Skip to content

Trend Micro VDIオプション
(ウイルスバスター コーポレートエディション用オプション製品)

サーバに負荷を与えず、仮想デスクトップ環境をしっかり防御

ハイパーバイザのパフォーマンス低下やレスポンスの遅延を防ぐために、ハードウェア負荷の自動分散機能をご用意しています。パターンファイルのアップデートを同時実行できる台数を予め設定できます。また予約検索時の負荷を低減するため、同一ファイルの重複検索を避ける機能もあります。

本製品に関するお知らせ

仮想デスクトップ環境(VDI)では、1台のハイパーバイザ(サーバ)上に、多数のクライアント(仮想PC)が稼働するため、ウイルス対策製品のパターンファイル更新時や予約検索の実行などの際にサーバのハードウェア負荷が増大して、結果的にパフォーマンスの低下やレスポンスの遅延等を招くことがあります。
この問題を回避するために、仮想PCの集積度が減らしてしまうと、仮想化本来の目的であるはずのコストメリットが下がってしまいます。

VDI環境における課題

figure-wb01-arrow

仮想デスクトップ環境(VDI)ではセキュリティとパフォーマンスの両立が必要

仮想デスクトップ環境(VDI)においては、従来のセキュリティ対策とは異なる仮想環境特有の新たな課題があります。Trend Micro VDIオプションは、サーバやネットワークへの負荷を軽減することで、仮想デスクトップ環境におけるウイルス・スパイウェア対策の効率的な運用をサポートします。

Point1 ハードウェア負荷の自動分散機能

管理画面において1つのハイパーバイザ上にある複数の仮想PCについて、同時にパターンファイルのアップデートや予約検索を実行することが出来る台数をあらかじめ制限しておくことで、アップデートや検索にかかる負荷を分散することにより、パフォーマンスの低下を防ぐことが出来ます。

 

タスクマネージャー比較画像

Point2 予約検索時の負荷を更に軽減

マスタイメージで検索済みのファイルをホワイトリスト化して仮想PCでの検索対象から外すことで、検索にかかる負荷を軽減します。同一のファイルを各仮想PCが重複して検索することを避けることにより、全体の検索負荷を軽減することが可能です。

 

 検索時の負荷軽減

Point3 Citrix XenDesktop/ VMware Viewに対応

上記の機能は、Citrix XenDesktopおよびVMware Viewが導入された仮想デスクトップ環境において利用できます。ウイルスバスター コーポレートエディションが、vCenterまたはXenServerと連携することによって仮想デスクトップ環境における安全で快適なセキュリティを提供します。

CiTRIX readyvmware READY


Trend Micro VDIオプションのシステム要件はウイルスバスター Corpと同等となりますので、以下をご参照ください。

システム要件はこちら