Skip to content

導入事例:横河電機株式会社

生産設備をウイルスから守る。集中管理が可能な
Trend Micro Portable Security 2(TMPS2)を採用し、
現場の対応力、管理効率、ログ活用レベルを向上

導入の背景・課題

「計測と制御と情報をテーマに、より豊かな人間社会の実現に貢献する」を理念に据え、ビジネスを展開する横河電機。石油化学、鉄鋼、製紙、食品、薬品など、各種工場やプラント設備の制御・運転監視システムの分野において、グローバルに高い評価を受けている。

横河電機株式会社 ソリューションサービス事業本部 グローバルサービスセンター ビジネス企画開発部 マーケティングマネージャ 板倉 浩 氏

優れたシステムだけでなく、「ライフサイクルサポート」「リモートメンテナンス」「点検整備」といった、システム納入後の手厚いサポートも同社の強みの一つだが、サポートの現場では、近年、新たな課題に直面していた。コンピュータウイルスの感染被害だ。「最悪の場合、操業停止に追い込まれる可能性もあります」と同社の板倉 浩氏は話す。

背景には、これまで制御システムにセキュリティ対策が必要とは認識されていなかった経緯がある。

制御システムの多くは、クローズドなネットワークで運用されているため、これまではウイルス感染とは無縁と思われてきた。しかし、現在ではUSBメモリなどが媒介して感染するウイルスが登場して猛威を振るっており、安全とは言えない状況になっているのである。

そのような背景をもとに、同社はサポートサービスのメニューに「エンドポイントセキュリティ対策サービス」というメニューを追加。顧客に納入した制御システムをウイルス感染被害から守る支援をしている。

選定理由・ソリューション

横河電機株式会社 グローバルサービスセンター ビジネス企画開発部 企画課 畠山 敏弘 氏

セキュリティ対策サービスのキーソリューションとして、同社が採用しているのがトレンドマイクロの提供するUSBメモリ型ウイルス検索・駆除ツール「Trend Micro Portable Security 2」である。これは、対象の端末に差し込んでウイルスチェックや駆除を実行できる製品。スタンドアロンおよびクローズド端末用に開発された専用のツールだ。

工場の操業を司る制御システムの端末は、性能や可用性を重視するため一般的なウイルス対策ソフトをインストールするのが難しい場合がある。

それに対しTMPS2は、端末に新たにソフトウェアをインストールすることなく(※1)、ツールをUSBポートに差し込んでウイルスの検索・駆除が行える。「これなら点検作業時に、お客様先で容易にウイルス感染の有無をチェックできます」と同社の畠山 敏弘氏は説明する。

導入効果

現在、同社は2010年から利用していた旧製品(TMPS)を最新のTMPS2にリプレースし、制御システムを対象としたサポートサービスに活用している。「北海道から沖縄まで、国内25のサービス拠点に55本のTMPS2を配布しています」と同社の髙屋敷 久美子氏は言う。利用に当たっては、事前に製品への影響評価を行っている。そのうえで、作業手順や設定をマニュアル化し、定期的なエンジニア教育を実施することで、常に正しい作業ができるよう品質にも万全を期している。

横河電機株式会社 グローバルサービスセンター ビジネス企画開発部 企画課 髙屋敷 久美子 氏

最も用途として多いのが、クリーンなバックアップイメージの作成だ。一般的に工場やプラントは、1年から4年に1回の周期でシステムを止めて、定期点検を行う。「その際、有事に備えて制御システム全体のバックアップを取るのですが、TMPS2を使ってシステムがウイルスに感染していないかを事前にチェックしてからバックアップイメージを作成しています」(畠山氏)。ほかにも、不具合を起こした制御端末のチェックなどに活用。トラブル時の迅速な原因究明に役立てている。

こうした利用を通じて、同社が何より評価しているのがTMPS2から搭載された「集中管理機能」である。

旧TMPSは、管理プログラムをインストールした管理用コンピュータでしかパターンファイルの更新やログの収集・閲覧を行えなかった。そのため同社は、TMPSを一元管理するために、管理用コンピュータを設置した本社で全てのTMPSを持ち、各拠点の求めに応じて、そのつど送付するという運用を行っていた。

「運用面では非常に手間がかかっていましたが、TMPSのログは、知見やノウハウの蓄積につながる重要な資産。このログを分析することでお客様のシステムで何が起こっているのかなどを把握し、リスクの傾向把握、今後の対策につなげることができます。したがって、本社でログを一元管理するのは必須条件なのです」と畠山氏は話す。

それに対し、リモート環境の検索ツールを集中管理する機能が搭載されたTMPS2は、各拠点にツールを常時配備しつつ、本社でログを集約することができる。具体的には、管理プログラムがインストールされたサーバからTMPS2の利用状況やログを一元的に確認・把握したり、パターンファイル更新や各種設定の一元管理が行えるのである。

これにより、継続的にログをサービスの改善に役立てられる上、運用効率も向上。全国のサポート担当者は、手元にTMPS2を所有しておき、必要に応じてすぐに利用することができる(図)。「以前は制御端末にウイルス感染の疑いが発生しても、早くて翌日までTMPSの到着を待つ必要がありました。お客様の不安をすぐに解消できない上、サポート担当者は何度も足を運ばなければならず、効率性の面でも問題がありました。現在は常時TMPS2を携行することもでき、お客様にも安心していただけます」と髙屋敷氏は言う。

このようにTMPS2は、横河電機のサポートサービスの品質向上に大きく貢献しているが、製品だけでなくトレンドマイクロのサポートに対する評価も高い。「サーバスペックの問題で管理プログラムを再インストールしなければならないことがあったのですが、その影響を問い合わせると、即座にテスト環境を構築し、データ移行手順を確認してくれました。迅速かつ手厚いサポートにとても感謝しています」(畠山氏)。

現在、同社におけるTMPS2の利用は国内のみ。海外では、現地法人が既存のTMPSを利用しているが、これらもTMPS2に入れ替える予定だ。「グローバルな規模で集中管理を実施し、さらなるサービスのブラッシュアップに活かしたいですね」と板倉氏は、最後に今後の展望を語った。

TMPS2の集中管理機能

※1 ウイルス検索時に、一時的に検索対象端末にドライバおよびローカルHDDにファイルを作成しますが、検索終了後、検索対象端末に当該ドライバおよびファイルは残りません(USBブート検索を行った際、ログは検索対象端末のローカルハードディスクに作成されます)。
※2 管理用コンピュータ/検索ツールにてパターンファイルをアップデートした時点での最新のパターンファイルにてウイルスチェックを行います。
※ TMPS2は、管理用コンピュータのウイルス検索は行いません。

お客さまプロフィール

  • 横河電機株式会社
  • 業種:製造
  • 従業員:19,685名(連結 2013年3月31日現在)
  • 地域:東京都、日本
  • URL:http://www.yokogawa.co.jp/

1915年の創立以来、計測、制御、情報技術を基軸に、常に最先端の製品・サービスを、プラントを操業する製造業を中心に提供。グローバル市場においても高い評価を獲得している。

Trend Micro Portable Security 2の製品詳細情報

Trend Micro Portable Security事例はこちら

※ 記載内容は2014年9月現在のものです。内容は予告なく変更される場合があります。