Skip to content

プレスリリース

スマート家電をまとめて守る「ウイルスバスター(TM) for Home Network」を発売

~ホームネットワークへの不正侵入によるスマート家電への攻撃を防ぐ~

2016年12月5日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704 以下、トレンドマイクロ)は、家庭内の複数のスマート家電(※1)をまとめて守るホームネットワークセキュリティ製品「ウイルスバスター for Home Network」を、2016年12月7日(水)にトレンドマイクロ・オンラインショップで発売(※2)します。また、BBソフトサービス株式会社と協業し、12月9日(金)よりトレンドマイクロ・オンラインショップ以外のオンラインショップでも販売します。今後、BBソフトサービス株式会社との協業範囲を拡げ、ISPなどの通信事業者や量販店においても販売していく予定です。
「ウイルスバスター for Home Network」は、ホームネットワークへの不正侵入による、スマート家電やタブレットなどの情報端末への攻撃を防ぎます。ネットワーク経由でセキュリティを提供するため、それぞれのデバイスにセキュリティソフトをインストールする必要はありません(※3)。今後一年間で1万ユーザの獲得を目指します。
(※1) インターネットに接続可能なデバイス
(※2) トレンドマイクロ・オンラインショップ(http://safe.trendmicro.jp/purchase.aspx)で12月7日13:00より購入できます。
(※3) 本製品の設定や管理は、スマートフォンにインストールするアプリで行う必要があります。

トレンドマイクロは、スマートテレビに感染し画面をロックするランサムウェアや、ルータの設定を変更しスマート家電を不正サイトへ誘導する攻撃、スマート家電を踏み台にしたDDoS攻撃(distributed denial of service)などを確認しています。スマートテレビに感染するランサムウェアの検出数は34,580件(※4)にのぼり現実の脅威になっていると言えます。これらの攻撃はスマート家電やタブレットなどの情報端末のOSやソフトウェアの脆弱性、もしくは管理パスワードなど設定の不備を悪用して行われます。ルータの設定の不備を悪用する攻撃がある一方で、約19%のユーザがルータで安易な管理ID/パスワードを利用(※5)しており、当社では今後スマート家電の脆弱性や設定の不備を悪用した攻撃が増加すると予測しています。また、IHS Markit Technologyによると、スマート家電は、2020年までに2億台に達すると予測(※6)されています。家庭内でインターネットに接続可能なデバイスが増加し続ける一方で、スマート家電の多くは購入後にユーザがセキュリティソフトをインストールできません。そのため、家庭内のスマート家電を保護するためには、ネットワーク経由で一括してセキュリティを提供することが効果的です。
(※4) 2016年7月~9月の3か月間 2016年10月 トレンドマイクロ調べ
(※5) ルータのWeb管理コンソールの認証強度をチェック(n=348) 2016年8月~9月トレンドマイクロ調べ
(※6) 2016年6月 IHS Markit Technology調べ

「ウイルスバスター for Home Network」は、ホームネットワーク上の通信を監視し、複数のスマート家電やタブレットなどの情報端末をまとめて保護するセキュリティ製品です。ご家庭内のネットワーク構成やデバイスの設定を変更することなく、ルータに接続することで利用できます。本製品は、スマート家電に搭載されているOSやソフトウェアの脆弱性を悪用する攻撃をブロックする機能や、パスワードの強度を診断する機能、新たにネットワークに接続される機器を検知する機能などを提供し、スマート家電への不正プログラム感染、不正な遠隔操作などの脅威を防ぎます。また、家庭内のスマート家電やタブレットなどの情報端末がフィッシング詐欺サイトや不正プログラム感染の恐れのある不正サイトへアクセスすることを防ぎます。本製品の設定や管理は、スマートフォンにインストールするアプリで行い、ご家庭内だけでなく外出時でもホームネットワークへの新しいデバイスの接続や攻撃の有無を確認できます。

ウイルスバスター for Home Network

「ウイルスバスター for Home Network」の主な機能

◆スマート家電への攻撃をブロック
不正侵入防御(IPS:Intrusion Prevention System)機能により、スマート家電に搭載されているOSやソフトウェアの脆弱性を悪用する攻撃をブロックし、スマート家電への不正プログラム感染や、攻撃者による不正な遠隔操作などの脅威を防ぎます。また、攻撃者がスマート家電を攻撃する際に、狙われる可能性が高いルータの管理パスワードを診断します。セキュリティ強度が低い場合、管理者に通知します。推奨する設定に変更することで、ホームネットワークのセキュリティ強度を向上できます。

スマート家電への攻撃ブロック

ルータのパスワード診断

 

◆ホームネットワークへの不正接続対策(不正なデバイス接続検知、盗み見対策)
ホームネットワークに接続されたデバイスを管理アプリで確認できます。新しいデバイスが接続された際に管理アプリに通知するため、不審なデバイスが接続されたことを検知できます。管理アプリから不審なデバイスのインターネット接続を遮断することでネットワークの乗っ取りによる外部への攻撃や情報送信を防ぎます。また、ホームネットワーク上の通信を盗み見される不審な振る舞いを検知した場合、管理アプリ上に通知します。

新たなデバイスの検知

インターネット接続の許可

 

◆簡単設定でホームネットワークのセキュリティ強度を向上  
家庭内のネットワーク構成やデバイスの設定を変更することなく、ルータに接続するだけの簡単設定でホームネットワークのセキュリティ強度を向上できます。

◆外出先でもホームネットワークの異変を察知
ホームネットワークへの新しいデバイスの接続や攻撃があった場合には、スマートフォンの管理アプリに自動的に通知します。外出先でも異変の察知やセキュリティレベルの設定変更ができます。

◆意図しない不正サイトへのアクセスをブロック
家族が家庭内のどのデバイスを利用していても、フィッシング詐欺サイトや不正プログラム感染の恐れのある不正サイトへ意図せずアクセスすることをブロックし、オンラインショッピングやオンラインバンキングなどインターネットを安全に利用できます。また、万が一スマート家電が不正プログラムに感染した際にも、遠隔操作用サーバ(C&Cサーバ)へのアクセスをブロックし、不正な遠隔操作や外部への情報送信を防ぎます。

不正サイトへのアクセスブロック

 

◆お子さまに安全なインターネット利用を提供
ご家庭内でのお子さまのインターネット利用時に、アダルト、出会い系などお子さまに閲覧させたくないWebサイトへのアクセスを制限することに加えて、インターネットを利用する時間を制限できます。また、ゲームやソーシャルネットワーキングサービスなど、指定したカテゴリのアプリを利用した際に管理者に通知する機能を提供します。

Webサイトへのアクセス制限

管理者への通知画面

 

製品名・ラインナップ・価格について 

製品名 販売価格(税込)(※7)
ウイルスバスター for Home Network 19,224円(※8)

(※7) 記載金額はトレンドマイクロ・オンラインショップの販売価格です。
(※8) 製品本体と1年間の使用ライセンスの価格となります。次年度以降も継続してご利用になる場合は、1年ごとに6,480円(税込)がかかります。

製品の詳細はこちら(http://safe.trendmicro.jp/products/vbhn.aspx)をご覧ください。

本リリースは、2016年12月5日現在の情報をもとに作成されたものです。今後、価格の変更、仕様の変更、バージョンアップ等により、内容の全部もしくは一部に変更が生じる可能性があります。TREND MICROおよびウイルスバスターは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。