Skip to content

プレスリリース

フリ-Wi-Fiを安全に利用するための「フリ-Wi-Fiプロテクション™」を発売

~万が一、安全性の低いフリーWi-Fiに接続した際にも、通信を暗号化し、情報漏えいや通信の盗み見を防ぐ ~

2017年3月9日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704 以下、トレンドマイクロ)は、Wi-Fi利用時の通信を暗号化し保護するスマホ・タブレット向けのセキュリティアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を、2017年3月9日(木)に発売開始します。「フリーWi-Fiプロテクション」はAndroid および iOS に対応し、Google PlayおよびApp Storeにて購入できます。既に提供している、スマホ・タブレット向け総合セキュリティ対策アプリ「ウイルスバスター モバイル」と本アプリを併用いただくことにより、不正アプリや危険なWebサイトからの保護に加え、通信の盗み見を防ぐことによる、更なるセキュリティ強化を実現します。

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催などを見据えて、フリーWi-Fi (公衆無線 LAN) の設置が促進され、フリーWi-Fiの利用者も増加しています。これらのフリーWi-Fiを利用することにより、外出先でインターネットに自由に接続したり、アプリを楽しんだりすることができますが、一方で脆弱な設定のフリーWi-Fiや攻撃者が設置した偽のフリーWi-Fiへの接続などによる情報漏えい、通信の盗み見などのセキュリティリスクも危惧されます。

正規事業者が提供する安全性の高いフリーWi-Fiの他にも、通信を暗号化していない安全性の低いフリーWi-Fi、さらにはサイバー犯罪者が設置したフリーWi-Fiなど様々なものが混在しています。利用者がその1つずつの安全性を接続前に確認し、利用するのは非常に難しい状況です。
トレンドマイクロがスマートフォン保持者でフリーWi-Fiの利用経験がある人に実施した調査では回答者の約85%が安全なフリーWi-Fiと危険なフリーWi-Fiを「見分けることが出来ない」と回答しています。さらに、約65%がフリーWi-Fiの利用に不安を感じていると回答しています(※1)。
※1    2016年8月トレンドマイクロ調査 n=291 国内の16才以上~70才未満の方で、スマートフォンを保有しフリーWi-Fiの利用経験者

こうした環境の変化やユーザの状況を鑑み、トレンドマイクロは、Wi-Fi環境における通信内容を保護するセキュリティアプリ「フリーWi-Fiプロテクション」を提供します。
本アプリをインストールすることで利用者は、万が一安全性の低いフリーWi-Fiのアクセスポイントに接続してしまった際にも、その通信を暗号化することができ、通信の盗み見やそれによる情報漏えいのリスクを低減できます。「フリーWi-Fiプロテクション」の主な機能は以下の通りです。

「フリーWi-Fiプロテクション」の主な機能

◆通信の傍受やデータの情報漏えいを防ぐVPN接続
フリー Wi-Fi利用時に、スマートフォンが「フリーWi-Fiプロテクション」インフラに接続することにより、フリーWi-Fiのアクセスポイントを介した通信がVPN(Virtual Private Network)で暗号化されます。これによりユーザは、第三者から通信を傍受されることやデータの情報漏えいを防ぐことが可能です。さらに、かんたん自動接続の機能により、通信を暗号化していない安全性が低いフリーWi-Fi接続時や、ユーザが指定したWi-Fiへ接続する際に、自動的に通信を暗号化し、ユーザの通信を保護します。
また、「フリーWi-Fiプロテクション」インフラと、莫大なセキュリティ情報のビッグデータを保有するクラウド型セキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」が連携することで、スマートフォンで「フリーWi-Fiプロテクション」インフラを経由してインターネットを利用する際に、ユーザがフィッシング詐欺サイトや偽サイトなど、不正サイトへアクセスすることをブロックします(※2)。
※2    HTTP を使ったWebサイトに限ります。  

  

       

左: メイン画面  
右:通信暗号化設定画面
※上記はiOS版の画面です。

 

 A0309

 「フリーWi-Fiプロテクション」の利用イメージ図

 

製品名・ラインナップ・価格について 

製品名 販売価格(税込)(※3)
フリーWi-Fiプロテクション(1年版ライセンス) 2,900円
フリーWi-Fiプロテクション(2年版ライセンス) 5,000円

※3 記載金額はGoogle Play、App Storeでの販売価格です。価格は1OS当たりの使用許諾料金です。使用許諾契約の範囲内で端末の変更が可能です。更新の際には、別途更新用のライセンス費用がかかります。

 製品の詳細はこちら(http://www.go-tm.jp/fwp)をご覧ください。

本リリースは、2017 年3 月9 日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。 TREND MICRO、Trend Micro Smart Protection Network、SPN、およびウイルスバスター はトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。