Skip to content

ServerProtect™ for Linux

Linux環境のウィルス対策をリアルタイムに実施

ServerProtect™ for Linux

多種多様な脅威からお客様のビジネス基盤を守るLinux セキュリティ対策。Windows環境を狙ったウイルスやスパイウェアもリアルタイムに検出し、他のサーバやクライアントへの被害拡大を防止します。Webベースの管理コンソールで、きめ細かい設定や詳細なログなどを参照できます。

本製品に関するお知らせ

多種多様な脅威からお客様のビジネス基盤を守る、リアルタイムLinuxセキュリティ対策。

多種多様な脅威からお客様のビジネス基盤を守り続ける Linux セキュリティ対策。Linuxの脅威だけでなく、Webサーバやファイルサーバなどとして使われるLinuxマシンがWindows などのクライアントへ脅威を広げないようにウイルスやスパイウェアをリアルタイムに検出し、クライアントPCからの感染やサーバからクライアントPCへの被害拡大を防止します。また、webベースの管理コンソールで、設定や詳細なログなどを参照したり、Trend Micro Control Managerとの統合的な連携で徹底的かつ効率的な運用を実現します。


Linux をターゲットにしたウイルスだけでなく Windows への脅威を感染させる温床とならないように Linux にもウイルス対策が重要

今日、様々な脅威が存在しセキュリティ対策を複雑なものにしています。また、サーバの基盤として物理環境だけでなく仮想環境も広く利用される状況になってきています。その中で一概にサーバに対するセキュリティ対策といっても、利用用途によってさまざまな対策をする必要があります。

Windows クライアントに対する多種多様なウイルスを媒介し感染や攻撃をしないように、Webサーバやファイルサーバ自体に対してのウイルス対策は、Linux サーバといえども必要です。また、それだけではなく Web サーバやアプリケーションサーバについては OS やアプリケーションの脆弱性をついた攻撃や Web コンテンツの改竄から脅威を広げる事案も多数起こっており、脆弱性の管理やコンテンツの変更の検知などの対策も必要となっています。

トレンドマイクロではウイルス対策は ServerProtect for Linux、OS やアプリケーションの脆弱性対策、ファイアウォール、変更検知やログ監視などは Trend Micro Deep Security と必要に応じて適切な対策ができるようなラインアップを提供しています。

Linuxのウイルス対策を実施すると リアルタイムにウイルス、スパイウェアを検出、駆除、隔離

さまざまなOSの混在する環境で徹底したウイルス対策と効率のよい運用を実施

クライアントやサーバ、さらにはその OS が Windows や Linux と管理者がセキュリティ対策に追われる対象はさまざまに存在します。状況の把握、問題解決、レポートの作成などをすべき管理者は、個々に対応するのでは非常に手間がかかるばかりか、徹底したセキュリティ対策を適応し続けることさえ困難になります。

トレンドマイクロでは、このようなOSの混合環境におけるウイルス対策製品、さらにはメールや Web のゲートウェイセキュリティ対策製品を一元的に管理できる Trend Micro Control Manager を提供しています。この統合管理ツールを使うと、セキュリティ対策状況やインシデントを包括的に把握し、パターンファイルを一元的に配信、ライセンス期限をまとめて管理できるなど一定のセキュリティレベルを守り、統制のとられたセキュリティ運用を実現できます。

ウイルス対策のなされていない Linux のサーバやワークステーションがあれば、ほかの Windows や Mac OS の機器とともにまとめてトレンドマイクロ製品で効率のよい、徹底したウイルス対策を実現できます。

Trend Micro Control Managerについて詳しくはこちら

Trend Micro Control Manager トレンドマイクロ製品を一元的に管理

サーバーの様々なセキュリティの課題に対して包括的に対策

今日、様々な脅威が存在しセキュリティ対策を複雑なものにしています。また、サーバの基盤として物理環境だけでなく仮想環境も広く利用される状況になってきています。その中で一概にサーバに対するセキュリティ対策といっても、利用用途によってさまざまな対策をする必要があります。

