Skip to content

導入事例:三井情報株式会社

PC約5200台のウイルス対策をクラウド移行
インターネット経由で最新の対策を実現しつつセキュリティ面の管理工数は1/10に削減

導入の背景・課題

総合商社・三井物産の広範な事業をサポートしてきた実績を活かし、流通、金融、不動産といった多様な業種向けにITソリューションを提供する三井情報(以下、MKI)。インフラからSI、コンサルティングサービスまでをトータルに提供し、顧客ビジネスの発展に貢献している。

三井情報株式会社 情報化推進部 IT基盤マネジメント室 リーダー 箕輪 裕 氏

サービスを安定的に提供するには、基盤となる自社システムを外部の脅威から守ることが欠かせない。「そこで当社は、適材適所のセキュリティ対策製品を活用。特に、セキュリティ対策の基本であるPCへのエンドポイント対策には、オンプレミスのクライアントサーバ型アンチウイルス製品を使用し、安全を確保してきました」と同社の箕輪 裕氏は話す。

しかし同社は、この対策製品の運用面にある課題を抱えていた。「ウイルス対策製品の管理サーバは、我々情報化推進部が管轄していました。拠点数やPC台数の増加にともない、サーバ台数が増加。最終的には、全拠点のPC約5200台を4台のサーバで管理する構成となり、その管理負荷が高まっていたのです」と同社の中島 孝夫氏は説明する。同部門は、重要な業務の1つとして、自社のリスク管理に活かすためのセキュリティ対策レポートを定期的に作成している。その際も、担当者はまず各サーバからウイルス対策ログなどの情報を集め、整合性を取りながら合算。その後レポート化するといった煩雑な作業が必要になっていた。

三井情報株式会社 情報化推進部 IT基盤マネジメント室 中島 孝夫 氏

また、従来の対策にはもう1つ課題があった。それが、PCの置かれた環境により、適切な対策が施せないケースがあったことだ。「端末の約2割は、お客様先に常駐するエンジニアのPCなど、社内LAN非接続の環境にあるもの。オンプレミス型製品では、それらの端末のパターンファイルが長期間更新されないままになることがありましたが、管理負荷が増大している中では、なかなか手が回らないのも現状でした」と中島氏は打ち明ける。

この状態が続けば、システムの安全を保つことは難しくなる。そこで同社は、全社のエンドポイント対策を一新することで、課題を解決する方法を模索した。

選定理由・ソリューション

同社は、長年のソリューションパートナーであるリコージャパンに相談。提案を受けたのが、トレンドマイクロのクラウド型セキュリティサービス「ウイルスバスター™ ビジネスセキュリティサービス(以下、VBBSS)」をベースにリコージャパンが提供する「インターネットリスクガードサービス」だった。

リコージャパン株式会社 パートナー事業本部 パートナー事業部 第二営業部 パートナー第1営業グループ アシスタントマネージャー 大冨 宏 氏

提案理由について、リコージャパンの大冨 宏氏は次のように話す。「本サービスでは、クラウド上の管理サーバから全端末のセキュリティ対策を一元的に管理することが可能。オンプレミス型の課題だった、社内LAN非接続のPCのパターンファイル更新も柔軟に行うことが可能です」。

MKIはこれらの点を高く評価。さらに、事前検証から実際の移行、運用までのサポートや、既存セキュリティ製品からの移行を自動化するツールの提供など、リコージャパンが提供する移行支援サービスの内容に魅力を感じたことも、採用の決め手になったという。「これなら、管理対象端末すべてに対する抜け漏れのない対策が、管理負荷を抑えつつ実現できると感じたのです」と中島氏は話す。

さらに、サービスのバックエンドで動くVBBSSは、トレンドマイクロのクラウド型セキュリティインフラ「Trend Micro Smart Protection Network」を実装。「これにより、世界中から集められた最新の脅威情報を基に、対策が迅速に打てる点も評価しました」と箕輪氏は言う。


導入効果

こうしてMKIは、5200台に上る端末のエンドポイント対策をクラウドに移行することを決定。大規模な作業となったが、リコージャパンのサポートにより、約3カ月という短期間で成功させることができた。これについて大冨氏は次のように説明する。「端末の環境ごとの移行手順書の作成や、サポート担当者をMKI様内に常駐させるなど、なるべくお客様の負担を減らすような進め方を心掛けました」。結果について箕輪氏は「満足しています」と高く評価する。

移行により、MKIは多くのメリットを得ている。中でも最大のものが、当初の狙いだったセキュリティ対策の運用負荷削減である。「管理者は、ブラウザ経由で管理コンソールにアクセスするだけで、全端末のパターンファイル更新状況やウイルス対策のログを閲覧・確認できます。複数のサーバから情報を集める必要がなくなり、セキュリティ対策レポート作成の手間も削減。セキュリティ対策の管理工数は以前の1/10程度になりました」(中島氏)。

セキュリティ面の安心感も高まった。クラウド型のため、インターネットにさえ接続できればパターンファイルの更新が可能。客先に常駐するエンジニアのPCを含め、全端末に対して最新の対策を適用できる環境が整った。「自社業務の安全を守るほか、お客様先での信頼感を醸成することにもつなげられています」と箕輪氏は話す。

加えて、こうした安定運用が実現できている背景には、大規模なセキュリティ対策のクラウド化に欠かせない機能を、VBBSSが備えていたことも大きい。通常、クラウド型セキュリティ対策では、パターンファイルの更新時など、端末が一斉に通信を行う際のネットワーク負荷増大が課題となる。その点VBBSSは、代表して管理サーバと通信する「Active Agent」が自動で選出され、その他の端末はActive Agentからデータを入手する仕組みを実装。「そのため、セキュリティ対策に起因するネットワーク遅延も起こらず、快適な運用が実現できています」と中島氏は言う。

VBBSSは、ウイルス対策のほかにもWebレピュテーション、URLフィルタリング、挙動監視といった多彩な機能を実装している。MKIでは今後、PCの用途や必要性に応じ、それらの機能も積極的に活用していきたいとしている。「リコージャパンとトレンドマイクロには、さらに効果的な提案を期待しています」と箕輪氏は語った。

三井情報のエンドポイントセキュリティ対策

お客さまプロフィール

  • 三井情報株式会社
  • 業種:情報・通信業
  • 従業員:1,854名(2014年3月末現在、連結)
  • 地域:東京都、日本
  • URL:http://www.mki.co.jp/

システムの開発・構築を主とする「システムインテグレーション」、最適なICT基盤を提供する「プラットフォームインテグレーション」、データセンターやクラウドサービスを提供する「データセンター&クラウドサービス」などの事業を展開。コンサルティングから開発・構築、運用・保守に至るトータルサービスで、お客様の経営戦略や業務基盤を総合的にサポートする。

ウイルスバスター ビジネスセキュリティーサービス の製品詳細情報 

SaaS型対策ソリューションの事例はこちら

※ 記載内容は2014年7月現在のものです。内容は予告なく変更される場合があります。