Flexible pricing designed for the cloud

お客さまのAWS環境に応じた柔軟なライセンス体系を用意しています。

最適な運用を実現する2つの提供形態


Deep Security には、Trend Micro Deep SecurityとTrend Micro Deep Security as a Serviceがあり、お客さまの環境にあわせて選択することができます。

エージェントの管理マネージャの場所

Trend Micro Deep SecurityとTrend Micro Deep Security as a Service の大きな違いは管理マネージャを設置する場所です。Trend Micro Deep Security は、管理サーバを構築する必要がありますが、Deep Security as a Serviceはトレンドマイクロが管理サーバ(DSM)をクラウドで提供するため、導入にあたり管理サーバを構築する必要がありません。ユーザはトレンドマイクロがクラウドで提供する管理サーバにログインし、設定変更やログ管理を行えます。

不正プログラム対策

保護対象サーバのインターネット接続

Deep Security as a Serviceの場合、管理マネージャはトレンドマイクロがホストしているため、ユーザの保護対象サーバと管理マネージャが通信をするにはインターネット接続が必要となります。

保護対象サーバのインターネット接続

Trend Micro Deep Security 価格

Deep Security の価格は、保護対象のサーバ・インスタンスの数と、使用する機能(保護内容)によって計算されます。 詳しくはこちらをご覧ください。

Trend Micoro Deep Security as a Service価格

Deep Security as a Serviceはパートナーからの提供となります。 価格詳細や提供サービス内容についてパートナーにお問い合わせください。販売パートナーはこちらをご覧ください。

Trend Micro Deep Security 価格