されたTMPSを通じて、社会に貢献できることを非常にうれしく思います」

株式会社 堀場製作所の導入事例詳細はこちら

日本電子株式会社様導入事例

JEOL 日本電子株式会社- ウイルス駆除作業を現地で完結
フィールドサービスを格段に効率化 -

  

 

概要:

 

Trend Micro Portable Security™でウイルス感染した機器のサポート業務の負荷を軽減

 

お客様の課題 :

 

  • サポート業務の負荷が高い
  • ウイルス対策プログラムをインストールすると、干渉リスクなどから100%の稼働保証ができなくなる

 

User’s Voice :

 

「ウイルス感染発覚時のサポート業務を効率化してくれるだけでなく、検索・駆除のログをエビデンスとしてお客様に提出できる点もサポート業務に最適です」

横河フィールドエンジニアリングサービス株式会社

横河フィールドエンジニアリングサービス株式会社- 万全のサポートサービスを実現し
製造現場に大きな安心感を提供 -

  

 

概要:

 

ウイルス対策専門のサポートサービスを実施。顧客に安全・安心を提供
インストールせずにウイルス検索・駆除を行えるため製造現場の特殊事情にも対応可能

 

お客様の課題 :

 

  • 製造現場のウイルス感染が急増。製品品質への影響、膨大な損失が問題に
  • パフォーマンス重視、製造ラインは止められないなど、製造現場には特殊な事情が多い

 

User’s Voice :

 

「製造現場で、稼働中のマシンにUSBメモリ型のツールを差し込むだけ。簡単な手順で、随時、ウイルスの検索・駆除が行える点を評価しました」


今まであきらめていたオフライン環境にある端末へのウイルス対策を可能に

管理プログラム

管理プログラムは検索ツール[USBメモリ型]内に格納されており、インターネット接続可能なコンピュータにインストールして使用します。
パターンファイルや検索エンジンなどのアップデート、ウイルス検索の設定や検索ツールとの同期、ログデータのインポートや管理などを行います。
ウイルス検索の設定やログデータのインポートは複数の検索ツールに対してまとめて管理できます。

アップデート/契約更新

[概要]画面では、パターンファイルや検索エンジンなどのアップデート、アクティベーションコードの変更、有効期限の確認ができます。

Trend Micro Portable Securityスクリーンショット

検索ツール情報/同期

[検索ツール]画面では、設定した内容の検索ツールへの反映、検索ツール名の変更、ログデータのインポートができます。

Trend Micro Portable Securityスクリーンショット

検索ツール設定

[設定]画面では、検索対象端末に検索ツールを接続した際にどのようにウイルス検索を行うかを設定できます。

  • 検索モード
    「マネージド」 もしくは「カスタム」
  • 検出時の処理
    「ログに記録のみ」「手動で処理を選択」もしくは「トレンドマイクロの推奨処理を使用」
  • 検索ツールの設定変更
    「一時ファイルを保存せずに検索」「管理者として検索」

Trend Micro Portable Securityスクリーンショット

検索対象設定

[対象] 画面では、検索ツールによる検索対象フォルダを設定できます。

  • フォルダの指定
    「初期設定のフォルダ」「すべてのフォルダ」もしくは「特定のフォルダ(複数選択可)」
  • リムーバブルドライブに関する設定
    「リムーバブルドライブを検索対象に含める」

Trend Micro Portable Securityスクリーンショット

ログデータ管理

[ログ]画面では、検索ツールからインポートしたログデータの確認、削除、エクスポートができます。
ログの確認画面では、検索日時/検索ツール名/パターンファイルのバージョン/検索エンジンのバージョン/検索結果と検出したウイルスなどが表示されます。

Trend Micro Portable Securityスクリーンショット


検索ツール[USBメモリ型]の機能

接続した端末のウイルス検索を行い、ウイルスが検出された場合は、駆除・隔離・放置などの処理を行います。検索結果は検索ツールにログデータとして保存されます。

ウイルス検索

検索ツールを検索対象端末に接続し、ウイルス検索をします。検索ツールの利用には管理者権限が必要ですが、管理プログラムに管理者権限を持つアカウント情報を登録し、検索ツールに反映することで、ユーザ権限でログオンしている場合でも検索が可能です。

Trend Micro Portable Securityスクリーンショット

ウイルス検索の結果確認

ウイルス検索が完了したら、ウイルスが検出されていないかを確認できます。
右の画像は、ウイルスが検出されたときの例です。

Trend Micro Portable Securityスクリーンショット


Trend Micro Portable Security™を導入していただくことによって、インターネットに接続していないオフライン環境に対する効果的なウイルスチェックが実現できます。
実際にTrend Micro Portable Security™を利用して効果的なウイルスチェックを実現しているお客様をご紹介します。

お客様(五十音順) 概要 利用用途

ウシオ電機株式会社様

ウシオ電機株式会社様

光応用製品事業ならびに産業機械およびその他事業 工場内オフライン端末のウイルスチェック(海外含む)

金沢大学付属病院様

金沢大学付属病院様

内科、外科、小児科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、産科婦人科、放射線科など31診療科による総合的な医療サービスを提供。大学と連携した研究・教育活動も展開し、次代を担う優れた医療人の育成に努める。

