Skip to content

プレスリリース

AI(人工知能)技術を搭載した 「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」を提供開始

~成熟した技術とAI技術のブレンドによるセキュリティアプローチでサイバー攻撃を防ぐ~

2016年11月18日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、AI(人工知能)技術による「機械学習型検索機能」を搭載した企業向け総合セキュリティソフトの新バージョン「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」を2017年1月下旬より提供開始することを発表します。トレンドマイクロは本製品により1年間(2017年1月末~2018年1月末)で売上200億円(※1)を目指します。(※1) 新規、更新を含んだ売上です。

昨今の企業や組織は、特定の標的に対して攻撃を行う標的型サイバー攻撃や、短期間に多数の亜種が発生するランサムウェア(※2)など様々な脅威に晒されています。従来のセキュリティ製品には、パターンマッチングや振る舞い検知といった技術が搭載されていますが、複雑化する脅威から企業を守るためには、単一検出技術によるアプローチ(防御機能)のみではなく、各検出技術の強みを組み合わせたアプローチにより、被害発生リスクを低減するというリスクマネジメントの考え方が必要不可欠です。トレンドマイクロでは、成熟した技術とAI技術のブレンドにより、高いパフォーマンスかつ誤/過検出を低下しサイバー攻撃を防ぐ「XGen(エックスジェン)」アプローチによる製品を提供開始します。
(※2) 感染したPCの操作をロックしたり、PC内のファイルを暗号化して復旧の代わりに金銭を要求する不正プログラム。

「XGen(エックスジェン)」アプローチを実現する製品の第一弾として、企業向け総合セキュリティソフトの新バージョン「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」に、AI(人工知能)技術による「機械学習型検索機能」を搭載します。プログラムの実行前や実行後に「機械学習型検索機能」を用いることで未知の脅威への検出力を向上します。 トレンドマイクロのクラウド型セキュリティ技術基盤 「Trend Micro Smart Protection Network(以下、SPN)」では、1日に50万の新しい脅威を発見しています。新たに搭載するAI(人工知能)技術による「機械学習型検索機能」では、これらの莫大な情報をもとに複数のアルゴリズムを用いて、EXEやdllなどファイルタイプ毎に適した学習モデルを使い分けることで脅威を特定します。「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」を利用しているお客様は本機能を無償で利用可能です。「XGen(エックスジェン)」アプローチを実現する製品は、2017年以降「ウイルスバスター コーポレートエディション XG」に続き順次提供します。

◆ウイルスバスター コーポレートエディション XGの主な新機能  
◇サンドボックス連携による標的型サイバー攻撃対策の強化(侵入後の対策強化)   
万が一PCに不審なファイルが侵入した際に、ネットワーク型脅威対策製品「Deep Discovery Analyzer」へファイルを送信し、サンドボックスによるファイルの検査を行います。不正なファイルと判断した場合、該当のファイルを駆除するためのカスタムシグネチャが自動的に生成され、PC内の不正なファイルを駆除します。カスタムシグネチャは、ファイルが実行された際にアクセスする不正なURLやIPアドレスへの接続もブロックします。  

◇セキュリティポリシーの均一化   
出張中や持ち出し中など社外にあるPCのセキュリティ状況を把握/管理する機能を提供します。本機能を利用することで、社内ネットワークに接続されていないPCにおいても、システム管理者がパターンファイルの更新状況や感染状況の確認、カスタムシグネチャの適用が可能なため、社内外でセキュリティーポリシーを均一化できます。

◆提供開始日:2017 年1月下旬予定

◆参考標準価格:2,980円(税別)(※3)

◆製品ページ:http://www.go-tm.jp/corp
(※3) 上記参考標準価格は1年間のスタンダードサポートサービス料金を含めたウイルスバスター コーポレートエディションPlus 1ライセンス(1000ライセンス購入時)あたりの使用許諾料金です。ライセンス数に応じて割引料金が適用されるボリュームディスカウント制となります。なお、2年目以降も、製品のバージョンアップやパターンファイルのダウンロード等のサポートサービス利用継続をご希望の場合は、1年毎に契約の更新が必要です。契約更新料は、更新発注時に提示されている参考標準価格の50%となります。

図1:成熟した技術とAI技術のブレンドによるセキュリティアプローチ「XGen(エックスジェン)」

図2:ウイルスバスター コーポレートエディション XG 機械学習型検索の画面

※ウイルスバスター、TREND MICRO、Trend Micro Smart Protection NetworkおよびSPNはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。