Skip to content

プレスリリース

企業のインシデント対応訓練を行うボードゲーム形式の教材を無償提供

~セキュリティ事故対応の模擬体験で自社の対応力を向上~

2016年7月19日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン 東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、企業においてセキュリティインシデント発生時に対応を必要とするメンバーを対象にボードゲーム形式でインシデント対応の訓練を行う教材「インシデント対応ボードゲーム」の無償提供を開始します。インシデント対応の模擬体験を通して、自社の抱えるセキュリティ上の課題、インシデント対応における課題を洗い出すことが可能になります。本ボードゲームは以下の当社サイトよりダウンロード可能です。

「インシデント対応ボードゲーム」:http://www.go-tm.jp/learning

標的型サイバー攻撃をはじめ、近年企業が直面するセキュリティ脅威はますます巧妙化し、インシデント対応チームCSIRT(Computer Security Incident Response Team)を設置する企業が増えています。その一方で、インシデント対応のための人的リソースや専門知識の不足等の課題を抱えている企業も少なくありません。インシデント対応プロセスが文書化されかつ定期的に見直しを実施している民間企業は36.9%(※1)にとどまっており、インシデント対応に向けての組織体制の整備、強化は急務の課題となっています。

インシデント対応ボードゲームは、企業においてインシデント対応に関与するメンバーを対象に、1チーム4~6名でプレイします。架空の組織を舞台に、1ラウンド40分(全2ラウンド)のプレイ時間の中、ゲーム内で発生するセキュリティインシデントに対して、プレイヤーはそれぞれの立場・視点で議論しながら、インシデント対応の方針を決定していきます。実際のセキュリティ事故が起きた場合の訓練として活用できるだけでなく、ゲームを通じて、具体化される自社のセキュティ課題等に気づくことができます。企業はインシデント対応をあらかじめ模擬体験し、見えてくる自社の課題を解決しておくことで、有事の際のインシデント対応力を強化することができます。
なお、本ボードゲームは、インシデント対応の経験がない人でも、付属のルールブックを参考にプレイすることができます。

インシデント対応ボードゲームは、ダウンロード可能なデジタルコピーを印刷して企業内で独自に実施していただくことができます。

インシデント対応ボードゲーム実物写真

(※1) 出典:トレンドマイクロ「組織におけるセキュリティ対策実態調査2015年版」 
https://app.trendmicro.co.jp/doc_dl/select.asp?type=1&cid=165

※TREND MICROは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。