Skip to content

導入事例:ユニアデックス株式会社

社内、社外を問わず同じPC環境にアクセス可能
VDIで問題になりがちなパフォーマンスの劣化にはエージェントレス型セキュリティで対応


導入の背景・課題

日本ユニシスグループの一員として、ICTシステムの構築・運用・保守に関するサービスをフルラインで展開するユニアデックス。近年、同社は複数のクラウドサービスの活用を支援するクラウドフェデレーションサービスなど、クラウド関連ビジネスを強化。顧客企業からの評価も高く、日経コンピュータの顧客満足度調査「システム運用関連サービス(情報サービス会社)部門」において2年連続のNo.1※に輝いている。

ユニアデックス株式会社 情報基盤推進部 ビジネス支援企画室 大岩 丈泰 氏

もちろん、同社自身も様々なITを駆使してビジネスに役立てている。デスクトップを仮想化するVDI(Virtual Desktop Infrastructure)の導入もその一つだ。というのも、同社はPCの利用に課題を抱えていた。「営業担当者、SE、カスタマーサポートなどの人員は、社外で業務を行うことが多い。そのため、オフィスのPCとは別に、一人に一台ずつ持ち出し用のノートPCを貸与していました。しかし、セキュリティの観点から社外でのデータ利用に制限を設けざるを得ず、安全性は確保できても、運用が煩雑になるといった課題を抱えていたのです」と同社の大岩 丈泰氏は話す。

具体的には、持ち出しノートPCを利用して社外で業務を行った後、ノートPC上にデータを置き忘れないことを徹底。そのための管理に非常に手間がかかっていたのである。

「VDIなら、いつでも同じPC環境にアクセスし、必要なデータを利用できる上、端末にデータが残らないため、紛失・盗難被害などによる情報漏えいリスクも軽減することができます」と大岩氏は話す。

選定理由・ソリューション

VDIの導入にあたって、同社は、まずレスポンスの速さを要件として掲げた。次いで、こだわったのが標準化である。同社は一般の企業と異なり、顧客にITソリューションを提供する企業である。そのため、VDI構築後に社内システムの運用を行うことで蓄積したノウハウをもとに、顧客企業のVDI環境の導入から運用までを総合的に支援するサービスを創出したいと考えたのだ。

こうした要件のもと、同社はVDI基盤に「VMwareR Horizon View™」を採用。そして、セキュリティ製品には、トレンドマイクロの「Trend Micro Deep Security(以下、Deep Security)」を選定した。

ユニアデックス株式会社 システムマネジメントサービス事業本部 インテグレーション技術統括部 セキュリティ技術部 佐野 至 氏

Deep Securityは、アンチウイルス/マルウェア機能のオフロードを実現する「VMware vShield Endpoint」にいち早く対応。エージェントレス型のセキュリティ対策を実現することができる。「個々の仮想PCにエージェントをインストールするタイプの製品は、パターンファイル配布やウイルススキャンなどの処理が集中すると、サーバの負荷が高まり、パフォーマンスが低下するおそれがあります。その点、 Deep SecurityとHorizon Viewの組み合わせは、エージェントレスで対策を行える上、一斉に処理を実施するのではなく、自動的にスケジュールを調整し、サーバの過負荷を効果的に抑止。適正なレスポンスを維持できます」と同社の佐野 至氏は説明する。

ユニアデックス株式会社 システムマネジメントサービス事業本部 インテグレーション技術統括部 セキュリティ技術部 助川 賢二 氏

また、他製品に先駆けていち早く対応したこともあり、Deep Security はHorizon View と親和性が高い。「Deep Securityがバージョンアップする度に親和性は向上しています。今では、複雑な設定作業などを行う必要がなく、両方を同時に導入すればすぐに利用できるという印象です」と同社の助川 賢二氏は言う。また、同社の小川 由紀子氏も「シンプルなシステム構成なので運用も標準化しやすいと感じました」と続ける。

