Skip to content

プレスリリース

トレンドマイクロ、各府県警合同捜査本部のサイバー犯罪捜査に協力

~スマートフォン向けアプリ「Androidアナライザー」に関するサイバー犯罪捜査に協力~

2016年11月30日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、京都府警察をはじめとした合同捜査本部(※)が進めるスマートフォン向けアプリ「Androidアナライザー」に関するサイバー犯罪捜査に対して、当社が協力を行ったことをお知らせします。
(※)50音順に、茨城県警察、神奈川県警察、京都府警察、静岡県警察、三重県警察からなる合同捜査本部を指します。

トレンドマイクロは、2016年7月に京都府警察からの要請を受け、株式会社インターナルが開発したとされるAndroid向けアプリ「Androidアナライザー(以下、該当アプリ)」の機能に関する分析を行いました。京都府警が進めている捜査情報と合わせて、当社の該当アプリの分析情報が活用され、容疑者の逮捕につながりました。
分析の結果、該当アプリには、インストールされたスマートフォンのLINEメッセージや電話帳データ、動画・静止画、通話内容などユーザのプライバシーに関わる情報を取得する機能が搭載されていることが確認されました。トレンドマイクロでは、該当アプリを「安全性やプライバシーを脅かす可能性があるアプリ」として判定します。

本件は、2014年8月に京都府警察と締結した「京都府民をサイバー犯罪の脅威から守るための総合対処に関する協定書」に基づいて、トレンドマイクロが協力を行ったものです。トレンドマイクロでは、国内外のサイバー犯罪撲滅のため、今後も各捜査機関との連携を進めていきます。

※TREND MICROはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。