Skip to content

導入事例:大阪大学医学部附属病院

地域医療連携の実現に向けたシステムを構築
安全・安心な基盤を整備し、その有用性を広くアピール


地域医療連携システムの基幹を担う高品質セキュリティ製品の導入を検討

先進医療技術の開発、新型医療システムの積極的な活用など、常に医療の未来を見据えた取り組みを続けている大阪大学医学部附属病院。地域医療連携も、同病院が実現を目指すテーマの1つだ。
そのため、現在、同病院では、地域の各病院・診療所が医療情報を共有するシステムの構築を目指している。「これまでは各医療施設がそれぞれに患者様の情報を持っているだけでした。今後は、患者様がいつ、どの病院にかかっても、医者が過去の疾患や病状を把握した上で、質の高い医療サービスを提供できるよう、地域の病院・診療所同士が互いに連携しなければなりません。そのためには、各施設をネットワークで接続し、医療情報を共有する必要があります」と話すのは、同病院の松村 泰志氏だ。この想いのもと、同病院は自らをテストケースとして、連携に必要なインフラを整備。すでに実証実験を終えて、実稼働に向けて着実に準備を進めている。
医療施設間でスムーズに情報を共有するには、「画像」や「文書」といった各種医療情報の標準化が欠かせない。同病院では、業界の標準フォーマットであるPACS(Picture Archiving and Communication System)を活用してCT、MRIなどから出力される画像を交換する仕組みを整えているほか、独自に提唱しているDACS(Document Archiving and Communication System:診療記録統合管理システム)によって、マルチベンダーシステムで生成される全ての診療記録を統合的に管理している。
「DACSは電子カルテを構成する全システムが生成する文書をPDFに変換して収集し、紙の文書もスキャンして汎用性の高い電子フォーマットに変換。長期保存・活用を可能にします。当院はこのDACSを推進し、さらに地域医療連携システムに応用することで、医療機関同士の文書単位での情報交換実現を目指しています」(松村氏)。
一方、こうした仕組みを構築する上で見逃せないのがセキュリティだ。医療情報は、きわめて機密性の高い個人情報である。従って、それを取り扱うシステムのセキュリティについては各省庁が定める厳格なガイドラインが存在し、その要件を満たすことが求められる。「例えば、他の医療施設との接続回線にはVPNを用いてセキュリティを担保しています。しかし、肝心のシステムについては、各施設のセキュリティレベルが一様ではありません。その問題を解決し、あらゆるリスクを想定した対策を打つ必要がありました」と松村氏は語る。

大阪大学医学部附属病院が提唱する地域医療連携システム

ガイドラインの要件を満たす多彩な機能を網羅した点を評価

Photo-img02-20130813各施設のセキュリティレベルに関係なく、多様なリスクに一元的に対応するには、連携システムのゲートウェイとなる中継サーバでの対策が効果的となる。そう判断した同病院が採用したのが、トレンドマイクロの統合型サーバセキュリティソリューション「Trend Micro Deep Security(以下、TMDS)」である。

決め手になったのは、サーバ保護に必要な機能を網羅し、ネットワーク上の脅威に全方位的に対応できる点だ。具体的には、TMDSはウイルス対策、IPS/IDS(侵入防止/検知)、ファイアウォール、Webアプリケーション保護、セキュリティログ監視などの機能を実装し、高レベルのセキュリティ対策を包括的に実現できる。「特に、IPS/IDSは経済産業省が定める『医療情報を受託管理する情報処理事業者向けガイドライン』に必要性が定義されており、信頼性の高い地域医療連携の実現のためには不可欠でした」と同病院の三原 直樹氏は選定の理由を述べる。
また、多彩な機能を網羅していることにより、複数の製品を個別にそろえる手間も不要となる。「TMDSであれば、ガイドラインに準拠したセキュリティの大部分を1製品で担保できると考えたのです」(三原氏)。まだ提唱段階の地域医療連携システムでは、多くの予算を確保することが困難なため、コストを抑制しスモールスタートできる点も魅力だったという。
加えて松村氏は「世界的なセキュリティベンダーの製品を採用することは、システムの安心感につながります」と話す。こうした様々な特長を評価し、同病院ではTMDSを採用した。

利用施設数の増加も見据えた柔軟なセキュリティ基盤を確立

また、TMDSはバーチャルアプライアンス版で仮想環境のセキュリティにも対応。「将来、連携する医療施設が増え、仮想サーバ環境が増えた場合にも対応できるセキュリティ基盤が整いました」と同病院の真鍋 史朗氏は言う。

運用面では、リモートでのサーバ監視に対応しており、セキュリティ対策の状況を遠隔から確認可能。加えて、従来、システムごとに行っていたセキュリティ設定も、Deep Securityマネージャから一元的に行えるようになり、管理負荷は大幅に軽減しているという。

 「今回のように、新しいシステムを広く展開する場合などには、その安全性・信頼性の根拠を明文化して利用者や自治体に説明することが必須です。TMDSのセキュリティ品質、そしてトレンドマイクロのブランド力は、そうした際の有効な訴求点になっています」と松村氏は評価する。
今後も、同病院はDACS、そして地域医療連携システムのさらなる拡大を目指していく構えだ。「将来的には、地域連携システムにつながるクライアントPCのセキュリティにも、最適な提案をしていただければと思っています」と話す真鍋氏。その言葉のとおり、TMDSへの信頼、そしてトレンドマイクロへ寄せる期待は大きい。

【導入先プロフィール】

名称 大阪大学医学部附属病院
所在地 〒565-0871 大阪府吹田市山田丘2-15
設立 1949年5月(※現在の病院名に改称)
職員数 2039名(病院所属、2011年6月1日現在)
概要 消化器内科、呼吸器内科、心臓血管外科、呼吸器外科など全30の科、および各種医療センターによる外来・入院患者の治療、地域医療ネットワークの推進
URL http://www.hosp.med.osaka-u.ac.jp/

※ 記載内容は2012年2月現在のものです。内容は予告なく変更される場合があります。