Skip to content

ニュース&トピックス

ヤマハの中小規模ネットワーク向け新型ファイアウォール「FWX120」に
Webセキュリティサービスを提供

2013/03/22


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、ヤマハ株式会社(以下、ヤマハ)が販売する中小規模ネットワーク・SOHO向けファイアウォール「FWX120」に、トレンドマイクロのWebセキュリティサービスを提供開始します。

昨今、JavaやInternet Explorerなど、アプリケーションの脆弱性を狙うエクスプロイトキットがアンダーグラウンドマーケット上で売買され、Webサイト上で悪用される事例が多数確認されています。攻撃者が直接攻撃ツールを作成しなくとも容易に攻撃が実行できる環境が広がっており、Webセキュリティ対策は、企業規模を問わずますます重要となっています。
トレンドマイクロは、2010年2月より中小規模ネットワーク向けルータのWebセキュリティ事業においてヤマハと協業をしています。この度2012年11月に販売開始した新型ファイアウォール「FWX120」向けにも当社のWebセキュリティサービスを提供開始いたします。
本サービスでは、インターネットとの接点であるファイアウォールに、Webサイトの評価情報に基づいた「Webレピュテーション」機能を実装します。パソコンやタブレット端末などデバイスの種類やOSの違いによらず、社内ネットワーク経由での不正Webサイトへのアクセスをブロックすることが可能になります。加えて、URLフィルタリング機能により、業務に不必要なサイトへのアクセスを禁止するなど、Webサイトの閲覧を規制できます。

ヤマハ ファイアウォール「FWX120」向けWebセキュリティサービス概要

■サービスラインナップ:

サービス名称 機能 価格(税別)(※1)
Trend Micro Standard Web Security for Yamaha Router
  • Webレピュテーション
  • URLフィルタリング
60,000円/1台
Trend Micro Web Security for Yamaha Router
  • Webレピュテーション
30,000円/1台

※1 上記標準価格は「FWX120」1台あたりの、1年間のスタンダードサポートサービス料金を含む使用許諾料金です。2年目以降もバージョンアップ、パターンファイルのダウンロード等のサポートサービス継続をご希望の場合は、1年毎に契約の更新が必要です。契約更新料は、更新発注時に提示されている標準価格の100%となります。

■受注開始:2013年4月4日(2013年5月末出荷開始予定)
■機能一覧:
・危険なWebサイトの閲覧規制(Webレピュテーション)
・URLフィルタリング機能(※2)
・URLホワイトリスト/ブラックリストの登録・フィルタログ/アクセス統計の提供
・サービスライセンス情報の管理/自動更新
詳しくは以下をご確認ください。
http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/tmwsyr/index.html

※2 Trend Micro Web Security for Yamaha Routerではご利用いただけません。

※ 本機能をヤマハルータ「FWX120」で利用するためには、最新のファームウェアをダウンロードする必要があります。ファームウェアは5月末より、ヤマハホームページ(http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/firmware/index.php)からダウンロード可能となる予定です。

※ TRENDMICROおよびウイルスバスターは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
※ 各社の社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。