Webサーバやファイルサーバ自体に対してのウイルス対策は Windows クライアントに対する多種多様なウイルスを媒介し感染や攻撃をしないように Linux サーバといえども必要です。また、それだけではなく Web サーバやアプリケーションサーバについては OS やアプリケーションの脆弱性をついた攻撃や Web コンテンツの改竄から脅威を広げる事案も多数起こっており、脆弱性の管理やコンテンツの変更の検知などの対策も必要となっています。

トレンドマイクロではウイルス対策は ServerProtect for Linux、OS やアプリケーションの脆弱性対策、ファイアーウォール、変更検知やログ監視などは Deep Security と必要に応じて適切な対策ができるようなラインアップを提供しています。

お問い合わせ・ご購入

ご検討に役立つ情報

関連製品・サービス

ご利用中の方に

その他の関連情報


幅広い Linux ディストリビューションをサポート 強化

Red Hat Enterprise Linux や SUSE Linux Enterpriseの各バージョンをはじめ、CentOS や Asianux など幅広いディストリビューションをサポートしています。また VMware ESX 上などの仮想マシンもサポートしています。

redhat. SuSe CentOS Asianux

リアルタイムにウイルス対策

カーネルフッキングモジュール(※)と呼ばれるモジュールを利用し、カーネルレベルでファイルの書き込みや読み出しなどを監視しリアルタイムにウイルス対策を実施することが可能です。それ以外にも手動検索や予約検索などを使い、管理者の望むタイミングで検索を実行することもできます。

※ ご利用のカーネルのバージョンに対応したモジュールが必要となります。

KHM対応状況について

Webベースの管理コンソール

Webブラウザを使用して、ウイルスチェックの実行、各種設定、ログの表示などのすべての作業が簡単にできます。複数の管理者がWebブラウザを通じて遠隔地からアクセスすることが可能です。 また、あわせてコマンドラインのインタフェースも実装しており、スクリプトによる各種の実行も可能です。

集中管理とレポート機能

ウイルス検出や各種イベントを管理者へメールやSNMPトラップにより通知したり、コンポーネントやパターンファイルの自動アップデート、攻撃の情報、ポリシー配信、パターンファイルや検索エンジンの配信などのログの参照などで効果的なウイルス対策と管理業務の軽減を実現します。

また、トレンドマイクロ製品の集中管理ツールTrend Micro Control Managerとシームレスに連携し、複数台の ServerProtect for Linux を効率的に管理することが可能です。

Trend Micro Control Managerについて

お問い合わせ・ご購入

ご検討に役立つ情報

関連製品・サービス

ご利用中の方に

その他の関連情報


リアルタイム検索機能の動作に関する注意

お使いのOSに適切なカーネルフックモジュール(以下、KHM)がインストールされていない場合、リアルタイム検索が無効になります。但し、KHMが無い場合でもリアルタイム検索機能以外の動作はサポートされます。
必要なKMHがパッケージに含まれていない場合や、その他の正式公開されたKHMについては、トレンドマイクロの下記Webサイトを参照してください。
また、公開されていないKHMのサポートを希望される場合は、下記のページに記載されている方法でKHMをリクエストできます。

詳しくはKHM 対応状況および、リクエストフォームをご参照ください

なお、 ServerProtectインストールパッケージに含まれるオープンソースコードを使用して、お使いのLinuxシステムにKHMを構築することもできます。 ただし、お客さまご自身で構築されたKHMについてはトレンドマイクロではサポートいたしておりません。

詳しくはリアルタイム検索を実行するための設定と操作方法をご参照ください

注意:各ディストリビューションで公開されているオフィシャルカーネルでない場合や、
hotfixカーネル等の特殊なカーネルについてもサポートいたしておりませんので、
対応致しかねます。予めご了承ください。

