Skip to content

Trend Micro Hosted Email Security™

クラウド型Emailゲートウェイセキュリティサービス

Trend Micro Hosted Email Security(以下、HES)はSaaS型メールセキュリティサービスです。トレンドマイクロのクラウドサービスで提供しており、継続的に更新される各種対策や機能を利用できます。メールに起因して進入する不正プログラムやスパムメール、フィッシング詐欺への対策が可能です。

本製品に関するお知らせ

HESは、メールに起因して進入する不正プログラムやスパムメール、フィッシング詐欺対策を実現します。さらに標的型メールやランサムウェアなどの新たな脅威は、クラウドサンドボックス機能により発見し対処できます。

HESの導入メリット

クラウド型サービスで初期投資費用削減

お客さま側で管理サーバを構築する必要がなく、導入時の初期投資や構築に関わる時間を抑えることができます(※)。
※ お客さまには、DNSサーバのMXレコードを変更していただく必要がございます。

最新鋭のクラウドサンドボックス

お客さまのメールボックスがオンプレミスの場合やクラウドサービスを利用されている場合(Microsoft Office 365やGoogle Apps)でも、最新鋭のクラウドサンドボックスや検索 技術を使った対策が可能です。

ランサムウェア対策機能搭載

ランサムウェアや標的型メールを検知しブロックする対策機能を備えたクラウド型セキュリティサービスです。


また、トレンドマイクロがクラウド型サービスとして提供するためユーザ企業にて管理サーバを構築する必要がなく、導入時の初期投資や構築に関わる時間を抑えることができます。

HESのサービス概要

  • ①クラウドサンドボックス機能により社外からのランサムウェアや標的型メール攻撃を解析しブロック
  • ②トレンドマイクロが運営するクラウドサービスにより、セキュリティ管理のインフラが不要

※1 MSPは、マネージドサービスプロバイダーの略
※2 監視サービスは、販売店からの提供となります。販売店にご確認お願いします


ランサムウェア(身代金要求型ウイルス)の対応

最新のコアテクノロジーによりランサムウェアを拡散するマルウェアスパムを検知・ブロックすることで、ランサムウェア被害のリスクを抑えることができます。

対策 機能
入口対策 マルウェアスパムの検知 HESに実装したSPN(※1)のE-mailレピュテーション、Webレピュテーション、ファイルレピュテーション機能を利用し、マルウェアスパムをブロック
ATSE(※2)機能とクラウドサンドボックス機能を使った未知の脅威(※3)となるランサムウェアの侵入リスクを検知・ブロック

※1 SPN(Trend Micro Smart Protection Network)は、迅速に脅威を特定しアーカイブする、世界規模のクラウド型セキュリティインフラです。
※2 ATSE(Advanced Threat Scan Engine)は、文字通り、標的型攻撃に最適化された次世代ファイル解析エンジン。攻撃コードの特徴分析により、既 存の不正プログラムはもちろん未知の脅威(※3)も検出します。また、文書脆弱性攻撃コード検出にも対応。文書ファイルにコード化(バイナリ)して埋め 込まれた不正コードも検出することができます。
※3 すべての未知の脅威に対応するものではありません。

ランサムウェアの検出状況の可視化

ランサムウェアの検出状況を管理画面にて可視化する機能を搭載しています。ランサムウェアの感染、検出状況を知ることで、効果的な対策を行うことが可能となります。

コアテクノロジー

独自のエンジン群やクラウド型セキュリティインフラで、最新の攻撃、そして国内特有の脅威に対応します。

クラウドサンドボックス

トレンドマイクロの「クラウドサンドボックス」は、ソフ トウェアなどの実行環境をクラウド上でエミュレー ション(仮想実行)することによって、これまで検知できなかった未知の脅威を、検知・駆除することが可能になります。

 

次世代ファイル解析(ATSE)

ATSE(Advanced Threat Scan Engine)は、 攻撃コードの特徴分析により、既存の不正プログラムは もちろん未知の脅威(※)も検出します。また、文書脆弱性攻撃コード検出にも対応。文書ファイルにコー ド化(バイナリ)して埋め込まれた不正コードも検出することができます。
※全ての未知の脅威に対応するものではありません。

 

 

SPNとWebレピュテーション

SPN(Trend Micro Smart Protection Network)は、迅速に脅威を収集し分析する、 世界規模のクラウド型セキュリティインフラです。 1日50万の新しい脅威の登録、2.5億の脅威を ブロックしています(※1)。未知の脅威(※2)も 自動判定により約15分で反映されます。Webレピュ テーションは、このSPNを利用してWebサイトの安全性を判定。危険なアクセスを未然にブロックし、潜在的な脅威を可視化します。
※1 2014年5月 トレンドマイクロ調べ。
※2 全ての未知の脅威に対応するものではありません。

 

オンプレミス・クラウド双方のメールサーバに対応

オンプレミスととクラウド双方のメールサーバに対応しているため、幅広い環境で利用可能です。


管理者は、検出されたウイルスやその他の不正プログラムを受信メッセージから除去するルールを設定して侵入するのを防ぐことができます。検出されたスパムメールやその他の不適切なメッセージは隔離しておき、その後、隔離されたメッセージを解放するか削除するかをメッセージ受信者または管理者が選択できます。

ウイルス・スパムメール・フィッシングメール対策

ウイルス検索等ルールを組み合わせ、送信メール、受信メールに対してセキュリティリスクの検知/処理の設定が行えます。

グレーメール対策

企業のポリシーによって判断が分かれるグレーゾーンのメールを検出します。例えば、マーケティングメールなど。

高度な脅威検索(ATSE)

パターンベースの検索とヒューリスティックな検索を組み合わせて、標的型メール攻撃で使用されるドキュメントの攻撃コードやその他の脅威を検出し、必要に応じてクラウドサンドボックスへ送ります。

クラウドサンドボックス

ATSEで検知した不審なメールの添付ファイルを必要に応じてトレンドマイクロが管理するクラウド上のサンドボックスで実行し、ふるまいを解析できる動的解析機能を提供。標的型メール攻撃への対応をより高度に行うことが可能です。

ソーシャルエンジニアリング攻撃対策

ソーシャルエンジニアリング攻撃対策を有効にすると、スパムメール検索エンジンによって、メールが送受信されるたびにメールの各部分(メールヘッダ、件名、本文、添付ファイル、およびSMTPプロトコル情報など)で疑わしい動作が検索されます。

コンテンツフィルタ

事前に設定されたルールが用意されており、キーワード、用語集、添付ファイルの特性、およびその他のフィルタルールに基づいて、メールメッセージと添付ファイルをフィルタできます。管理者は、初期設定のルールを変更したり、新しいルールを作成したりできます。

エンドユーザ隔離(EUQ)

EUQコンソールを利用することで、各エンドユーザは、隔離されたスパムメールの処理(再配信/削除)および個別の承認済み送信者リストへの追加の実施が可能です。

EUQコンソール


<資 料>

TrendMicroHostedEmailSecurity送信メールの不正利用ポリシー(PDF:206.0KB)

<サービスご利用上のご注意>

お客様がメール配信代行を業務内容に含む場合は、当該業務に本サービスはご利用できませんのでご注意下さい。


Trend Micro Hosted Email Securityは以下のパートナーからご購入いただけます。

サービス提供パートナー一覧

ソフトバンク コマース&サービス株式会社 取り扱いあり
ダイワボウ情報システム株式会社 取り扱いあり
日本事務器株式会社 取り扱いあり(サービス詳細