Skip to content

導入事例:広島赤十字・原爆病院

院内に散在していたデータを一元的に集約
医療業界のデータ保存ガイドラインに沿った
セキュアな情報管理体制の下、業務効率化を実現


お客さまの課題   解決策と効果
  • 各部署のファイルサーバやNASなどに散在する情報を統合管理したい
  • 盗難・紛失のリスクを抱えるUSBメモリの利用を最小限にとどめたい
  • メールでのファイルの共有を安全に行いたい
  • 各科・部門内、および科・部門間での情報共有を効率的かつ安全に行える仕組みを構築
  • 既存Active Directoryとの連携でユーザ、グループの権限設定が簡単に行える
  • ファイルの暗号化、アクセスログ取得なども容易に実施できる環境が整う
  • チームでファイルを共有して作業するなど、業務効率化のための仕組みを実現

お客さまの声

「システム構築に際しては、トレンドマイクロの支援を仰ぐことで、目指すべきゴールを明確に描きながら安心して取り組みを進めることができました」
広島赤十字・原爆病院 事務部 医療情報管理課 課長 細井 敬弘 氏

事例の詳細を読む

導入製品・ソリューション

Trend Micro SafeSync™ for Enterprise

利用環境

物理サーバ:2台(プライマリ、セカンダリ)
ストレージ容量:8TB

事例の詳細を読む PDF版(3.53MB)

※ 記載内容は2014年6月現在のものです。内容は予告なく変更される場合があります。