Skip to content

導入事例:三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社

既存の対策だけでは防御が困難なメール攻撃が増加
未知の脅威にも対応可能なソリューションで
顧客へのなりすましなども即座に見抜く


お客さまの課題   解決策と効果
  • 巧妙化するメール攻撃などのニュースに触れ、危機感を感じていた
  • 特に顧客や取引先になりすまして攻撃してくるメールは、被害に遭ってしまうリスクが高い。実際、社内で行っている訓練では、毎回、少数だが模擬攻撃に引っかかる社員がでていた
  • 巧妙化するメール攻撃を既存の対策だけで防御するのは困難。DDEIは、カスタムサンドボックスやパスワード付き圧縮ファイルの解析にも対応しており、未知の脅威も検出可能。実際、検証作業では、2週間で、未知のマルウェア2件、不正なURL3件が検出された
  • BCCモードによる設置を行うことで、手間なく導入でき、障害などによる業務への影響を防止できる
  • 自社で蓄積した経験やノウハウをもとに、今後、DDEIを有効なメール攻撃対策ソリューションとして、顧客に提案していく予定

お客さまの声

「セキュリティを重視しているお客様などは、ファイルを圧縮し、パスワードをかけるケースが非常に多い。それを悪用されないためにも、DDEIがパスワード付き圧縮ファイルの解析に対応している点はたいへん魅力的でした」
三菱電機インフォメーションシステムズ株式会社 生産技術本部 生産システム部 情報ネットワーク課 専任 斎藤 慎一 氏

事例の詳細を読む

事例の詳細を読む PDF版(535KB)

サイバー攻撃・標的型攻撃対策の事例はこちら

※ 記載内容は2014年11月現在のものです。内容は予告なく変更される場合があります。