Skip to content

導入事例:スズキ株式会社

Trend Micro Portable Security 2 を本社・複数工場で導入
実験用端末と制御端末を守り、安定操業を実現しつつ
本社と全工場の対策状況を一元管理できる体制を構築


お客さまの課題   解決策と効果
  • インターネット非接続、レガシーOSの継続利用など、実験用端末や制御端末に特有の制約をクリアする対策を求めていた
  • 現場スタッフに負担をかけないような扱いの簡単な対策方法が望ましかった
  • これまで実験用端末や制御端末のセキュリティ対策の運用は現場任せとなっており、セキュリティリスクが見えにくい状況だった
  • ウイルス対策ソフトのインストールが困難な端末において、最新のパターンファイルによる対策を実現
  • TMPS2は簡単に扱えたため、作業スタッフにスムーズにウイルス対策の運用を展開し、遵守できている
  • 検査ログを基にしてインシデント発生状況などを一元管理できるほか、本社と各工場のIT資産の棚卸しも実現

お客さまの声

「工場設備は24時間体制で稼働しています。扱いが簡単で業務を阻害しないTrend Micro Portable Security 2は、開発・生産現場に最適なツールです」
スズキ株式会社 IT企画部 セキュリティ・標準推進課 専門職(課長代理) 井門 慎一 氏

事例の詳細を読む

導入製品・ソリューション

Trend Micro Portable Security 2™