Skip to content

Deep Discovery™ Email Inspector

次世代メール攻撃対策製品

昨今のメール攻撃は、未知の不正プログラムを添付したり本文を記載したURLをクリックさせ、不正プログラムをダウンロードさせる特徴があります。また、複数回のメールのやりとりを経て不正ファイルをパスワード付き圧縮ファイルとして送ってくるやりとり型など、巧妙化が進んでいます。Deep Discovery™ Email Inspectorは、これらのメール攻撃を検出し、ブロックする次世代メール攻撃対策製品です。

本製品に関するお知らせ


Deep Discovery Email Inspectorの機能や運用メリットを動画でご紹介します。(所要時間:約2分)

メール攻撃を検知・ブロックし侵入を未然に防ぐ。Deep Discovery™Email Inspector

従来のメールセキュリティ製品では防御困難な標的型メール攻撃対策製品です。パターンファイルによる検出が難しい不正添付ファイルも、クリックしないと不正の有無が分からないURLリンクも、カスタムサンドボックスによって検証・ブロックします。

  • パスワード付き圧縮ファイルも、メール本文からパスワードを自動取得して解析。複数の解析手法で、メールに巧妙に仕込まれた脅威 を検知・ブロック
  • Advanced Threat Scan Engine(ATSE)が、パターン検出できない不正ファイルやドキュメント脆弱性攻撃コードを検出
  • メール本文中のURLを解析し、Webレピュテーションにより、トレンドマイクロが日々更新する不正URLデータベースと照合
  • 不正メール検知時、即時ブロックや添付ファイルの隔離、本文への注意書き挿入などを選択設定可能
  • 検知メールリストからドロップダウンで詳細を確認したり、添付ファイルをプレビューなど、円滑な管理・運用が可能
  • ランサムウェアを拡散するスパムメールへの対策

Deep Discovery™ファミリーを特徴づける、コアテクノロジー&アドバンテージ

カスタムサンドボックス

ターゲットになっている企業にとって、その攻撃が本当に脅威になるかどうかは、デスクトップの実環境に依存しています。デスクトップと異なる環境でエミュレーションを行うサンドボックスでは意味を成しません。トレンドマイクロの「カスタムサンドボックス」は、日本語環境をはじめ、デスクトップで用いられているソフトウェアなどの実環境をサポートしています。
※ 右記のファイル形式をサポート

 

次世代ファイル解析(ATSE)

ATSE(Advanced Threat Scan Engine)は、文字通り、標的型攻撃に最適化された次世代ファイル解析エンジン。攻撃コードの特徴分析により、既存の不正プログラムはもちろん未知の脅威※1も検出します。また、文書脆弱性攻撃コード検出にも対応。文書ファイルにコード化(バイナリ)して埋め込まれた不正コードも検出することができます。Office、PDF、Flashなどの一般的なファイル形式以外にも、一太郎などの日本語アプリケーションにも対応※2しています。
※1 全ての未知の脅威に対応するものではありません。
※2 全てのアプリケーションの動作を保証するものではございません

第三者機関による高い評価

セキュリティアワード2015にて該当部門の最優秀賞を受賞

トレンドマイクロは、セキュリティアワード2015【法人向けセキュリティ顧客満足度調査】において、標的型攻撃対策(ネットワーク・メール)の部 導入・費用対効果・品質精度・トラブル対応・サポートの満足度・継続利用意向の各部門で、最優秀賞を受賞しました。
株式会社イード http://www.iid.co.jp/

2分で分かるDeep Discovery Email Inspector

標的型サイバー攻撃の90%以上が不正メールが発端であることがトレンドマイクロの調査により明らかになっています。こうした不正メールは標準的なメールセキュリティでは検出できません。
Deep Discovery Email Inspectorの導入で可能になるセキュリティ、そして運用メリットを動画でご紹介します。(所要時間:約2分)

動画を見る


 

Deep Discovery Email Inspector 7100 外形仕様
フォームファクタ 1U ラックマウント
外形寸法
  • 高さ : 42.8mm
  • 幅 : 434mm
  • 奥行き : 642mm
  • 重量 : 19.9kg
管理ポート 10/100/1000BASE-T x 1ポート
データポート

10/100/1000BASE-T x 3ポート (オプションNICにより1000BASE-SX/LX対応)

電源 550W
最大消費電力 604W
処理能力 約400,000通/日

 2014年7月現在のものです。内容は、予告なく変更される場合があります。