Skip to content

Trend Micro Security for Mac
(ウイルスバスター コーポレートエディション用オプション製品)

Mac OS環境のウイルス対策、Webの脅威から社内を守る

Mac端末にセキュリティ対策することは、社内のセキュリティホールを無くす重要な意味があります。未対策のMac端末は、不正なWebサイトからウィルスやスパイウェアをダウンロードして、社内のWindows端末に感染させるリスクがあります。管理サーバ上で簡単に一元管理して運用できます。

本製品に関するお知らせ

社内のMac端末に対してセキュリティ対策は行われていますか? 不正なWebサイトへのアクセスによりウイルスやスパイウェアなどの不正プログラムがダウンロードされて、それがネットワーク経由で社内のWindows端末に感染する危険性があります。 Mac端末に対策を行うことは、Macに対するセキュリティを施すだけでなく、社内のIT環境へのセキュリティホールを無くすという重要な意味があります。

Mac環境における課題

Windows、Mac環境ともにセキュリティレベルを揃えた一元管理が必要

Mac OS環境では見逃されがちなウイルスやスパイウェア対策を提供します。 また、Webから侵入する脅威についても、Webレピュテーション機能により高い防 御力を発揮。 セキュリティ設定やライセンス更新を一元的に管理して、Windowsとの混在環境でセキュリティ対策レベルを統一できます。

Point1 Webレピュテーションで不正なサイトへのアクセスをブロック

Trend Micro Smart Protection Networkと連携するWebレピュテーションにより、インターネット接続先の最新動向を常に把握して、セキュリティ上問題のあるサイトへのWeb接続をブロックすることで、不正プログラムの感染ルートを遮断します。
パターンファイル配布前に不正プログラムの起動を阻止するなど、気付きにくいWeb経由の脅威に対して迅速な対応を行うことでセキュリティリスクを抑えます。

Webレビュテーション

Point2 Corp.管理サーバによる一元管理

Mac端末に対してセキュリティ製品を導入しても、その状況をシステム管理者が一元管理できなければ管理負担は減りません。パターンファイルや検索エンジンのアップデート状況、また感染被害の状況などについても、ウイルスバスターCorp管理サーバから一元管理が可能です。

一元管理イメージ


Trend Micro Security for Mac 2.0 システム要件

Trend Micro Security for Mac 2.0 サーバ

ウイルスバスター
コーポレートエディションのバージョン
  • 10.5および以降のバージョン
※サービスパックやパッチ適用の有無は問いません。
プラグインマネージャのバージョン 2.0
メモリ
  • 最小 1GB 以上
  • 推奨 2GB 以上
ハードディスク 最小 1.5GB 以上
その他
  • Microsoft .NET Framework 2.0 SP2
  • Java runtime environment (JRE) 1.6 、1.7または1.8
    ・JRE 1.8 に最新のアップデートを適用することを推奨
    ・64bit OS 環境でご利用の場合は JRE も 64bit 版が必要
    (前バージョンまではすべての環境で 32bit 版の JRE を利用していたため、アップグレード時には 64bit 版の JRE をインストールいただけますようご注意ください)

※以下プログラムがインストールされます

  • Microsoft SQL Server 2008 Express
    (Microsoft SQL Server 2005 Express の利用も可能)
  • Apache ActiveMQ 5.6.0
  • Microsoft Visual C++ 2005 Redistributable

Trend Micro Security for Mac 2.0 クライアント

OS
  • macOS Sierra(※1)
  • OS X El Capitan 10.11 以降(※2)
  • OS X Yosemite 10.10 以降(※3)
  • OS X Mavericks 10.9 以降(※4)
  • OS X Mountain Lion 10.8.3 以降
  • Mac OS X Lion 10.7.5 以降
  • Mac OS X Snow Leopard 10.6.8 以降
  • Mac OS X Leopard 10.5.8 以降
CPU Intel Core シリーズプロセッサ搭載の Mac
メモリ 最小 256MB
ディスク 最小 30MB

※Trend Micro Security for Mac 2.0 よりクライアント側の Java Runtime は不要となりました
※1 macOS Sierraのクライアントでご利用いただく前に必ずこちらの手順に従いアップデートを実施ください。
※2 OS X 10.11 のクライアントでご利用いただく前に必ずこちらの手順に従いアップデートを実施ください。
※3 OS X 10.10 のクライアントでご利用いただく前に必ずこちらの手順に従いアップデートを実施ください。
※4 OS X 10.9 のクライアントでご利用いただく前に必ずこちらの手順に従いアップデートを実施ください。

記載内容は2016年9月現在のものです。内容は予告なく変更になる場合がございます。

システム要件のダウンロード(Trend Micro Security for Mac 2.0)(PDF:409KB)    

システム要件のダウンロード(Trend Micro Security for Mac 1.5)(PDF:333KB)