Skip to content

ニュース&トピックス

「トレンドマイクロ セキュリティアワード2012」本日より募集
日本代表の2チームがグローバルの最終選考に参加

2012年3月29日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、3月29日より「トレンドマイクロ セキュリティアワード2012」の募集を開始いたします。
「トレンドマイクロ セキュリティアワード」(以下、本アワード)は、トレンドマイクロが社会活動の一環として、2010年にICT(Information and Communication Technology)の次世代を担う人材の育成を目的として創設したものです。
本アワードの3回目となる本年は、「社会をちょっとよくするアプリケーションをつくりませんか」をテーマに、個人・チーム問わず、社会の安全に役立つアプリケーションのアイディアを募集します。
同様のプログラムを中国および台湾でも実施し、各国内での選考後、アジア地域の最終選考により、1組に最優秀賞、1組に優秀賞を授与し、各受賞チームに賞金と旅行を贈呈します。
トレンドマイクロは、本アワードの実施を通じ、国境を越えて活躍する次世代ICT人材育成と、情報セキュリティ業界の活性化を図ると共に、デジタル情報を安全に交換できる社会の実現を目指します。

「トレンドマイクロ セキュリティアワード2012」公募概要

■名称: トレンドマイクロ セキュリティアワード2012
■募集期間: 2012年3月29日(木)~2012年6月13日(水)
■応募資格: 
大学院・大学・短期大学・専修学校(専門課程)・高等専門学校に在学する学生・生徒によるグループ(最大4名)もしくは個人で、アワードの二次選考会および最終選考会に参加可能であること。応募者の国籍は問わない。
■応募テーマ: 「社会をちょっとよくするアプリケーションをつくりませんか」
例:振り込め詐欺防止アプリケーション
SNSで拡散するデマを食い止めるアプリケーション

■応募要項:
トレンドマイクロの登録ページ(http://www.trendmicro.co.jp/award2012)から申し込みのうえ、送付される応募用紙に代表者名や連絡先、解決すべき社会的課題とその課題解決のためのアイディアなど必要事項を記入して、応募期間内に提出してください。応募言語は日本語および英語に限ります。
■応募の支援
Meet Up Event(4月25日):
同じ関心を持っている様々な学生と出会う機会
Make It Camp(5月27日~28日):
参加者のアイディアをアプリケーションやビジネスプランとして具体化する手助けをする機会

■二次選考会:
2012年7月23日(月)に東京都内にて、公開カンファレンス形式にて国内選考を実施します。1チーム約20分間のプレゼンテーションおよびデモンストレーションを実施し、審査委員による選考を経て、同日に上位2チームを決定します。
審査委員:
審査委員長
 東京電機大学 教授 佐々木 良一 氏
審査委員
 公立大学産業技術大学院大学 教授 瀬戸 洋一 氏
 日経BP社 日経コミュニケーション編集長  河井 保博 氏
 トレンドマイクロ株式会社 取締役副社長
 日本地域担当アジアラテンアメリカ地域営業推進担当 大三川 彰彦

■最終選考会:
2012年8月15日(月)日本・台湾・中国での各地域の最終選考会に勝ち残った6組(各地域代表2組)で最終選考会を、台湾にて実施します。1チーム約20分間のプレゼンテーションおよびデモンストレーションを実施(※英語)し、審査委員による最終選考を経て、同日に受賞チームとして2チームが選出されます。
各賞および賞金: 最優秀賞(1組):$7,000(米ドル)、フィリピン旅行
        優秀賞(1組):$5,000(米ドル)、フィリピン旅行
最終選考会の審査委員については、決定次第ご連絡いたします。

主催: トレンドマイクロ株式会社
アワードに関するお問い合わせ:
トレンドマイクロ セキュリティアワード事務局 e-mail: award2012@event-entry.info
その他、応募に関する注意事項など、アワードについての詳細は、以下サイトを参照ください。
http://www.trendmicro.co.jp/award2012

トレンドマイクロ セキュリティアワード2012のスケジュール:

※TRENDMICROは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
※各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。