Skip to content

プレスリリース

-スマートフォンの利用実態調査-

2012年12月25日


トレンドマイクロ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼 CEO :エバ・チェン、東証一部: 4704  以下、トレンドマイクロ)は、 2012 年にスマートフォン以外の携帯電話から AndroidTM OS のスマートフォンに機種変更したユーザ (18 歳から 59 歳までの男女 ) 316 名を対象に、 Web アンケート調査を 2012 年 12 月 13 日から 12 月 14 日まで実施しました。

本調査において、今年スマートフォンに変更したユーザは今までの携帯電話に比べ、より多機能なスマートフォンの特長を活用し、満足している一方で、大切なデータのバックアップや紛失盗難対策、不正アプリ対策などが充分ではない実態が明らかになりました。

【調査結果の概要】

1.スマートフォンに乗り換えた感想

  • スマートフォンに変更してよかった (87.0%)
  • スマートフォンは財布と同じくらい重要 (52.9%)

2.スマートフォンの利用状況

  • スマートフォン購入後の変化
    -
    写真を撮る機会が増えた( 29.1%
    -インターネットで Web を見る時間が増えた( 28.8%
  • スマートフォンに保存しているデータ量 :
    -画像/写真などが 100 枚以下 (67.1%)
    -5 割が電話帳に 51 200 件を登録 (51~100 :24.7% 101200 :29.4%)

3.スマートフォンのセキュリティ対策

  • アプリのインストール時の注意点:
    アクセス権限よく読む( 26.9 %)、セキュリティソフトで安全性をチェックする (44.6%)
  • 実施しているプライバシーやセキュリティ対策
    データのバックアップ (11.1%) 、紛失盗難時のサービスの利用 (6.6%)

1.スマートフォンに乗り換えた感想

スマートフォンに変更してよかった (87.0%) という声が圧倒的に多く、約 6 割が時間を有効に使えていると感じ、もう普通の携帯電話には戻れない (56.6%) と考えています ( グラフ 1) 。またスマートフォンの満足度について、インターネットや動画ニュース視聴の便利さ (69.3%) ならびに、画質のよい写真撮影 (63.9%) 、豊富なアプリ (67.4%) に対しての満足度も高く(グラフ 2 )、さらにはスマートフォンを家に置き忘れるのは財布を置き忘れるのと同じくらい重要 (52.9%) と捉え(グラフ 3 )、スマートフォンは購入後 1 年以内のユーザであっても、生活に密着しており、なくてはならない存在となっています。

2.スマートフォンの利用状況

スマートフォンへの機種変更によって、写真を撮る機会が増えた (29.1%) 、インターネットで Web を見る時間が増えた (28.8%) 、パソコンを使う時間が減った (26.6%) などユーザの行動に影響を及ぼしています(表 1 )。また画像や写真などを 100 枚以下 (67.1%) 、約 5 割が電話帳の登録数が 51 ~ 200 件のデータをスマートフォンに保存して利用しています ( グラフ 4) 。スマートフォンを幅広い用途に活用し、以前に比べあまり充電が持たなくなった (68.0%) と感じているバッテリーに関しては、いつでもどこでも利用できるように予備のバッテリーや充電器を持ち歩く (25.3%) などの工夫がみられます。

3.スマートフォンのセキュリティ対策

スマートフォンが生活に不可欠になる一方で、その重要なデータやセキュリティ対策は必ずしも十分でない実態が明らかになりました。アプリのイ ンストール時の注意点として、多くのユーザがアプリの説明を読む (70.3%) 、レビューを見る (70.3%) などを行っていますが、アプリに許可するアクセス権限をよく読む (26.9%) や、セキュリティソフトで安全性 (44.6%) をチェックするなどの対策はあまり行われていません(グラフ 5 )。主なプライバシーやセキュリティ対策としては、不正な働きをしそうなアプリをインストールしない (54.4%) や、知らない人からのメールを開かない (20.3%) など利用時の判断が多く、データのバックアップ (11.1%) 、紛失盗難時のサービスの利用 (6.6%) などは低い状況です ( グラフ 6) 。

