Skip to content

ニュース&トピックス

トレンドマイクロ、VMwareとの協業を拡大
VMware vShield™ Endpointを提供し、仮想・クラウド環境におけるエージェントレスのセキュリティ対策を推進

2011年11月7日


※本リリースは現地時間2011年8月30日に米国にて発表されたプレスリリースの抄訳です

ラスベガス- 2011年8月30日 - Platinum VMworld sponsorであり、VMware Technology Partner of the Year (※1)であるトレンドマイクロ株式会社は、本日のVMworld® 2011において、シンプルながらも包括的かつ統合された仮想セキュリティソリューションを市場に推進するため、VMwareとの協業を拡大することを発表しました。トレンドマイクロは、 Trend Micro™Deep Security (以下、Deep Security)でバーチャルアプライアンスによるエージェントレスのウイルス対策やファイルやレジストリなどの変更監視を利用するために必要な、VMware vShield Endpointを提供開始します。

これまで、Deep SecurityとVMware vShieldとの連携機能を利用するお客さまは、当社からのDeep Securityの購入とは別にVMwareを通じてVMware vShieldのソフトウェアを入手する必要がありました。この度、トレンドマイクロは、トレンドマイクロ及びVMwareソリューションプロバイダーを通じて、VMware vShield Endpointを単一のライセンスと一本化された導入支援およびサポートでお客さまに提供する初めてのセキュリティベンダーの1社となりました。

協業の拡大内容について

  • トレンドマイクロはVMware vShield Endpointと、VMwareで仮想化されたデータセンター向けにエージェントレスのウイルス対策やファイルやレジストリなどの変更 監視を実現するDeep Securityを提供します。Deep Securityは、仮想システムのための先進的な保護を提供し、最新のバージョンでは、脆弱性対策、ファイアウォール、ファイルやレジストリなどの変更 監視、セキュリティログ監視、ウイルス対策の機能を備えています。
  • トレンドマイクロとVMwareが連携することで、Deep Securityがバーチャルアプライアンスで提供している脆弱性対策、ファイアウォール、ウイルス対策に加えて、ファイルやレジストリなどの変更監視機能を新たに提供開始します。
  • お客さまは双方を統合したソフトウェアとサポートを利用できます。
  • トレンドマイクロのチャネルリセラーは、VMware製品への投資を最大限に活用し、サーバのパフォーマンスとメモリ使用の効率化を求め るお客さまや、各サーバ上でより多くのVMを統合したいと考えるお客さまに、バンドルしたソリューションを販売できるようになります。さらにトレンドマイ クロは、チャネルリセラーに独占的なサポートを提供します。

1年前、トレンドマイクロは新たに発表されたVMware vShieldテクノロジーに基づいた統合ソリューションの提供を開始しました。現時点で利用できる唯一のエージェントレスのウイルス対策として購入さ れ、既存のVMware環境において何十万ものサーバと仮想デスクトップを保護しています。トレンドマイクロとVMwareをお使いの多くのお客さまに よって、このソリューションの有効性がすでに認められていると言えます。トレンドマイクロはVMwareとの協業拡大に基づき、チャネルや調達において も、お客さまがソリューションを入手しやすいよう、セキュリティの革新を更に推進してまいります。

■日本での展開について
トレンドマイクロとヴイエムウェアの協業拡大により、2011年12月からTMDSと「VMware vShield Endpoint」をトレンドマイクロから一括して購入できます。トレンドマイクロにて両製品についてのお問い合わせを受け付け、購入後もサポートいたし ます。

※1 トレンドマイクロは、オーストラリアとニュージーランドにて、年間最優秀VMwareテクノロジー アライアンス パートナーとして指名されました。
http://trendmicro.mediaroom.com/index.php?s=43&news_item=882&type=archived&year=2011