Skip to content

プレスリリース

豊通シスコムとトレンドマイクロ、企業向け総合セキュリティ事業で協業
第一弾として標的型攻撃対策サービスパッケージ「サイバーシールド24」を1月15日より提供開始

~総合セキュリティサービス「ITポリス」を順次拡大~

2014年1月15日


株式会社豊通シスコム(本社:名古屋市中村区、代表取締役社長:谷重樹、以下、豊通シスコム)とトレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 CEO:エバ・チェン、以下、トレンドマイクロ)は、企業向け総合セキュリティ事業で協業することで合意したことをお知らせします。本協業により豊通シスコムは、各種セキュリティ対策やコンサルティング、従業員向けのセキュリティ教育などを提供する、総合セキュリティサービス「ITポリス」を法人のお客様向けに提供開始いたします。その第一弾のサービスパッケージが、標的型攻撃対策「サイバーシールド24」です。トレンドマイクロは、豊通シスコムのサービス展開にあたって、セキュリティ機器の提供、技術支援及びセキュリティ人材育成を行います。
豊通シスコムは、日本を含め、米国や中国、東南アジアなど8つの国と地域でITポリスの展開を予定しています。豊通シスコムはITポリス全体で、今後3年間で10億円の売上を目指します。
「サイバーシールド24」の提供価格は150万円/回(税別)からで、今年度中に、すでに従業員数1万人を超える東証一部上場企業2社を含む数社への提供が決まっています。

昨今の企業のIT環境は、モバイル端末やクラウド・仮想化環境など、新しいITインフラの導入に伴って、巧妙化する脅威から保護すべきポイントが多様化しています。特に標的ごとにカスタマイズされた標的型攻撃に対抗する「カスタムディフェンス」を実現するには、お客さま個別のシステム環境を熟知している現場エンジニアのノウハウと、巧妙化する脅威を常に分析しているセキュリティの専門家の存在が不可欠です。このような標的型攻撃への対策を専門とするサービスパッケージ「サイバーシールド24」を「ITポリス」サービスの第一弾として本日1月15日より提供開始いたします。

「サイバーシールド24」は、トレンドマイクロから提供するネットワーク可視化製品「Deep Discovery Inspector」を用いて、豊通シスコムの専任エンジニアが、自社で運営する監視センターにてお客さま環境のネットワーク状況の監視を行います。さらに、お客さまの環境から脅威が発見された際の緊急連絡対応、対処方法のアドバイス、月次レポートなど、お客さまの要望に応じたメニューをトータルで提供いたします。

トレンドマイクロはセキュリティ機器の提供のほか、豊通シスコムの専任エンジニア育成のトレーニングを行うとともに、豊通シスコムの監視サービスのバックアップや脅威の駆除・復旧サービスのための後方支援を行います。

豊通シスコムとトレンドマイクロは、今後、メール・Webゲートウェイ対策製品と連携し、標的型攻撃に対抗する入口・出口対策パッケージを提供するなど、順次「ITポリス」のサービスを拡充する予定です。豊通シスコムとトレンドマイクロは、今後もお客さまの情報資産を脅威から守るべく、協業関係を深めてまいります。

 

企業向け総合セキュリティサービス「ITポリス」概要


ITポリスは、豊通シスコムが提供する企業向け総合セキュリティサービスです。標的型攻撃対策のためのネットワーク監視サービスのほか、脅威の駆除・分析・復旧など、セキュリティ関連の煩わしい業務を、豊通シスコムの専門家集団が一括して対応します。今後、メール・Webゲートウェイ対策サービスや従業員へのセキュリティ教育、コンサルティングサービスなど、サービスパッケージを拡大する予定です。

■ITポリス サービスパッケージ『サイバーシールド24』メニュー:
<ザ・張り込み>
専任エンジニアがネットワーク上に不審な振る舞いがないかを常時監視します。
月次レポートや報告会のほか、脅威が検知された際の対策のアドバイスを提供します。また、オプションでの複数拠点の監視やグローバル対応、24時間365日お客さまの問い合わせに対応します。

<ザ・取り調べ>
お客さまのネットワーク環境の現状調査を行います。
お客さまへの事前ヒアリングのほか、ネットワーク監視装置を短期間設置し、標的型サイバー攻撃のリスクを可視化します。

<ザ・逮捕>
脅威の駆除・復旧支援を行います。
お客さまの環境で検知された不正プログラムを駆除するほか、検体の調査を行います。

サービスの詳細や各サービスメニューの価格については、下記のページをご覧ください。
http://www.tsys-powersolutions.com/itpolice/
 

■提供開始日:2014年1月15日

<豊通シスコムについて>
株式会社豊通シスコムは豊田通商の情報・通信分野を担う事業会社として1994年3月に設立いたしました。 設立以来、豊田通商グループの一員として、豊田通商などトヨタグループ各社がグローバルに展開する多彩な事業を背景に、新たな事業展開を進めてきました。
社名  : 株式会社豊通シスコム
所在地 : 〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-5-28 近鉄新名古屋ビル
代表者 : 代表取締役社長 谷重樹
資本金 : 4億5千万円
会社HP: http://www.tsyscom.co.jp/
製品紹介サイト: http://www.tsys-powersolutions.com/itpolice/


<トレンドマイクロについて>
 トレンドマイクロは、25年以上法人・個人のお客さま向けに情報セキュリティ事業に従事するセキュリティ専業の企業です。お客さまのデジタル資産とビジネス環境を日々進化する脅威から守るため、専門家組織による脅威の収集・解析、対策技術やセキュリティ製品の開発・提供をグローバル規模で行っています。
http://www.trendmicro.co.jp/

<Deep Discovery Inspectorについて>
Deep Discovery Inspectorは、通信するパケットやメールに添付されたファイルなどを監視・解析し、ネットワーク上の脅威を検知するネットワーク可視化製品です。不正な振る舞いや、適切に対策されていない端末の不正プログラム感染など組織内に潜在する脅威を可視化します。システム管理者は、管理画面でリアルタイムに攻撃元のサーバ情報や被害を受けた端末を把握すると共に、定期的に自動生成されるレポートで必要な対策を確認できます。詳細は、下記をご確認ください。
http://www.trendmicro.co.jp/jp/business/products/dd/

※ TRENDMICRO、およびDeep Discovery Inspectorは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。
※ 各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。