Skip to content

プレスリリース

-Windows XPのセキュリティに関する企業ユーザ意識調査-
Windows XP利用企業のIT管理者、約半数がサポート終了後も業務利用意向あり

~サポート終了を見据えた脆弱性対策製品の導入・検討は、XP利用企業のIT管理者の半数以下~

2014年1月14日


 トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 CEO:エバ・チェン、東証一部:4704、以下、トレンドマイクロ)は、2013年12月に、勤務先のWindows XPのセキュリティに関するWebアンケート調査(対象者:企業のIT管理者515名)を実施しました。

本調査において、半数以上(53.8%)のIT管理者が、勤務先の業務用PCでWindows XPを使用していると回答しました(グラフ1)。そのうち約半数(47.7%)の回答者が、マイクロソフトの延長サポートが終了する2014年4月以降も業務用端末として利用すると回答しました(グラフ2)。さらに、2014年4月以降もWindows XPを利用する回答者のうち約2割は、そもそも移行する予定がないことが分かりました(グラフ2)。
Windows XPを使い続けている理由として、「時間の関係で移行しきれない(43.0%)」、「Windows XPでないと動かない業務アプリケーションがある(42.6%)」、「移行のためのコストがかかる(37.5%)」が主な理由として挙げられました(グラフ3)。新OSへ移行したくても、すぐには難しい企業ユーザが多いことが伺えます。一方で「現状でも業務に支障がない」とした回答者も2割以上にのぼり(グラフ3)、新OSへの移行は業務上必要ないと判断しているIT管理者も一定数いることが分かりました。

マイクロソフトのWindows XPの延長サポート終了を見据えたセキュリティ対策について聞いたところ、ウイルス対策ソフトについては「導入済み」が63.9%、「検討中」が12.6%となり、検討中を含めると7割以上が対策していることがわかりました(グラフ4)。一方、脆弱性対策製品の導入は、「導入済み」が27.8%、「検討中」が21.7%となり、検討中の回答者を含めても半数に満たない結果となりました(グラフ4)。サポート切れOSに対し、脆弱性対策の観点からの対策は浸透していないことが浮き彫りとなりました。

サポートが終了したOSは、修正プログラムの配布が行われず、脆弱性を利用した攻撃のリスクが残り続けるため、速やかにOSのアップデートを行うことを推奨します。すぐに新しいOSへの移行が難しく、やむを得ず使用し続ける場合は、セキュリティ対策が十分かどうか再点検することが必要です。さらに、OSのサポート終了とともに、ウイルス対策ソフトのサポートが終了となる可能性もあるため、使用しているソフトのサポート終了期間について確認することをお勧めします。また、OSやアプリケーションの脆弱性を狙った攻撃を防ぐ脆弱性対策製品を導入して、対策を行うことも有効です。
インターネットに接続しない場合や特定の業務アプリケーションのみ動作すればよい場合などは、特定の用途にのみシステムを利用できるようにするロックダウン型の対策製品やインターネットに接続していない端末で不正プログラム検索が可能なツール導入を行うことも有効です。

■トレンドマイクロのWindows XP向けエンドポイント製品のサポート対応について:
トレンドマイクロは、2014年4月のマイクロソフトのWindows XP延長サポート終了後も、Windows XPに対応した当社のエンドポイント・セキュリティ製品のサポートを一定期間継続しています。企業向け製品は2017年1月30日、個人向け製品は2015 年12月31日まで、検索エンジン・パターンファイルの提供、および当社製品・不正プログラムに関するお問い合わせについて、サポートセンターで対応いたします(※)。詳細は下記をご確認ください。
http://www.trendmicro.co.jp/jp/about-us/press-releases/articles/20130823023720.html

※ 対象製品は上記のURLをご確認ください。また、最新のサービスパックやパッチが適用された当社製品が対象となります。
Windows XPそのものに起因する不具合に関しては、当社ではサポート対応出来ない場合があります。

■調査の概要

  • 調査名:Windows XPのセキュリティに関する企業ユーザ調査
  • 実施時期:2013年12月12日~12月13日
  • 回答者数:企業のIT管理者515名
  • 手法:インターネット調査

 

■主な調査結果※ グラフ内の各数値は、小数点第2位で四捨五入しています。

●グラフ1:あなたの勤務先の業務用のPCで現在使用している、全てのOS(基本ソフト)の種類をお選びください。(複数回答。対象者:IT管理者、n=515)

●グラフ2:現在、業務で利用しているWindows XPを新しいOSに移行する予定はありますか?完全に移行完了する予定時期についてお答えください。
(単一回答。対象者:Windows XPを業務用PCで利用しているIT管理者、n=277)

●グラフ3:あなたの勤務先の業務用のPCで、現在もWindows XPを利用している理由をお選びください。
(複数回答。対象者:Windows XPを業務用PCで利用しているIT管理者、n=277)

●グラフ4:2014年4月のWindows XPのサポート終了を見据え、あなたの勤務先で、業務用にWindows XPを利用しているPCのセキュリティ対策についてお選びください。
(各項目について単一回答。対象者:Windows XPを業務用PCで利用しているIT管理者、n=277)

graph-xp4-20140114
 


※ TRENDMICROは、トレンドマイクロ株式会社の登録商標です。Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。