2013 年以降もスマートフォンの普及は広がり、ユーザの生活で欠かせない道具となると共に、データやプライバシーを守るためのセキュリティ対策の重要性もますま す高まると予想されます。スマートフォンのユーザにおいては、スマートフォンに対するセキュリティ対策を、改めて見直してみることをお勧めします。

●参考情報:Android端末向けセキュリティアプリ「ウイルスバスター モバイル for Android 」について

スマートフォン・タブレット端末向けにアプリのプライバシーリスクを一目で確認できる「プライバシースキャン」をはじめとする不正アプリ・ Web ・紛失盗難対策などの機能をもつ総合的なセキュリティ製品です。http://safe.trendmicro.jp/products/vbma.aspx

■調査の概要

○調査名: 2012 年に携帯電話から機種変更したユーザのスマートフォン利用に関する調査

○実施時期: 2012 年 12 月 13 日~ 12 月 14 日

○回答者数: 2012 年 1 月以降にスマートフォン以外の携帯電話から Android OS のスマートフォンに機種変更したユーザ 316 名 (18 歳~ 59 歳の男女 )

○手法: インターネット調査

■主な調査結果

●グラフ 1 :スマートフォンに変更しての印象

(設問)スマートフォンに変更された後の、以下の考え方・感想や行動は、あなたにどの程度あてはまりますか。それぞれひとつずつお選びください。 (n=316)

●グラフ 2 :スマートフォンの満足点

(設問)あなたが、今までの携帯電話からスマートフォンに変更前に期待していたことについて、

実際はどうだったのかお聞かせください。※期待していなかったことについても、満足度をお答えください。( n=316 )

●グラフ 3 :スマートフォンの重要性

(設問)自宅にスマートフォンを置き忘れて外出してしまうことは、あなたにとってどの程度重要ですか。他のものを忘れて外出してしまうことと、どのくらい重要度が近いかを、それぞれひとつずつお答えください。( n=316 )

●表 1 :スマートフォン購入後の変化

(設問)スマートフォンに変更して、今までと変わったことについて当てはまるものがあれば、以下から全てお選びください。( n=316 )

項目 割合
写真を撮る機会が増えた 29.1%
インターネットでWebを見る時間が増えた 28.8%
パソコンを使う時間が減った 26.6%
予備のバッテリーや充電器を持ち歩くようになった 25.3%
ニュースをよく見るようになった 20.6%
地図を印刷しなくなった 19.0%
SNSを始めるようになった 14.6%
手帳やメモ帳を携帯しなくなった 11.7%
テレビを見る時間が減った 10.4%
提供されているアプリの数が多く、自分に合ったアプリが分かりにくいと感じるようになった 10.4%
音楽をよく聞くようになった 9.2%
リアルタイムで参加しやすくなって、よりSNSが楽しくなった 8.5%
友人や家族とより密にコミュニケーションをとるようになり、より近く感じるようになった 7.3%
仕事のメールを見る時間や回数が増えた 6.6%
かえってパソコンを使う時間が増えた 5.7%
音楽プレイヤー(MP3やiPodなど)を持たなくなった 3.8%
外出するときに持ち物が減った 3.2%
仕事をする時間が減った 1.6%
その他 1.6%
あてはまるものはない 18.0%

●グラフ 4 :スマートフォンのデータ量について

(設問)あなたがスマートフォンに保存されている以下のデータの件数を教えてください。 (n=316)

●グラフ 5 :アプリのインストール時に注意している点

(設問)スマートフォンのアプリをインストールする際、あなたが行っていることについてそれぞれひとつずつお答えください。( n=316 )

●グラフ 6 :プライバシー・セキュリティ対策について

(設問)あなたが、スマートフォンに機種変更してから行っている対策として、あてはまるものを全てお選びください。 (n=316)


※ TRENDMICRO 、およびウイルスバスターはトレンドマイクロ株式会社の登録商標です。 Android は Google Inc. の商標です。各社の社名、製品名およびサービス名は、各社の商標または登録商標です。