ServerProtect for Linux 3.0 システム要件

ServerProtect for Linux 3.0

CPU
  • Intel Pentium II 以上のプロセッサ
  • AMD Athlon またはそれ以上のプロセッサ
RAM
  • 256MB 以上 (アプリケーション/サーバ用には 512MB を推奨) (※1)
  • 512MB 以上 (アプリケーションサーバ/ファイルサーバには 1GB 推奨) (※2),
    (※3),(※4),(※5)
ハードディスク
  • 75MB の空き容量 (/opt ディレクトリで使用) (※1)
  • 50MB の空き容量 (/tmp ディレクトリで使用) (※1)
  • 250MB の空き容量 (/opt ディレクトリで使用) (※2)
  • 250MB の空き容量 (/tmp ディレクトリで使用) (※2)
  • 300MB の空き容量 (/opt ディレクトリで使用) (※3) (※4) (※5)
  • 300MB の空き容量 (/tmp ディレクトリで使用) (※3) (※4) (※5)
対応 OS (※5)
  • Red Hat Enterprise Linux 5 (Server、Desktop) (i686, x86_64)
  • Red Hat Enterprise Linux 6 (Server、Desktop) (i686, x86_64)
  • Red Hat Enterprise Linux 7 (Server、Desktop) (x86_64)
  • SUSE Linux Enterprise 11 (Server、Desktop) (i686, x86_64)
  • SUSE Linux Enterprise 12 (Server) (x86_64)
  • CentOS 5 (i686, x86_64)
  • CentOS 6 (i686, x86_64)
  • CentOS 7 (x86_64)
ServerProtect for Linux の OS サポートポリシーについてはこちら
Fault Tolerant サーバ NEC ft サーバ Express5800 / 320Fb-L, 320Fb-LR (MIRACLE LINUX 対応モデル)(※1)
Web ベースの管理コンソール
  • Microsoft Internet Explorer 5.5 Service Pack 2 以上
  • Mozilla 1.7 以上
  • Mozilla Firefox 1.0 以上
  • バージョン 3.5 Patch 3 以上
[注意]:
Server ProtectのWebコンソールにアクセスするには、Java 2 Runtime Environment 1.4.2_01以上(32bit)が必要です。Java Runtime Environmentがインストールされていない場合、プロキシサーバ、Trend Micro Control Manager(以下、Control Manager)サーバ、または SMTP サーバのパスワード設定用のパスワード暗号化が機能しません。
Quick Access コンソール用X Window KDE 3.3 以上
Trend Micro Control
Manager
バージョン 6.0
仮想環境について あらゆる仮想環境上におけるServerProtectの動作検証を実施しているわけではありませんが、ServerProtectに対応したOSの動作が保証されているすべての仮想環境のサポートを提供しております。(※7)
必要なインストールパッケージ ■RHEL5サポート版、CentOS_SUSE11 サポート版(※5)
  • compat-libstdc++
  • gtk2
  • pango
  • atk
■RHEL6 サポート版、CentOS6 サポート版(※5)
  • glibc-2. 12-1.7.el6 .i686
  • zlib-1.2 .3-25.el6. i686
  • compat-libstdc++-296-2.96-144.el6.i686
  • libuuid-2.17.2-6.el6.i686
  • nss-softokn-freebl-3.12.7-1. 1.el6.i686
  • libgcc-4.4.4-13.el6.i686
■RHEL7 サポート版
  • glibc-2.17-55.el7.x86_64
  • zlib-1.2.7-13.el7.x86_64
  • compat-libstdc++-33-3.2.3-71.el7.x86_64
  • libuuid-2.23.2-16.el7.x86_64
  • nss-softokn-freebl-3.15.4-2.el7.x86_64
  • libgcc-4.8.2-16.el7.x86_64
  • perl-Sys-Syslog-0.33-3.el7.x86_64

※1 RHEL5サポート版
※2 CentOS_SUSE11 サポート版
※3 RHEL6 サポート版、RHEL7 サポート版
※4 CentOS6 サポート版、CentOS7 サポート版
※5 SUSE12 サポート版
※6 64bit OS をご使用の場合も必要なパッケージは 32bit 版になります
※7 ご利用のディストリビューションおよびバージョンによって使用するインストールプログラムが異なります。必要なインストールプログラムはダウンロードサイトにてご確認ください。
※8 仮想環境上で動作するトレンドマイクロ製品のサポートについての詳細はサポートページをご覧ください。

記載内容は2015年12月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

システム要件のダウンロード(ServerProtect for Linux 3.0)(PDF:315KB)   

お問い合わせ・ご購入

ご検討に役立つ情報

関連製品・サービス

ご利用中の方に

その他の関連情報