Skip to content

ニュース&トピックス

トレンドマイクロ、エンドポイント保護における実行能力とビジョンの完全性について、

2017年ガートナーマジック・クアドラント※1 のリーダーカテゴリで最も高いポジションに位置するリーダーと評価

2017年3月24日


※ 本リリースは、2017年2月1日に米国にて発表されたプレスリリースの抄訳です。

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704 以下、トレンドマイクロ)は、エンドポイント保護におけるガートナーマジック・クアドラントにおいて、トレンドマイクロがリーダーカテゴリで実行能力とビジョンの完全性について、最も高いポジションに位置付けられたことをお知らせします。トレンドマイクロは2002年以来、エンドポイントおよびサーバに対するエンタープライズ向けセキュリティソリューションの分野でリーダーの位置付けとして評価されてきました。

トレンドマイクロのセールスマーケティング・ビジネス ディベロップメント バイスプレジデントであるKevin Simzerは次のように述べています。「トレンドマイクロは、効果的なセキュリティには先進技術と高い実績を融合した防御アプローチが必要だと考えます。今回のガートナーの結果は、トレンドマイクロのセキュリティに対する先見的な取り組みを評価されたものです。長年にわたるリーダーとしての評価は、未知の脅威に対抗するために不可欠な技術を絶えず開発しながら、最新技術を提供するトレンドマイクロの独自能力を実証するものであると確信しています。企業のセキュリティ対策をあらゆる層において実現できる技術こそ、トレンドマイクロの強みなのです」。

トレンドマイクロは、適切な技術を適時に適応し、さまざまな脅威に対し、より効果的で効率的な防御を実現する、先進技術と高い実績を融合した防御アプローチXGen securityでエンドポイントを防御します。トレンドマイクロは、誤検知を減少させるため、利用者数に応じたプログラムの判定やホワイトリストといった安全なファイルを切り分ける「ノイズキャンセリング」を用いて、不正ファイルをブロックするために実行前及び実行中の両ファイルを分析する高性能な機械学習を既存のアプローチに初めて融合しました。

Navicent Healthのインフラストラクチャー・セキュリティマネージャーであるTy Smallwood 氏は次のように述べています。「トレンドマイクロのXGen securityは、当社組織におけるエンドポイントセキュリティを大幅に向上させました。ソリューションや一般的な脅威情報に関する当社の疑問に対しても、トレンドマイクロの24時間365日体制のカスタマーサポートが常に対応してくれます」。

トレンドマイクロは、XGen securityを用いたVMware、AWS、Microsoft Azureに対する最適なソリューションにより、データセンターやクラウドにおけるサーバを防御します。物理、仮想、そしてクラウド間を統合的に管理することで、トレンドマイクロのハイブリッドクラウドセキュリティソリューションは、セキュリティの導入と管理を簡素化し、巧妙化した攻撃に対して迅速に対応し、PCI、HIPAAなどの準拠を加速します。

ガートナーマジック・クアドラントのエンドポイント保護に関するレポートの詳細は以下のサイトをご覧下さい。

https://resources.trendmicro.com/jp-gartnermagicquadrant-epp-2017q1.html

※1 Gartner Magic Quadrant for Endpoint Protection Platforms, 30 January 2017, Eric Ouellet et al

ガートナー免責事項 ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するように助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。