Skip to content

プレスリリース

トレンドマイクロがインターポールの捜査に協力

~ナイジェリア人のサイバー犯罪組織リーダーを逮捕~

2016年8月10日


※ 本リリースは、2016年8月1日に米国にて発表されたプレスリリースの抄訳です。

トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:エバ・チェン、東証一部:4704 以下、トレンドマイクロ)は、最高経営責任者(CEO)に成りすまし、偽の送金指示などを行うビジネスメール詐欺(business email compromise:BEC)によって、6,000万ドル以上を盗み取ったとされる、国際的犯罪組織のリーダー逮捕に協力したことを発表します。今回の逮捕は、インターポールとナイジェリア経済・金融犯罪委員会(Nigerian Economic and Financial Crime Commission)の共同捜査の結果によるものです。犯人の特定および逮捕にトレンドマイクロの調査が利用されました。

トレンドマイクロのチーフ・テクノロジー・オフィサー(CTO)であるレイモンド・ゲネスは次のように述べています。「トレンドマイクロは、サイバー犯罪者との絶えまない闘いにおける官民連携の強力な提唱者です。技術を悪用して攻撃をしようと企む犯罪組織がいる中、トレンドマイクロは、攻撃者の逮捕および法の執行を全力で支援します。これは、サイバーセキュリティコミュニティとの協働における新たなマイルストーンなのです」。

ナイジェリア人の容疑者は、不正プログラムの作成/攻撃を行ったナイジェリア、マレーシア、南アフリカにわたる40人規模の組織のリーダーと見られています。同容疑者には、盗んだ金銭を保管する不正口座の情報を提供した中国、欧州、米国のマネーロンダリング業者と共謀したとする容疑もかけられています。

インターポールのシンガポール総局(INTERPOL Global Complex for Innovation)の総局長である中谷昇氏は次のように述べています。「今回のような逮捕は、インターネットをより安全な場所にするという共通目標の下に集ったセキュリティコミュニティのメンバーとの連携によって実現可能となりました。ビジネスメール詐欺との闘いは、その複雑性などから特に困難であるため、官民の協力が不可欠なのです」。

トレンドマイクロは、インターポールのシンガポール総局を通じ、国際的なサイバー犯罪と闘うための知見、資源、戦略の観点からインターポールとその加盟国を支援する戦略的パートナーです。

TREND MICROはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。