Skip to content

導入事例:和歌山県庁

約600台のオフライン端末にTMPSを適用
セキュリティ対策の「穴」をふさぐ


既存のセキュリティ対策では対応できない端末が問題に

早くから先進的なIT活用を推進してきた和歌山県庁。IT投資の費用対効果をさらに高めるため、全体最適の視点から庁内システムの見直しを図るほか、セキュリティの強化にも積極的に取り組んでいる。
その代表例がシンクライアントの採用だ。同庁の約4000人の職員が日々の行政事務に用いる端末はすべてシンクライアント化されており、データをサーバ側で一元管理することで、高度なセキュリティを確立している。
しかし、セキュリティの面では解決しなければならない問題も残っていた。
「多くの端末はシンクライアント化でセキュリティ強化に成功したものの、現場には、各課や機関が個別に導入した端末がまだ残っていたのです。それらの端末 のセキュリティをいかに確保するかが大きな課題となっていました」と情報政策課 全体最適化班 主査の稲住 孝富氏は語る。
独自に導入された端末の数はおよそ1200台。そのうちオンラインの端末については、セキュリティ対策ソフトで対応することにした。
一方、同庁が苦慮したのがオフラインのスタンドアロン端末、あるいはクローズドネットワーク端末への対応である。
インターネットに接続されていない端末は安全だと思われがちだが、近年、データの受け渡しに用いたUSBメモリなどからウイルスに感染するケースが増えて いる。しかも、インターネットにつながっていないためセキュリティ対策ソフトのウイルスパターンファイルをリアルタイムに適用するのが難しいといった問題 もある。「一部は県庁の検疫ネットワークに接続して安全性を高める目処がつきましたが、それでもカバーしきれない端末がありました。例えば、遠隔地にあり 検疫ネットワークに接続するには、新たに回線の敷設が必要な端末。また、特殊なアプリケーションを搭載している研究機器制御用の端末など、インストール型 のセキュリティ対策ソフトがプログラムの動作に影響を与える可能性のある端末です」と情報政策課 全体最適化班 主事の祐成 正人氏は説明する。

図 和歌山県庁におけるTMPS導入メリット

使いやすさで現場の職員からも高評価

このような問題を解決したのが、端末にUSBメモリ型の検索ツールを差し込んでウイルス検索・駆除が行える「Trend MicroPortable Security(TMPS)」だ。検索ツールを利用する直前に、管理用端末でウイルスパターンファイルを更新すれば、その時点で最新の情報に基づいた対 策を実施できる。
「検疫ネットワークの追加構築にかかるコストよりも安価に導入可能。インストール型ではないため※PCの動作に影響を与えな い。そして、現場の職員でも気軽に利用できるわかりやすさを評価しました。実際、試験運用に協力してくれた職員からも非常に好評で、すぐに追加導入を決め ました」と祐成氏は話す。
現在、同庁では、対象となる端末を持つ複数の課や機関にツールを渡し、日々の対策を行っている。最終的に、TMPSでカバーする端末の台数は約600台になる予定だ。
「どんなに高度な仕組みを導入しても、たった1台、セキュリティが脆弱な端末があると、それがセキュリティホールになってしまう。当庁にとっては、それが オフライン・クローズドネットワーク端末だったのです。TMPSは、その穴を埋めるツールとして最適だと感じています」と稲住氏は最後に強調した。

※ウイルス検索時に一時的に検索対象端末にドライバおよびローカルHDDにファイルを作成するが、検索終了後、検索対象端末に当該ドライバおよびファイルは残らない。

【導入先プロフィール】

地方公共団体 和歌山県
県庁所在地 和歌山県和歌山市小松原通1-1
県庁職員数 約4000人
事業内容 県内の人口は99万9834人(2010年8月1日現在、推計)。豊かな自然に恵まれ、みかんや梅、柿など全国有数の出荷量を誇る農産物も多い。また、 2004年に世界遺産に登録された紀伊山地の霊場と参詣道など歴史的な価値のある観光資源も豊富。現在、2015年の和歌山国体を控え、県庁と県民が一体となった準備活動を進めている。
URL http://www.pref.wakayama.lg.jp/

※ 記載内容は2010年10月現在のものです。内容は予告なく変更される場合があります。