オフライン端末のウイルスチェック

株式会社 小松製作所様

株式会社 小松製作所様

建設・鉱山機械、ユーティリティ(小型機械)、林業機械、 産業機械などの製造・販売 オフライン端末のウイルスチェック

株式会社 堀場製作所様

株式会社 堀場製作所様

自動車計測機器、科学計測機器、環境・プロセス計測機器、医用計測機器、半導体計測機器などの製造・販売。分析・計測機器の提供を通じ、世界中の環境保全、安全・健康、エネルギー問題の改善などに貢献する。

出荷前検査

東海大学医学部付属病院様

東海大学医学部付属病院様

特定機能病院として、また地域の中核病院として、近隣の医療施設と緊密な機能連携を図り、最先端医療の提供に努める。また高度救命救急センターを併設し、ドクターヘリの運用などで神奈川県下の救急医療ニーズにも迅速に対応している。

オフライン端末のウイルスチェック

日機装株式会社様

日機装株式会社様

高い技術力を誇る精密機器メーカー。人工腎臓、人工膵臓などの医療機器、超耐熱・超精密・極低温用の特殊ポンプや、火力・原子力発電所向け水質調整システム、高圧等方圧プレス装置、粉粒体計測器などを製造。また、航空機の逆噴射エアーを制御する「カスケード」などでも高いシェアを誇る。

出荷前検査

日本電子株式会社様

日本電子株式会社様

電子光学機器、分析機器などの理科学機器と、計測検査機器、半導体関連機器、医用機器などの産業機器を設計、製造、販売、保守する精密機器メーカー。高い技術力で、様々な機器を次々に開発し、市場に投入している。

保守・サポート時のウイルスチェック

日本発条株式会社様

日本発条株式会社様

懸架ばね、自動車用シート、精密ばね、HDD用サスペンション、HDD用機構部品、産業機器(ろう付製品、セラミック製品、配管支持装置、ポリウレタン製品、金属ベースプリント配線板、駐車装置)、セキュリティ製品の製造販売

オフライン端末のウイルスチェック

東久留米市教育委員会様

東久留米市教育委員会様

日本国憲法および教育基本法の精神にのっとり、児童・生徒が人間性豊かに成長することを願うとともに、すべての市民がよりよく生きるための力を身につけ、生涯を通じて学び、支え合うことができる地域社会の実現を目指している。

オフライン端末のウイルスチェック

横河フィールドエンジニアリングサービス様

横河フィールドエンジニアリングサービス様

工場やプラントに設置された計測・制御機器など、計装設備の効率的な稼働を支えるきめ細かなフィールドサービスをはじめ、電気計装工事や半導体総合サービスなど、持ち前の高度な技術力とノウハウに基づき、各産業分野の製造現場を支える信頼の保守・保全サービスを提供している。

保守・サポート時のウイルスチェック

和歌山県庁様

和歌山県庁様

県内の人口は99万9834人(2010年8月1日現在、推計)。豊かな自然に恵まれ、みかんや梅、柿など全国有数の出荷量を誇る農産物も多い。また、2004年に世界遺産に登録された紀伊山地の霊場と参詣道など歴史的な価値のある観光資源も豊富。現在、2015年の和歌山国体を控え、県庁と県民が一体となった準備活動を進めている。

オフライン端末のウイルスチェック

 


Trend Micro Portable Security 1.5 システム要件

(上記表内のURL表記はリンクとなっておりません)

システム要件のダウンロード(Trend Micro Portable Security 1.5)(PDF:469KB)    


Trend Micro Portable Security™が提案する新しいセキュリティ

Trend Micro Portable Secuirty™はオフライン環境(インターネットに接続されていない環境)やウイルス対策用ソフトウェアをインストールすることができない環境に対して最適な、新しいコンセプトのアンチウイルス製品です。
USBメモリ型の検索ツールからウイルスの検索・駆除を行うという特長があり、シンプルな導入ステップと利用方法から、すぐに実運用を開始することができます。

こんなお客様にご提案ください

Trend Micro Portable Secuirty™は日頃、お客様も見落としがちな、オフライン環境(インターネットに接続されていない環境)に適したソリューションです。
お客様は大きく分けて、オフライン環境を持つユーザ、組込システムなどソフトウェアをインストールできない環境を持つユーザと、組み込み系のシステム、製品を出荷するメーカーに分かれます。製造業が多い日本では、実は様々なところに存在している提案機会。是非、この機会にご提案ください。

こんなお客様にご提案ください

提案のポイント

ユーザ様の「オフライン端末はウイルスに対して安全」という認識を変えることが何よりも大事です。実際に、USBワームによる感染は減る傾向になく、ウイルスは無防備な環境に対して猛威を振るい続けています。このような認識をお客様に持っていただくことで、製品の訴求力が増します。
また、Trend Micro Portable Security™はお客様によって、ご利用いただく機能が異なる点が大きな特長です。オフライン環境のユーザ様には最新のパターンファイルでの検索・駆除機能、メーカー様に対してはインストール・アンインストール不要など、お客様の課題に沿ってご提案いただくことができます。

提案のポイント

 

導入ステップ

Trend Micro Portable Secuirty™は迅速な導入が可能なソリューションです。ユーザ様にとって必要な台数を決定後、すぐにでも実運用を開始することができます。
また、簡単に台数を増やすことができますので、スモールスタートで運用を開始することも可能です。

1.検証機にてユーザ環境への適合性検証(必要に応じて) 2.運用設計に基づき、必要なTMPSの台数を決定 3.管理ツールのインストール(インストーラーから実行) 4.実運用開始