Skip to content

Trend Micro Email Reputation Services™

メールサーバ物理環境を変えず、スパムメール対策を簡単導入

現在お使いのメールサーバに、E-mailレピュテーションのデーターベース参照設定を追加いただくだけで、複数のスパムメール対策を組み合わせて運用できます。ゾンビPCやボットネットなど新情報を登録したデータベースも利用できるので、信頼性の高い防御が可能になります。

本製品に関するお知らせ

ネットワーク層での動的なスパムメール防御。送信元のIPアドレスを元にスパムメールをブロックし、メールサーバの負荷を軽減

Trend Micro Email Reputation Services (旧称:Trend Micro Network Anti-Spam Service(※))は強力なネットワーク層のスパムメール防御サービスで、静的なアドレスを対象としたデータベースに加えてリアルタイムデータベース を使ったスパムメールブロック機能を持っています。つまり、スパムメール活動に基づく評価点が格納された大規模な評価データベースに加えて、ゾンビPCや ボットネットなどの新しい発信元を登録したデータベースを使用できるわけです。更新情報はただちにデータベースに反映されるため、信頼性の高い防御が可能 になります。

※  ERSのご利用にはネットワーク、DNSBLの知識を持った管理者様による運用管理が必要です。

主な機能

  • リアルタイムのスパムメール防御サービス
  • ゾンビPCおよびボットネットの特定
  • 高い信頼性を誇るデータベース
  • 複合型脅威からの攻撃に対する防御
  • ゲートウェイの負荷を大幅に低減
  • Mail Transfer Agentとの統合および既存のゲートウェイセキュリティのサポート
  • 管理用Webポータル

リアルタイムのスパムメール防御サービス

Trend Micro Email Reputation Servicesはリアルタイムブラックリストを保持し、スパムメールが企業に到達する前に、IP接続のレベルでメールをブロックします。これは、スパムメールがネットワークに侵入してから管理するアプリケーションベースのソリューションに比べて優れた点です。

ゾンビPCおよびボットネットの特定

リアルタイムのスパムメール対策技術では、ヒューリスティックや複雑なアルゴリズムにリアルタイムの監視を組み合わせることで、疑わしい動作を特定して新たなスパムメールの発信元をブロックします。これによって追跡が困難なゾンビPCやボットネットも特定できます。ブラックリストはリアルタイムで更新され、発信元がスパムメールを送り続ける限り送信をブロックします。

高い信頼性を誇るデータベース

正確さと信頼性を維持するために、Trend Micro Threat Prevention Networkでは評価点数の監視および維持を慎重に行っています。この結果として、スパムメールを送信することのないIPが登録されることはほとんどありません。このような高いレベルのサービスは、無償のブラックリストサービスなどでは提供されません。無償のブラックリストでは、情報が古く信頼性に欠けることが多いためです。

複合型脅威からの攻撃に対する防御

このサービスではスパムメールを防御することによって、スパミングの手口を使って増殖するウイルス、スパイウェア、およびその他の不正プログラムから企業ネットワークを保護します。また、クレジットカードの番号やその他の機密データを盗むように設計されたフィッシングと同類のメールもブロックします。さらに、リソースを消費してスパムメールを増殖させる原因となる、ディレクトリハーベスト攻撃からも防御します。

ゲートウェイの負荷を大幅に低減

Trend Micro Email Reputation Servicesは、スパムメールが企業ネットワークに達する前に、最大で80%のスパムメールをブロックできるため、迷惑メールに貴重な時間を浪費せずに済み、また回線を流れる情報を停滞させたり、システムリソースを占有したりすることが低減できます。さらに、サービスの導入には追加のハードウェアやソフトウェアが不要なため、容易に拡張することができます。

Mail Transfer Agentとの統合および既存のゲートウェイセキュリティのサポート

このサービスは、Postfix、qmail、Sendmailなどの代表的なMail Transfer Agentにおいて、簡単な設定を施すことで使用できます。企業におけるスパムメール対策ソリューションを理想的に補完するもので、最初の防御層としてサービスを使用することで、メッセージングゲートウェイでの高いパフォーマンスのスパムメール防御を利用できるようになります。


Trend Micro Email Reputation Services システム要件

Microsoft Windows、Linux、またはSun Solaris
※ このサービスは、直接外部のメールサーバから接続を受けるサーバでのみご利用できます。
(ご利用いただくサーバが、接続元メールサーバのIPアドレスを知ることができる必要があります)
Trend Micro Email Reputation Servicesは以下のメールサーバで使用できることを確認しています。本サービスは弊社にて対応を確認しているメールサーバでご利用ください。

アドバンスドレピュテーションが利用可能なMTA

アドバンスドレピュテーションでは静的なアドレスを対象としたデータベース(スタンダードレピュテーション)に加えてリアルタイムデータベースを利用でき、既知のスパムメール送信元のみでなく、リアルタイムに変化するスパムメール送信元にも追随して対応できます。

Important Note
Bizanga IMP
Cisco ASA Firewall with CSC-SSM
exim Internet Mailer
IronPort
NetIQ MailMarshal
Openwave Edge GX
OmniTI Ecelerity
Postfix
qmail
Secure Computing Sidewinder
Sendmail™
Sun ONE Messaging Server
Trend Micro InterScan Gateway Security Appliance
Trend Micro InterScan Messaging Security Appliance
Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 7.0
Trend Micro InterScan Messaging Security Suite 5.18 Windows版(要SP1以降)
Trend Micro InterScan VirusWall 6.02
Trend Micro Spam Prevention Solution
Tumbleweed MailGate
ZixCorp Message Inspector

スタンダードレピュテーションのみ利用可能なMTA

スタンダードレピュテーションでは静的なアドレスを対象としたデータベースで既知のスパムメール送信元に対応します。

4th Dimension WebSTAR V
Aladdin eSafe
Alt-N Mdaemon
Borderware MXtreme
Clearswift MailSweeper
CMS Praetor
Critical Path Memova Anti Abuse
Deerfield VisNetic Mail Server
Eudora Internet Mail Server
Fortinet Fortigate
Foundry
Gordano Messaging Server
GWAVA
Ipswitch IMail Server
Kerio Mail Server
Lotus Domino
Macintosh OS X Mail Server
Mailfrontier Gateway
McAfee™ WebShield e250, e500
Microsoft Exchange Server 2003
Microsoft Exchange 2007
Mirapoint
Proofpoint Protection Server
SonicWALL
SpamAssassin
SurfControl Email Filter
Sybari Antigen
Symantec AntiVirus for SMTP Gateways
Symantec Firewall
Symantec Mail Security
Watchguard SpamScreen
XWall

記載内容は2014年2月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

システム要件のダウンロード(Trend Micro Email Reputation Services)(PDF:295KB)