Skip to content

プレスリリース

クラウドインテグレーターと共に、クラウドセキュリティ実現を加速
「TREND MICRO Cloud Integratorコンソーシアム」を設立

~クラウド環境のセキュリティ要件に則した技術サポートや事前検証支援を提供~

2014年4月10日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、クラウド環境に必要なセキュリティソリューションの導入を加速させる「TREND MICRO Cloud Integratorコンソーシアム(以下、本コンソーシアム)」を4月23日に設立します。本コンソーシアムは、クラウドインテグレーター(CIer)がユーザ企業に対しクラウド環境におけるセキュリティ製品実装を適切に行うことを目的として、トレンドマイクロから加入パートナーに対し、クラウド環境のセキュリティ要件に則した技術サポートや事前検証支援を提供するものです。本コンソーシアムは、16社のパートナーで構成されます。トレンドマイクロは、本コンソーシアム加入パートナーを通じて、クラウド上のセキュリティ製品・サービスの導入案件を、今後1年間で50件獲得することを目指します。

Amazon Web Services, Inc.が提供する「アマゾン ウェブ サービス(以下、AWS)」や日本マイクロソフト株式会社が提供する「Microsoft Azure」に代表されるクラウドサービスは、システムのスケール伸縮の柔軟性や可用性の利点から、日本国内において市場が急成長しています。ユーザが安全にクラウド環境を活用するためには、クラウド上でのシステム構築・運用から情報保護に必要なセキュリティ対策製品の実装まで、CIerからユーザ企業にシームレスに提供することが求められています。しかしながら、クラウド上で企業ユーザのシステム構築や運用を行うCIerにおいては、ユーザのセキュリティ要件に合った対策製品の選定や導入前の事前検証が負担になっています。

こうした背景を受けトレンドマイクロは、パブリッククラウドと呼ばれる分野において実績のあるCIerと共に、サーバセキュリティ製品やデータ暗号化製品、SSLサーバ証明書などクラウド環境に必要とされるセキュリティソリューションの円滑な導入を促進する「TREND MICRO Cloud Integratorコンソーシアム」を設立します。
本コンソーシアムにおいて、トレンドマイクロでは、プリセールスから導入・運用・サポートに至る技術者向け教育プログラムを加入パートナーに提供し、サーバセキュリティ製品についての高度なハンズオントレーニングなどを提供します。また、製品技術問い合わせ窓口を設置し、加入パートナーのセキュリティ製品の選定や事前検証を支援します。加入パートナーと共同で、クラウドセキュリティの導入を促進するためのプロモーションも積極的に実施します。
さらに、加入パートナーと協力して、クラウドセキュリティに関する新製品の事前検証を随時実施します。加入パートナーは製品開発段階で製品の事前検証をすることで、機能・実装方法をいち早く把握すると共に、トレンドマイクロは加入パートナーからのフィードバックを通じてよりよい製品実装方法を開発します。

トレンドマイクロは、クラウド環境におけるユーザ企業のシステムの安全性・信頼性確保のため、パートナーと共に取り組んでいきます。


本コンソーシアムは、以下の主要パートナー企業で構成されます。

<TREND MICRO Cloud Integratorコンソーシアム:設立時加入パートナー企業一覧(50音順)>
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
株式会社大塚商会
cloudpack(アイレット株式会社)
クラスメソッド株式会社
株式会社サーバーワークス
ソフトバンク・テクノロジー株式会社
TIS株式会社
日本ビジネスシステムズ株式会社(JBS)
株式会社日立システムズ
株式会社日立ソリューションズ
株式会社FIXER
富士ソフト株式会社
株式会社富士通マーケティング
三井情報株式会社
ほか

※ TREND MICROは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。Amazon Web Services、アマゾン ウェブ サービス、AWS、およびAmazon Web Services ロゴは、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。Microsoft、Microsoft Azure は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。