Skip to content

プレスリリース

トレンドマイクロ、「フェイクニュース」に関する調査結果を発表
人気SNSの1,000「いいね!」は、約2円から購入可能

~フェイクニュース作成、発信、拡散において利用可能なサービスが存在~

2017年8月29日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、フェイクニュースに関する調査結果を、本日より「トレンドマイクロ セキュリティブログ」にて全3回に渡って公開します。

トレンドマイクロ セキュリティブログ:http://blog.trendmicro.co.jp/

 

トレンドマイクロ「『フェイクニュース』に関する調査」サマリ(※)

「フェイクニュース」は、社会情勢に影響を与える世論の操作を目的としたサイバープロパガンダ(宣伝工作)の一種です。本調査では、フェイクニュースのプロセスを「作成・発信」と「拡散」に分類し、それぞれの分野で用いられるアンダーグラウンドサービスや悪用され得る正規サービスについて調査を行いました。
※ 各価格については、2017年6月時点の換算レート(1元=16.3円、1ルーブル=1.8円、1米ドル=111円)で計算しています。

1.作成・発信:ニュースサイトへの記事掲載は、約8,200円~2万1,000円で可能
本調査において、中国のコンテンツマーケティングサービスを調査したところ、800ワードまでの記事作成を100元(約1,600円)、1,500ワードまでなら200元(約3,300円)程度で請け負っていることが分かりました。作成した記事を希望のニュースサイトや新聞等で発信できるとするサービスが存在していることも分かりました。中国のサービスでは、ニュースサイトでの記事掲載は500~1,300元(約8,200~2万1,000円)で可能としています。またロシアのサイトでは、4,000~6,000文字までの記事を作成し、ロシア国内のニュースサイトに掲載することを30万~55万ルーブル(約54万~99万円)で請け負っています。さらに別のロシアのサイトでは、ロシア国内の新聞や雑誌上に「広告と表示されない形」で記事掲載することに対しては、150万ルーブル(約270万円)程度で可能としているPR代理店の存在を確認しています。

●図1:ニュースサイトへの記事掲載が可能とする中国のサービスの価格表例

 

2.拡散:Instagram上の1,000「いいね!」は、約2円~約310円で購入可能
フェイクニュースの拡散のため、作成したコンテンツのプロモーションを請け負うサービスも存在しています。調査中に確認したロシアのサイトでは、人気のSNSの一つであるInstagramで1,000件の「いいね!」を得るには、1ルーブル~170ルーブル(約2円~約310円)、Twitterで1,000件のフォロワーを得るには190ルーブル(約340円)といった請負サービスも確認されています。さらに、別のサイトでは、Facebookの投稿に対して、1ヵ月で1,000件のコメントをつけるには、188米ドル(約2万1,000円)~250米ドル(約2万8,000円)とされています。またYouTubeの特定の動画に対して、1,000回の視聴回数を得るには、3米ドル(約330円)で可能とするサイトも確認しました。SNS上の「いいね!」や動画の再生回数の売買は、主要なSNS事業者の規約で禁止されています。
コンテンツの拡散以外にも、投票操作やクリック詐欺といったインターネット上で行われるアンケートやオンライン署名活動などの結果を操作するサービスも確認しました。一部のロシアのサイトでは、特定の署名サイトに対する1,000票の価格は、6,000ルーブル(約1万1,000円)とされています。

●図2:InstagramなどSNSを使ったコンテンツ拡散サービスを提供するサイト例

 

フェイクニュースに対しては、その内容を受けて扇動や操作に乗らないよう、ユーザ自身でその手口を知り注意する必要があります。例えば、記事の公開日情報や著者・情報源の情報が不足している記事、複数のSNSアカウントで全く同じ文面の投稿が行われているなど不審な点がある場合など、複数のメディアを確認し本当にそのニュースが正しいかを確認する、といった対策を推奨します。さらに、フェイクニュースであると推測される場合は、自身のSNSアカウントなどから安易に拡散しないなど、自分がフェイクニュースの拡散元とならないよう、注意することが必要です。

●図3:実際のフェイクニュースの事例(後に地元警察に否定された内容)

 

※ 本リリースに記載された内容は2017年8月29日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。
※ TREND MICROはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。