他にも、高い拡張性やセキュリティログの連続性が確保できる点も評価の対象となった。

Deep Securityは、セキュリティ対策を仮想アプライアンスにオフロードできるため、仮想PCを追加する際に、個別にインストール作業を行う必要がない。仮想PCを追加すれば、Deep Securityが自動でそれを認識し、保護対象に加える。これにより、仮想PCの台数増加に最小の工数で対応でき、VDIの拡張性の向上に貢献する。

ユニアデックス株式会社 システムマネジメントサービス事業本部 マネジメントサービスセンター マネジメントサービス部 小川 由紀子 氏

「弊社ではセキュリティログの連続性を非常に重要視しております。この点で、従来のアンチウイルス製品は、その製品の仕様上、仮想PCを再構築した際にログの連続性が確保されず、以前のログが把握できなくなってしまうことがありました。それに対し、Deep Securityはログを管理サーバで集中管理するため、一連のログをすぐに確認でき、インシデントの早期原因究明に役立つと考えています」と助川氏は話す。


脆弱性に自動で対応するセキュリティサイクル

導入効果

現在、同社のVDI上では約2,000台の仮想PCが稼働している。社内、社外を問わず、常に同じPC環境を利用することで、以前のように外出の度にデータのコピーや消去を行わずとも済むようになり、業務効率が大きく向上した。また、社内と社外でPCを使い分ける必要がなくなったことで、端末数を従来の約2/3に削減。「セキュリティを強化できたため、以前は禁止していた、在宅勤務者の個人PCの利用も認めています」と大岩氏は話す。

今回のプロジェクトの経験を活かした新サービスもすでに提供を開始している。「先頃リリースした『リモート運用サービス(仮想デスクトップ運用支援)』では、VDIの効率的な運用を支援する様々なサービスをご提供しています。情報システム部門の負担軽減、利用者に対するサービスレベルの向上に大きな効果が見込めると自負しています」と小川氏は語る。

これら同社が提供するVDI関連ソリューションでは、Horizon Viewと Deep Securityの組み合わせを“ユニアデックス推奨構成”として提案している。「最小の工数で、安全かつ最適なパフォーマンスのVDIが実現できる組み合わせだと評価しています」と助川氏は言う。

今後も、同社は今回のプロジェクトで得たノウハウを、提案、構築、運用支援を行い、社内の多様なメンバーと共有し、VDI関連の事業を積極的に展開していく考えだ。「VDIに対するニーズは一段と高まっています。全社一丸となってお客様のVDI活用を支えていきたいですね」と佐野氏は言う。

VDIに最適なセキュリティ対策を実現する Deep Security、そしてトレンドマイクロに対する期待も大きい。「最適なソリューションをご提供するためには、パートナーとの緊密な連携が不可欠。トレンドマイクロとも力を合わせ、お客様に安全かつ高品質なVDIをご提供していきます」と最後に助川氏は強い意気込みを語った。

※「日経コンピュータ2012年8月16日号 第17回顧客満足度調査 システム運用関連サービス(情報サービス会社)部門1位」と「日経コンピュータ2013年8月22日号 第18回顧客満足度調査 システム運用関連サービス(情報サービス会社)部門1位」

お客さまプロフィール

  • ユニアデックス株式会社
  • 業種:情報通信サービス業
  • 従業員:約3,200名
  • 地域:東京都、日本
  • URL:http://www.uniadex.co.jp/

日本ユニシスグループのインフラトータルサービス企業。「ICTサポートサービスで世界一の品質になる」を経営ビジョンとして掲げており、ITシステムの企画/設計から、開発、運用・保守に至るまで幅広いサービスを展開。近年では各種クラウドサービスの提供にも注力している。

仮想化環境におけるセキュリティ対策の課題と解決 Trend Micro Deep Security の製品詳細情報

仮想化環境のセキュリティ対策事例はこちら

※ 記載内容は2014年5月現在のものです。内容は予告なく変更される場合があります。