Skip to content

プレスリリース

NEC、トレンドマイクロ、インフォセックが標的型サイバー攻撃対策で協業

~第一弾は、Deep Discovery(TM)ファミリによる標的型サイバー攻撃の監視サービスを提供開始~

2017年1月17日


日本電気株式会社(以下NEC)、トレンドマイクロ株式会社(以下トレンドマイクロ)、株式会社インフォセック(以下インフォセック)の3社(注1)は、標的型サイバー攻撃対策において協業し、第一弾として「Deep Discovery(以下DD)ファミリ(注2)」による標的型サイバー攻撃の監視サービスを2月1日より提供します。本サービスは2017年度で約30社への提供を目標に、NECとインフォセックより販売します。

近年、ネットワークを介した情報システムへの攻撃は年々高度化し、標的型メールや組織内部から仕掛けられる攻撃など、より巧妙かつ認知されにくいものへと進化を続けています。そのためセキュリティ対策の運用には多種多様なサイバー攻撃への対応と担当者の高いスキルが求められるとともに、セキュリティ製品の導入に加え、それら製品を用い24時間365日リアルタイムで監視したいという顧客ニーズも高まってきています。  

このような背景を踏まえ、3社の標的型サイバー攻撃対策における協業の第一弾として、トレンドマイクロのネットワーク型脅威対策製品「Deep Discovery Inspector(以下DDI)」と次世代メール攻撃対策製品「Deep Discovery Email Inspector(以下DDEI)」をNEC製IAサーバー「Express5800」に搭載したアプライアンス製品に対し、インフォセックが提供するマネージドセキュリティサービス(注3)「InfoCIC(注4)」による監視サービスの提供を開始します。セキュリティ製品で数多くの実績を持つトレンドマイクロ、国内IAサーバーシェアNo.1のNEC、情報セキュリティ専門企業のインフォセックの協業によって、導入から運用・保守までお客様のセキュリティ対策をワンストップで支援します。

また3社は今後協業をさらに強化し、監視対象をネットワークだけではなく、社内ネットワークの末端となるサーバーやパソコンを守るエンドポイントセキュリティの領域へ拡大するなど、お客様のセキュリティレベルを向上するより高度なサービスを提供する予定です。

NEC、トレンドマイクロ、インフォセックは、情報セキュリティに関わる様々な課題に対し積極的に取り組んでまいります。お客様のさらなる成長と価値創造の基盤づくり、安心・安全・安定の社会づくりに貢献してまいります。

【監視サービスの主な特長】

1. 標的型サイバー攻撃への監視サービス導入によるセキュリティ対策レベルの向上を支援
現在、NECが提供しているトレンドマイクロの「DDファミリ」を搭載した標的型攻撃対策アプライアンス製品「Deep Discovery Inspector powered by Express 5800シリーズ(注5)」に対し、インフォセックが官庁(自治体含む)・重要インフラ・大手民間企業に対するセキュリティ対策支援として提供しているマネージドセキュリティサービス「InfoCIC」による監視サービスの提供を開始します。
監視サービスの対象は、「DDファミリ」に含まれる、ネットワーク型脅威対策製品の「DDI」と、次世代メール攻撃対策製品「DDEI」です。
「DDI」は、お客様組織のネットワークトラフィックを監視し、気付くことが難しい標的型サイバー攻撃やゼロデイ攻撃をネットワーク上の振る舞いから見つけ出し、早期に対処することで被害の深刻化を防ぐための製品です。入口・出口対策に加えて、攻撃の初期段階から内部の拡散、外部への通信に至るあらゆる攻撃フェーズにおいて、不正なファイルや通信の検知に加え、ITの管理者が利用するツールを悪用した攻撃まで発見します。
また「DDEI」は、従来のメールセキュリティ製品では防御困難な標的型メール攻撃の対策製品です。パターンファイルによる検出が難しい不正添付ファイルも、クリックしないと不正の有無が分からないURLリンクも、カスタムサンドボックスによって検知・ブロックします。  
本監視サービスを導入することで、「DDファミリ」を搭載した標的型攻撃対策アプライアンス製品を導入しているお客様に対し、内部犯行など幅広い領域の標的型サイバー攻撃など、より高度な標的型サイバー攻撃に対応可能なサービスを24時間365日提供し、お客様のセキュティ対策レベル向上を支援します。

2. 多数の納入・監視実績と充実した保守サービスによる安心の導入環境を提供  
本サービスは、標的型サイバー攻撃対策のセキュリティ製品で多数の導入実績のあるトレンドマイクロの「DDファミリ」を、国内IAサーバーシェア20年連続No.1(注6)の実績を持つNEC製「Express5800シリーズ」に搭載し、ソフトとハードをまとめてNECが保守、さらに多くの企業の監視実績を持つインフォセックの「InfoCIC」で監視する構成となっているため、NECグループとして、導入から監視・運用までをワンストップで提供することができます。

【販売価格、販売目標、提供時期】

                            

製品/サービス名 販売価格(税別)
Deep Discovery Inspector powered by Express5800 293.3万円~
Deep Discovery Email Inspector powered by Express5800 391.1万円~
InfoCIC監視サービス費 35万円/月~

・販売目標:約30社(2017年度)
・提供時期:2017年2月1日~

注1: 協業3社
・日本電気株式会社(本社 東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO 新野隆)
・トレンドマイクロ株式会社(本社 東京都渋谷区、代表取締役社長 兼CEO エバ・チェン)
・株式会社インフォセック(本社 東京都港区、代表取締役社長 鎌形亨)※インフォセックは、NECが60%出資しているNECのグループ会社です。
注2: トレンドマイクロ「DDファミリ」概要
https://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/dd/index.html
注3: お客様が保有するセキュリティ対策機器の運用を支援するサービス。ファイアウォールや、不正侵入検知・防御システムをはじめとした不正アクセスの監視をお客様に代わって行います。
お客様はセキュリティに関する専門の知見を保有する事業者に業務を委託することができ、自社の要員を抱えずにセキュリティ対策を享受することができます。
注4: インフォセック「InfoCIC」概要
http://www.infosec.co.jp/service/securitysystem/index.html
注5: NEC「Deep Discovery Inspector powered by Express5800」概要
http://jpn.nec.com/soft/trendmicro/dd/
注6: 1996~2015暦年国内x86サーバー(出荷台数、出荷金額)において
【出典】IDC Japan, Japan Quarterly Server Tracker CY16Q3         
IDCではベンダー出荷実績の差が1%未満の場合、タイ(同位)として扱う。

<商標名称等に関する表示>
・「InfoCIC」は、株式会社インフォセックの登録商標です。
・「Express5800」は、日本電気株式会社の登録商標です。
・TREND MICRO、Deep DiscoveryおよびDeep Discovery Inspectorはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。